ビューカードはJR東日本関連 (Suicaチャージ・定期券購入など) の特典が満載

SuicaやJR東日本の利用者は必見のビューカード

東京やその周辺を歩いてると、何かと電子マネーSuicaが宣伝されてるのを見かけます。

 

Suicaは東京を中心に全国の大半の交通機関 (電車・バスなど) の乗車賃や店舗の支払いに使えるので、東京やその近郊に住んでる人でSuicaカードを持ってる人は相当多いと思います。

 

 

しかしJR東日本が発行するクレジットカード「ビューカード」だと、ビューカード内にSuicaの機能を内蔵できたり、Suicaチャージ (入金) でポイントが1.5%も貯まるなどの特典が付帯します!

 

なので、どうせSuicaカードを使うならビューカードに内蔵する形で活用する方が明らかにお得となります。

 

(JR東日本やSuicaのメイン利用者である東京やその近郊の在住者で、かつビューカードを持ってない人は、はっきり言ってメチャクチャ損しています!)

 

そこでこのページでは、

 

「JR東日本やSuica利用でビューカードが実際どれほど役立つのか?」

 

について超分かりやすく解説しています。

 

そもそもビューカードとは?

ビューカードは株式会社ビューカードが発行するクレジットカードの総称のことで、例えば以下のカードがビューカードに該当します。

 

 

上記6枚のカードは、SuicaやJR東日本などで威力を発揮する10個の共通特典が付帯しつつ、各カード独自の特典も付いています。

 

(「ビュー・スイカ」カードとルミネカードにはカードに定期券を内蔵できるので、11個の共通特典)

 

 

なのでビューカード選びを行う際は、一通り共通特典を把握しつつ、自分の生活に合った独自特典が付いてるカードを選ぶのがベストとなります!

 

ちなみに自分の生活に合うとは、例えばルミネカードだと、ルミネ (東京方面の駅ビル型ショッピングセンター) で常時5%オフになるので、ルミネ利用者はルミネカードを選ぶ!という意味です。

 

というとこで、最初に共通特典を一挙に紹介し、続いてカード別の個別特典をカード年会費とともに紹介していきます。

 

ビューカードの共通特典を極める!

■Suicaオートチャージ機能が搭載!

 

ビューカードの機能をフル活用するために、なるべくSuicaオートチャージ設定を利用しましょう。

 

オートチャージ設定をすると、初期設定ではチャージ残額が1,000円以下の状態でSuica対応駅の入口改札を通過しようとすると、3,000円が自動的にチャージされるので、残高不足により出口改札で足止めを食うことがなくなります。

 

(オートチャージ設定済のカードで改札に触れると、「ピッ!」と音が鳴り、改札機がガバっと開きます)

 

1回のチャージ金額は1,000円以上10,000円以下 (1,000円単位) の範囲で設定が可能です。(1日のオートチャージの上限は2万円)

 

 

オートチャージ機能はカード申込時に利用を希望するか、あるいはSuica対応駅のATM「ビューアルッテ」で設定を行なうかすれば使えるようになります。

 

オートチャージ機能は本当に便利ですし、機能の利用自体にお金はかからないので、どうせなら申込時に機能を使えるようにしておく方がいいと思います。

 

 

ちなみにオートチャージはSuicaエリア (首都圏、仙台・新潟) だけでなく、PASMOエリア (首都圏の私鉄・地下鉄) の改札でも行われます。

 

つまりPASMO対応駅でもSuica対応駅と同様に、改札を「ピッ!」と通過できるのです。

 

 

一方、オートチャージ設定をしていず、チャージ残高不足のカードで出口改札に突っ込むと、改札機は当然開いていれません。笑

 

そればかりか、後ろで待ってる人たちから冷たい視線を受けますし、乗り越し清算の手間もかかります。

 

なので、それらのデメリットを回避できるオートチャージ機能はやはり優秀です!

 

 

■JR東日本の定期券の機能をカードに内蔵できる!

