三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

三井住友VISAプライムゴールドカード

若者のために生まれた、低年会費の三井住友VISAのゴールドカード
カード不正使用検知システムにより、カードの不正使用をほぼ確実に防止できる
最大5,000万円の旅行保険 (国内と海外)、最大300万円のショッピング保険あり
海外旅行保険の家族特約や空港ラウンジの無料サービスあり

 

【⇒ 三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトへ】

 

カードの概要

三井住友カード株式会社が発行する、セキュリティーの高さが自慢の若者向けゴールドカードです。

 

三井住友VISAゴールドカード (1万円+税) と同等のサービス (高額の旅行保険・ショッピング保険/ 空港ラウンジサービス/ ボーナスポイント2倍など) を半額の年会費 (5千円+税) で受けれるのが最大の特徴です!

 

さらに簡単な条件をクリアすると年会費は最大3,500円+税が割引かれるので、実質的には1,500円+税の負担でゴールドカードの所有が可能となります。

 

 

また、満30歳になった後の最初のカード更新時にゴールドカードに任意昇格できたり、ボーナスポイントが他の三井住友VISAカードの2倍貯まる特典も受けられます。

 

格安年会費でゴールドカードを持ちたい、または将来的に三井住友VISAのゴールドカードを所有したい20代の人にピッタリなカードです!

 

不正使用へのセキュリティー対策

「カード不正使用検知システム」「ICカード」という2本柱が磐石のセキュリティー効果を発揮し、カードの不正利用の発生を未然に防ぎます。

 

 

■カード不正使用検知システム

 

24時間365日体制でカードをモニタリング (不審カード利用チェック) するシステムのことです。

 

過去の不正使用のパターン (例えば限度額いっぱいまでカードを使う) に類似したカードの使われ方が起きた場合、カード決済を一時的・自動的に保留する形で不正利用を未然に防ぎます!

 

そして万一保留となった場合は、店先から三井住友VISAへ電話がいき、電話口で本人確認が完了することでカード決済が可能 (保留の解除) となります。

 

 

■ICカード

 

カード情報の高度・複雑な暗号化により、スキミング犯罪 (情報のコピー) を防ぐシステムのことです。(右図)

 

他社カードだと単純な暗号でカード情報を保管しているケースがありますが、これだとスキミングで簡単に暗証番号やその他個人情報が他人にバレてしまいます。

 

しかしICカードだと、たとえ暗号がコピーされても暗号自体を解読するのがほぼ不可能なので、万一スキミングされても個人データを抜き出しや偽造カードの被害を受けることはありません。

 

本会員カードの年会費

本会員カードの年会費は初年度が無料、翌年度以降は5,000円+税です。

 

(VISAとMasterCardの両方を持つ場合は初年度が無料、翌年以降は6,000円+税です)

 

ただし、以下のいずれかの条件を満たせば、年会費の一部が割引かれます。

 

条件 割引
1. WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求 1,000円+税の割引
2. マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上の利用 半額 (2,500円+税の割引)
3. 年間100万円以上、300万円未満の利用 20%オフ (1,000円+税の割引)
4. 年間300万円以上の利用 半額 (2,500円+税の割引)

 

しかも割引は重複可能な組み合わせ (1と2、1と3、1と4) もあるので、割引合算後の年会費もまとめておきます。

 

組み合わせ 割引額 年会費の実費
1と2 3,500円+税 1,500円+税
1と3 2,000円+税 3,000円+税
1と4 3,500円+税 1,500円+税

 

また、2と3や2と4の組み合わせだと割引の重複は不可で、高い方の割引 (半額) が適用されるので、年会費の実費はどちらも2,500円+税となります。

 

つまり年会費の最安値は1,500円+税で、WEB明細書サービス+マイ・ペイすリボをクリアする (1と2) のが最も簡単です!

 

 

一方、家族会員カードの年会費は以下のようになります。

 

家族 年会費 VISA、Master両所有の年会費
初年度 1人目 無料 無料
2人目以降 1,000円+税 2,000円+税
翌年以降 1人目 無料 無料
2人目以降 1,000円+税 2,000円+税

 

最後はETCカードの年会費についてです。

 

本会員、家族会員ともに初年度は無料、翌年以降は500円+税です。

 

ただし、年1回以上のETCカードの利用で翌年は無料です。

 

マイ・ペイすリボについて

マイ・ペイすリボとは三井住友VISAが採用してるリボ払いのことです。

 

支払額は自分で決められますし (ただし最低5千円以上)、マイ・ペイすリボ利用により以下のサービスも受けられるようになります。

  • カード年会費が無料
  • 国内の買い物でもショッピング保険が適用

 

一方、マイ・ペイすリボは"リボ払い"であるため、支払い後残額に対しリボ手数料が徴収されますが、初回の支払日に全額を支払えば、手数料は一切発生しない仕組みとなっています。

 

つまり毎月のリボ利用額を任意の支払額以内に収めれば、手数料ゼロの1回払いとまったく同じ扱いとなります!