 

以下のビューカードに関しては、カード内にJR東日本の定期券の機能を入れることができます。

 

『定期券機能付きビューカード』

(ビックカメラSuicaカード/ 大人の休日倶楽部ミドルカード/ エスパルカード/ フェザンカードは内蔵できません)

 

ビューカードと定期券 (Suica定期券/ 磁気定期券) を分けて持つと、カードが2枚になってしまい、財布の中がかさばってしまいます。

 

しかし上記2枚のどちらかのカードを選び、そのカードに定期券機能を入れると、それ1枚でクレジット機能 (クレジット払い) も定期券機能も使えるようになるので、財布の中が少しすっきりします!

 

 

また、内蔵する定期券は、

  • 新規購入
  • 継続利用 (有効期限の延長)
  • 定期券情報の移し替え

の3つの場合が考えられます。

 

しかし定期券の情報をカードに移すには、どの場合であっても多機能券売機 (JR東日本の駅に設置) 以外の場所では情報は移せません。

 

みどりの窓口や指定席券売機等では情報移しは行えないので、ここは注意して下さい。

 

 

こうして定期券情報をカードに移すと、クレジット機能と定期券機能が見事に1枚に収まります。

 

さらに移すタイミングが定期券の新規購入や継続利用時だと、(ビューカードで購入・継続すれば) 1.5%のビューサンクスポイント (後述) も貯まるので、一石二鳥です!

 

 

また、休日や用事などで定期券区間を超えて定期券を活用することもあると思います。

 

するとその場合、区間外の電車代はSuicaの残高から自動的に支払われるので、わざわざ乗り越し精算する必要がありません。

 

乗り越し精算って地味に面倒なので、区間外に出向いた際、この作業が省力できるのはかなり便利です!

 

 

■VIEWプラス関連だとポイント3倍!

 

ビューカードを一般利用 (買い物代金/ 公共料金の支払い) すると、1,000円につきビューサンクスポイントが2P (ポイント) 貯まります。

 

一方、VIEWプラス (JR東日本の乗車券や定期券の購入/ Suicaチャージ等) の支払に関しては、1,000円につき6Pが貯まります。

 

つまりJR東日本やSuicaチャージなどでカードを使うと、一般利用の何と3倍もポイントが貯まるのです!凄

 

『ポイント3倍の対象となる商品・サービスの一覧』

  • JR東日本の乗車券/ 特急券/ 回数券/ 特別企画乗車券/ 定期券の購入
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • Suica定期券/ Suicaカードの購入
  • Suicaチャージ/ オートチャージ (自動入金)
  • モバイルSuica(Suicaチャージ/ Suicaオートチャージ/ 特急券/ 定期券/ グリーン券)
  • びゅう国内旅行商品など

 

ちなみにビューサンクスポイント1Pの価値は、少なく見積もっても2.5円はあります。

 

なので上記一覧の代金をビューカードで支払うと、ポイント還元率は1.5%となります! (1,000円利用で6P×2.5円がバック)

 

1.5%って相当高い還元率なので、これらの利用代金はぜひビューカードで支払うようにしましょう!

 

 

■ビューサンクスポイントは気配りができている!

 

ポイントは"1,000円単位で付与される"と書きましたが、"1,000円単位"というのは1回カードを使うこと (買い物1回) に対してではなく、同じ月のカード利用合計額に対してとなります。

 

どういうことかというと、例えばJR東日本の1,500円の乗車券をビューカードで6月3日に1枚、6月17日に1枚購入するとします。

 

 

するとカードは2回使うことになりますが、この2回は同じ月 (6月) に該当するので、各1,500円のうちの各500円は切り捨てられず、合計3,000円に対しポイント付与 (18P) が行われるということです。

 

つまりポイントの付かない端数が少なくて済むのです♪

 

 

■ポイントはSuicaチャージ/ 各種ギフト券などに使える!

 

ビューサンクスポイントの主な交換先は以下のようになります。

 

交換先 交換レート 還元率
Suica/ モバイルSuicaへのチャージ 400P ⇒ 1,000円分 1.5%
ビューサンクスクーポン 1,600P ⇒ 5,000円分 1.9%
びゅう商品券 400P ⇒ 1,000円分 (交換手数料160P) 1.07%
ルミネ商品券 650P ⇒ 2,000円分 (交換手数料160P)
1.250P ⇒ 4,000円分 (交換手数料160P)
1.48%
1.70%
メトロポリタンホテルズ共通利用券 600P ⇒ 2,000円分 2%
東京ステーションホテル利用券 1,850P ⇒ 5,000円分 1.62%
全国お取り寄せスイーツカード 1,340P ⇒ 3,500円分 1.57%
お取り寄せグルメカード 2,000P ⇒ 5,250円分 1.58%
VIEWカード・グリーン車利用券 700P ⇒ JR東日本の新幹線/ 特急列車グリーン車が普通車指定席の値段となる 目的地による