 

手数料さえ回避できれば、あとは上記サービスの恩恵だけを受けるメリットだけが残ります。

 

なので手数料回避のために支払額を上限一杯に設定しつつ、マイ・ペイすリボをぜひ積極活用してほしいです。

 

さらに詳しくは、三井住友系カードでよく聞くマイ・ペイすリボとは?を参照してください。

 

国際ブランド

VISAとMasterCardの2択です。

 

VISAカードだと裏面に自分の写真が入るので、カードの紛失・盗難時の不正使用の防止に役立ちます。

 

MasterCardだと写真は入らないので、特に理由がなければVISAカードの方を選びましょう。

 

基本ポイントプログラム

1,000円ごとにワールドプレゼントのポイントが1ポイント貯まり、主に以下のものと交換を行なえます。

 

交換レート 交換単位 還元率
1P ⇒ 楽天スーパーポイント 5P 200P以上、100P単位 0.50%
1P ⇒ Tポイント 4.5P 200P以上、100P単位 0.45%
1P ⇒ Pontaポイント 4.5P 200P以上、100P単位 0.45%
1P ⇒ nanaco 3P 200P以上、100P単位 0.30%
1P ⇒ Suica 3P 200P以上、100P単位 0.30%
1P ⇒ iDバリュー5円の割引 200P以上、100P単位 0.50%
1P ⇒ カード請求額3円の割引 200P以上、1P単位 0.30%

(VJAギフトカード)

 

1,100P ⇒ 5,000円分
2,100P ⇒ 10,000円分
3,100P ⇒ 15,000円分
4,100P ⇒ 20,000円分



0.45%
0.48%
0.48%
0.49%

 

還元率的には、楽天スーパーポイントやiDバリューの割引、VJAギフトカードと交換するのが望ましいです!

 

ポイント有効期限は2年です。

 

ステージボーナス

前年度 (前年2月〜今年1月) のカード利用額と、今年度 (今年2月〜来年1月) のカード利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

 

ゴールドカードなので、ポイント付与率は一般カードの2倍となってます!

 

ステージ 条件 ボーナスポイント
V1 前年度50万円以上100万円未満 今年度50万円到達で100ポイント、
以降10万円ごとに20ポイント
V2 前年度100万円以上300万円未満 今年度50万円到達で150ポイント、
以降10万円ごとに30ポイント
V3 前年度300万円以上 今年度50万円到達で300ポイント、
以降10万円ごとに60ポイント

 

ボーナスポイントを加味すると、交換アイテムの還元率は最大60%アップします。

 

楽天スーパーポイント、iDバリューで還元率0.80%、VJAギフトカードで0.72%〜0.78%となります。

 

空港ラウンジサービス

カードと当日搭乗券または航空券を提示することで、全国28空港のラウンジを無料で使えるようになります。

 

北海道
東北
関東
中部
関西
中国
四国
九州
沖縄
新千歳
函館
青森
秋田
仙台
新潟
富山
成田国際
羽田
中部国際
小松
伊丹
関西国際
神戸
岡山
広島
米子
山口宇部
徳島
高松
松山
福岡
北九州
長崎
大分
熊本
鹿児島
那覇

 

ゴールドカードへのランクアップ

プライムゴールドカードを継続利用すると、30歳になった後のカード更新時に、三井住友VISAゴールドカードに無条件にランクアップできます。

 

それとランクアップ時に、"プレミアムグルメクーポン"と"継続サンクスポイント"がプレゼントされます。

 

プレミアムグルメクーポンを使うと、全国主要都市の一流レストラン(約30軒)を2名以上で利用した場合に、1名分の料金が無料となります。

 

また継続サンクスポイントとは、500ポイントのワールドプレゼントのことです。

 

ゴールドカードに直接申込むと、厳しい審査を通過する必要が出てきますが、プライムゴールドカード所有者だと自分の意思だけで昇格できてしまうのです!

 

 

一方、ゴールドカードを希望しない人もいると思います。

 

プライムゴールドカードは29歳までしか持てないので、もしランクアップを希望しないなら、30歳の最初の更新時に、

  • 更新しない
  • 三井住友VISA一般カードに切替え
  • 他社カードに切替え

のどれかを選択することになると思います。

 

もし一般カードに切替えるなら、クラシックカードAがスペック的にお得ですし、他社カードに変えるなら、管理人厳選の10枚のカードをぜひ参考にしてほしいです。

 