 

ビューカード利用者はほぼ確実にSuicaを使うと思うので、ポイントはSuica/ モバイルSuicaへのチャージに使うのが一番おすすめです。

 

チャージは、既に入ってる残額と合わせて最高20,000円まで行えます。

 

例えばカード搭載のSuica残高が6千円であれば、最高1万4千円のチャージが可能となります。

 

 

また、Suicaチャージの次におすすめなのは、還元率が最も高い「メトロポリタンホテルズ共通利用券」と「ビューサンクスクーポン」の2つです。

 

共通利用券はメトロポリタンホテルズの割引に、ビューサンクスクーポンはびゅう国内旅行商品の割引に使えます。

 

 

あるいは東北/ 山形/ 秋田/ 上越/ 北陸に旅行する機会のある人だと、VIEWカード・グリーン車利用券がおすすめです。

 

この利用券があると上記エリア (JR東日本エリア) 内の新幹線/ 特急列車グリーン車が普通車指定席の値段となるので、旅行運賃のコストが大幅カットできます。

 

 

一方、びゅう商品券 (JR東日本の駅ビル/ メトロポリタンホテルズ/ ホテルメッツなど全国約6,000ヵ所で利用可能) とルミネ商品券 (ショッピングセンター「ルミネ」で利用可能) の2つに関しては、ポイント交換時に160Pの手数料が発生します。

 

特にびゅう商品券はこの手数料の影響で還元率が1.1%弱まで落ちてるので、できれば選ばない方がいいと思います。

 

 

ただし手数料は商品券1枚に対してではなく、郵送1回に対し発生します。

 

なのでびゅう商品券 (やルミネ商品券) を数枚同時にゲットするなら、手数料が商品券1枚に与える影響はかなり小さくなるので、こういう時はびゅう商品券を選ぶのもありだと思います。

 

 

■モバイルSuicaの年会費が当面無料!

 

モバイルSuicaとは、Suicaチャージ/ Suicaオートチャージ/ JR東日本の定期券・特急券・グリーン券の機能を携帯電話に搭載できるサービスのことです。

 

モバイルSuicaの登録には、通常1030円の年会費 (税込) がかかりますが、ビューカードで登録を行うと年会費は当面無料となります。

 

 

ちなみにビューカードはオートチャージ設定や定期券機能を内蔵できると前述しましたが、モバイルSuicaだと特急券やグリーン券の利用も行えるので、機能の広さはモバイルSuicaの方が勝ります。

 

 

また、SuicaやJR東日本の乗車に話を搾れば、ビューカードはモバイルSuica登録後は家に完全に放置しておいてもまったく問題ありません。

 

なぜならモバイルSuicaが完全にビューカードの働きをしてくれるからです。

 

しかしモバイルSuicaにクレジット機能はないので、先ほどのポイント還元率1.5%のことを考えると、やはりビューカードは財布に入れておくのが望ましいです!

 

 

■JR東日本の電車代をなるべく安く済ませる!

 

Suica/ カード内蔵の定期券機能/ 回数券/ 現金払いを用途に応じて上手く使い分けると、JR東日本の電車代を多少削れます。

 

まず仕事や学校など、日常的に特定の目的地 (Suica/ PASMO対応エリア内) に行く場合は当然のことながら、定期券 (クレジット払いでポイント1.5%) を徹底活用するのが最も安くで済みます。

 

 

一方、(定期券の区間ではない) 特定の目的地には行くけど、行く頻度は週1〜2回程度という場合は、カードでその区間の回数券を購入するのが最も安くで済みます。

 

ただし回数券の場合は、有効期限切れに注意しましょう。

 

 

また、(定期券の区間ではない) 地域に単発で行く場合は、電車代をSuicaで支払うのが良い場合と、カードで購入した切符で乗るのが良い場合の2つがあります。

 

なぜなら切符の値段は10円単位 (四捨五入) で変動するのに対し、Suicaだと1円単位となるからです。

 

例えば山手線で東京 ⇒ 新宿に行く場合、切符だと200円ですが、Suicaだと194円なので、Suicaの方が6円安く済みます。

 

 

定期券の購入がほぼ常識となる区間 (職場・学校) はともかく、回数券を買うべき区間や、Suicaか切符かの見極めが必要な区間では、損をしてる人はたくさんいると思うので、できればこの辺の見極めもしていきたいところです!