付帯サービス

  • 国内旅行保険 (最高5,000万円の傷害死亡・後遺障害など)
  • 海外旅行保険 (最高5,000万円の傷害死亡・後遺障害など)
  • 海外旅行保険家族特約 (最高1,000万円の傷害死亡・後遺障害など)
  • ショッピング保険 (年間300万円/日、90日間有効)
  • ドクターコール24 (24時間・年中無休で医師に無料で電話相談できる国内限定サービス)
  • ゴールドデスク (カード関連の相談ができるゴールドカード会員専用のサポート)

が用意されてます。

 

旅行保険の傷害死亡・後遺障害は自動付帯 (1,000万円) と利用付帯 (4,000万円) の合算 (5,000万円) となります。

 

一方、海外旅行保険の家族特約 (家族カードを持っていない家族の人も保険の対象となる) は自動付帯となります。

 

 

ショッピング保険はカードで購入した商品の破損・盗難による損害が補償対象です。

 

またドクターコール24は休日や夜間など最寄の病院が閉まってるときでも医師の指示を受けられるとあって大人気です!

 

実質年会費1,500円 (WEB明細書サービス+年1回以上のマイ・ペイすリボ利用) で上記の付帯サービスは超豪勢です!

 

その他特記事項

■海外旅行時に身分証明書として役立つ写真入りカード

 

海外でカード払いする際、身分証明書の提示を求められることがありますが、VISAブランドだとカードに写真が入っているので、身分証明書の代わりにも使えます!

 

いちいちカバンやポケットからパスポート等を取り出す手間が省けるので、写真入りカードは本当に便利です。

 

■VpassID安心サービス

 

カードのログインIDやパスワードが漏洩し、第三者に不正利用された場合にその損害が補償されます。

 

■紐付けできる電子マネー

 

以下の電子マネーをクレジットカードに紐付けできます。

  • iD (専用カード、クレジット一体型、ドコモおサイフケータイ型の3種類があり、年会費・発行手数料は無料)
  • TiTaPa (専用カードのみで年会費・発行手数料は無料ですが、年に一度も利用がない場合は1,000円+税の維持管理料が必要)
  • WAON (専用カードのみで年会費は無料、発行手数料は300円+税で、イオンだと毎月20日・30日は5%OFF、毎月5日・15日・25日はWAONポイントが2倍)

 

総合評価

20代の人しか所有できないコストパフォーマンスの高いゴールドカードです。

 

実質年会費1,500円+税という脅威の安さで、

 

  1. 空港ラウンジサービス (全国28空港)
  2. 旅行保険 (国内・海外ともには最高5,000万円)
  3. 海外旅行保険家族特約 (最高1,000万円)、ショッピング保険 (最高300万円)

 

などの充実したサービスを受けれます!

 

逆に不満点としては、ボーナスポイントを含めても還元率は0.7%〜0.8%程度と決して高くないことです。

 

しかしプライムゴールドカードは付帯サービスの質に重点が置かれてるので、還元率の低さはあまり気にする必要はありません!

 

数年後に三井住友VISAのゴールドカードを持ちたいか、低年会費で豪華サービスを望む人におすすめです。

 

【⇒ 三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社三井住友カード株式会社
初年度年会費無料
翌年以降年会費 5,000円+税 (VISA Master両方の場合は、6,000円+税)

 

(年会費の減額措置あり)

 

WEB明細書サービス登録後、年間6回以上の請求 : 1,000円+税の割引
マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上の利用 : 半額
年間100万円以上、300万円未満の利用 : 1,000円+税の割引
年間300万円以上の利用 : 半額

提携ブランドVISA/ Master
利用限度額50万円 〜 200万円
チャージ時にポイント付与-
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費500円+税 (年1回以上のETCカードの利用で無料)
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日15日締め/ 翌月10日払い、または月末締め/ 翌月26日払い ※選択制
申込資格満20歳以上30歳未満で、本人に安定継続収入のある人
リボ手数料実質年率15.0%
キャッシング金利実質年率15.0〜18.0%
家族
カード
初年度年会費 1人目: 無料
2人目以降: 1,000円+税 (VISA Master両方の場合は、2,000円+税)
翌年以降年会費 1人目: 無料
2人目以降: 1,000円+税 (VISA Master両方の場合は、2,000円+税)
申込資格 本会員と生計を共にする配偶者、満18歳以上の子ども (高校生を除く)、両親

 

(ただし、本会員が学生の場合は配偶者のみ)

家族
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費500円+税 (年1回以上のETCカードの利用で無料)
発行手数料無料

 

ポイントプログラム

プログラム名ワールドプレゼント
ポイント付与レート1,000円毎に1ポイント
ポイントの使い道 楽天スーパーポイント
Tポイント
Pontaポイント
nanaco
Suica
iDバリューの割引
カード請求額の割引
VJAギフトカード
ポイント有効期限2年
標準還元率 0.50%〜0.80% (iDバリュー交換時)、
0.45%〜0.78% (VJAギフトカード交換時)
入会特典-
ボーナス特典