 

 

■モバイルSuica特急券の利用で、JR東日本の新幹線代が安くなる!

 

モバイルSuica特急券 (モバトク) とは、JR東日本の新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)の切符を携帯電話で購入できるサービス (年会費無料) のことです。

 

そしてモバトクを利用すると、新幹線代が紙の切符 (無割引の状態) よりも安くなるので、JR東日本の新幹線に乗るならぜひ活用すべきサービスとなります。

 

【新幹線代の比較 (2つの区間を例に挙げておきます)】

区間 紙の切符 モバトク モバトクの割引額
東京駅 ⇒ 盛岡駅 (普通車) 14,230円 13,270円 960円
東京駅 ⇒ 盛岡駅 (グリーン車) 17,820円 17,380円 440円
東京駅 ⇒ 軽井沢駅 (普通車) 5,910円 5,150円 760円
東京駅 ⇒ 軽井沢駅 (グリーン車) 7,450円 7,210円 240円

 

ちなみにモバトクを利用するにはモバイルSuicaへの登録が必須となります。

 

登録にはクレジットカードが必要ですが、登録カードはビューカードでもいいですし、他社カードでもOKとなります。

 

しかしビューカードでモバイルSuica特急券を購入すると、購入代金の1.5%ものポイントが貯まるので、できればビューカードで登録するのがいいと思います。

 

 

■Web明細サービスの利用で、毎月20ポイントが贈呈!

 

カード利用代金の紙媒体の明細をやめ、代わりにWeb明細サービスを利用すると、毎月20Pが贈呈されます。

 

Web明細だと余分に年間240P (600円相当) が貯まりますし、カード利用状況をネット上ですぐにチェックできるので、明らかに便利です!

 

(Web明細の20Pは、カード利用のあった月だけが対象です)

 

 

■ETCマイレージサービスで、高速道路料金が割引!

 

カード会員専用ネットサービス「VIEWs NET」からETCマイレージ割引サービスに登録し、東/ 中/ 西日本高速道路の通行料金をビューカードのETCカードで支払うと、通行料金10円につき1ポイントが貯まります。

 

貯まったポイントは、高速道路の無料通行分として還元されます。

 

 

一方、ETCカードの年会費は477円+税 (税込515円) なので、この年会費を超えるポイントを得るには、年間10,300円 (月860円) を超える通行料金分、高速道路を利用しなくてはなりません。

 

なのでこの基準を軽くクリアしそうな高速道路ユーザーは、なるべくETCマイレージ割引に登録しましょう!

 

 

■ビューカード会員限定の超お得なサービス!

『JR東日本ホテルズの割引』

  1. ホテル宿泊/ 直営レストラン・バーの年間利用額10万円ごとに、5,000円分のホテル利用券を贈呈
  2. 直営レストラン・バーの利用代金をビューカードで支払うと、最大10%割引
  3. 宿泊基本料金をビューカードで支払うと、最大20%割引
  4. チェックイン時にビューカードの提示で、チェックアウト時間を12時まで無料延長

 

『引越しサービスの割引』

 

引越料金をビューカードで支払うと、

  • サカイ引越センター:25%OFF+ダンボール最大50枚サービス
  • アート引越センター:20%OFF+ダンボール最大50枚サービス
  • ジェイアール東日本物流:20%OFF

ただし引越しシーズン (3月中旬〜4月上旬) は3社とも、割引率が10%に下がります。

 

『カラオケ「ビッグエコー」の割引』

 

ビューカードの提示で、以下のどちらか一方の割引を受けられます。

  1. ルーム料金が30%OFF
  2. ドリンクバー付・飲み放題コースが10%OFF

ただ歌うだけなら30%OFFを、がっつり飲むなら10%OFFを選ぶのがいいと思います。

 