『ステージボーナス』

 

ステージV1・・今年度50万円で100P、以降10万円ごとに20P
ステージV2・・今年度50万円で150P、以降10万円ごとに30P
ステージV3・・今年度50万円で300P、以降10万円ごとに60P

『ゴールドカードへの昇格』

 

満30歳になった後の最初のカード更新日に、ゴールドカードに任意、無審査で昇格

 

昇格時に、以下の特典を贈呈

 

プレミアムグルメクーポン (レストラン料金が1名分無料)
継続サンクスポイント (500ポイント)

マイル交換 100ポイント⇒ 300 ANAマイル
その他サービス

『電子マネーカードの紐付け』

 

iD (専用カード、クレジット一体型、おサイフケータイ型)
TiTaPa (専用カード)
WAON (専用カード)

『セキュリティー対策』

 

カード不正使用検知システム (24時間365日体制)
ICカード (カード情報の高度な暗号化)

『ポイントUPモール』

 

三井住友カード運営のポイントUPモールの利用で、ポイントが2〜20倍付与
楽天/ Yahoo!ショッピング/ Amazon/ ベルメゾンなど多数が加盟

 

付帯サービス

国内旅行保険付帯条件自動付帯 (死亡・後遺障害のみ、自動付帯+利用付帯)
死亡・後遺障害最高1,000万円 (自動付帯)+最高4,000万円 (利用付帯)
入院費用日額5,000円
手術費用最高20万円
通院費用日額2,000円
国内旅行保険家族特約-
海外旅行保険付帯条件自動付帯 (死亡・後遺障害のみ、自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円 (自動付帯)+最高4,000万円 (利用付帯)
傷害治療最高300万円
疾病治療最高300万円
賠償責任最高5,000万円
救援者費用最高500万円
携行品損害最高50万円 (免責3千円)
海外旅行保険家族特約付帯条件 自動付帯

 

(対象)
本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療最高200万円
疾病治療最高200万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高200万円
携行品損害最高50万円 (免責3千円)
ショッピング保険年間補償額最高300万円
自己負担額3,000円
補償期間90日間
ネットセーフティ

『VpassID安心サービス』

 

VpassID、パスワードが第三者に不正利用された場合、その損害を補償

ロードサービス (年会費2,100円+税のオプション付帯)

 

24時間・年中無休の緊急サポート
アフターフォローサービス

その他

『紛失・盗難保険』

 

紛失・盗難の届出日から60日前までさかのぼり、それ以降の不正使用分を補償

『空港ラウンジサービス』

 

全国28空港のラウンジの無料利用サービス

『ドクターコール24』

 

24時間・年中無休で医師に無料で電話相談できるサービス

『ゴールドデスク』

 

カードやサービスに関する相談ができる、ゴールドカード会員専用のデスク


【期間限定キャンペーン実施中】


”今なら合計最大10,000円のキャッシュバックを受けられるチャンスです!”この機会を逃すとけっこうショックですよ、、


(以下で出てくる期間は、各キャンペーンを受けられるカード申込期間を指します)


1 入会後3ヵ月以内に合計7万円以上のカード利用で、2,000円バック (2018年3月30日まで)


2 バーチャルカード (ネット決済専用カード) の「同時入会+入会後3ヵ月以内に合計7万円以上の利用」で、1,000円バック (2018年3月30日まで)


3 家族カードの「同時入会+入会後3ヵ月以内に合計7万円以上の利用」で、2,000円バック (2018年3月30日まで)


4 マイ・ペイすリボの「設定+入会後3ヵ月以内に合計7万円以上の利用」で、1,000円バック (2018年3月30日まで)


5 三井住友カードのiD入会、またはApple Pay新規設定&「iD」の少なくともどちらか一方を行い、かつ三井住友カードiDまたはApple Payのどちらかを、入会後3ヵ月以内に合計3万円以上利用で1,000円バック (2017年12月28日まで)


6 入会後3ヵ月以内に「ココイコ!」サイトにエントリーし、対象店舗で合計5,000円以上のカード利用で500円バック (2017年12月28日まで)


7 入会後3ヵ月以内に「ポイントUPモール」で、合計5,000円以上のカード利用で500円バック (2017年12月28日まで)


8 入会後3ヵ月以内に「Amazon」で合計5,000円以上のカード利用で500円バック (2017年12月28日まで)


9 入会後3ヵ月以内に「公共料金(電気・ガス・NHK)・携帯電話のクレジットカード払い登録&ご利用」し、対象事業者にて合計5,000円以上のカード利用で1,000円バック (2017年12月28日まで)


10 入会後3ヵ月以内に「PayPalアカウント」に当カードを登録し、そこで合計5,000円以上のカード利用で500円バック (2017年12月28日まで)

 

【⇒ 三井住友VISAプライムゴールドカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