『その他』

  • JRホテルグループや東急ホテルズの宿泊基本料金をビューカードで支払うと、最大10%割引
  • 駅レンタカーの各営業所でビューカードを提示すると、レンタカーのレンタル代金が10%割引

 

カード別の個別特典

■「ビュー・スイカ」カード

年間のカード利用額に応じたボーナスポイントが贈呈されます。

 

ボーナスポイント数は、年30万円以上で100P/ 70万円以上で400P/ 100万円以上で600P/ 150万円以上で1,000Pとなります。

 

カード年会費は初年度から477円+税が発生します。

 

【⇒ 「ビュー・スイカ」カードの詳細へ】

 

■ビックカメラSuicaカード

ビックカメラの支払にカードを使うと、10%のビックポイントが貯まります。(現金と同率)

 

また、ビックカメラはSuicaでも支払えるので、カードでSuicaにチャージし、チャージしたSuicaで支払いを行うと、ビックポイント10%にビューサンクスポイント1.5%が合わさるので、合計11.5%のポイント還元率となります!

 

年会費は初年度は無料、翌年以降は477円+税となります。

 

【⇒ ビックカメラSuicaカードの詳細へ】

 

■ルミネカード

LUMINE (ルミネ) の本・DVD・化粧品・食品・レストランなどの代金がいつでも5%割引となります。(時期によっては10%割引)

 

また、ルミネでの年間利用額に応じ、ルミネ商品券 (年20万円以上で1千円/ 50万円以上で2千円/ 70万円以上で3千円/ 100万円以上で5千円) が贈呈されます。

 

年会費は初年度は無料、翌年以降は953円+税となります。

 

【⇒ ルミネカードの詳細へ】

 

■大人の休日倶楽部ミドルカード

JR東日本線/ JR北海道線の切符が片道・往復・連続で201キロ以上の路線の場合、その切符をカードで買うと切符代が5%割引になります。

 

また、びゅう国内旅行の代金をカードで支払うと、自分 (カード会員) と同行者全員の代金が5%割引になります。

 

年会費は初年度は無料、翌年以降は税込2,575円です。

 

【⇒ 大人の休日倶楽部ミドルカードの詳細へ】

 

■エスパルカード

エスパル仙台でカードを使うと、エスパルポイントが5%貯まります。

 

また、ビューサンクスポイントも0.5%貯まるので、エスパル仙台だと合計5.5%のポイントをゲットできることになります。

 

それとホテルメトロポリタン仙台の宿泊料金が10%OFFになります。

 

年会費は初年度は無料、翌年以降は953円+税です。

 

【⇒ エスパルカードの詳細へ】

 

■フェザンカード

JR盛岡駅に直結の「フェザン (FESAN)」でカードを使うと、買い物代金が5%OFF、時期によっては10%OFFとなります。

 

それと盛岡市の映画館チケットが200円割引、ホテルメトロポリタン盛岡の宿泊料金が10%OFFになります。

 

カード年会費は初年度から477円+税が発生します。

 

【⇒ フェザンカードの詳細へ】

 

カード個別の特典をもっと詳しく知りたい場合は、各カードの詳細ページを参考にして下さい。

 

また、ビューカード6枚のスペックを比較したい場合は、ビューカード個々の違いを徹底解説!を見てください。

 

ビューカードのまとめ

JR東日本の電車に日常的に乗ったり、交通機関や店舗の支払いをSuicaカードで行ってる人は、なるべくビューカードを活用しましょう。

 

また、もしどのカードを選べばいいのか迷ってる場合は、「ビュー・スイカ」カードがおすすめです。

 

なぜならこのカードの年会費は数年単位で考えると最安ですし、カードに定期券機能を内蔵できるからです。

 

 

最後にビューカードの共通特典を箇条書きでまとめておきます。

  1. Suicaオートチャージ機能が搭載
  2. JR東日本の定期券機能が搭載 (「ビュー・スイカ」カード/ ルミネカード限定)
  3. VIEWプラス関連だとポイント3倍
  4. ポイントの付かない端数が出にくい
  5. ポイントはSuicaチャージ/ 各種ギフト券などに使える
  6. モバイルSuicaの年会費が当面無料
  7. Suica/ 定期券機能/ 回数券/ 切符の使い分けで、JR東日本の電車代を削減できる
  8. モバイルSuica特急券 (モバトク) 利用で、JR東日本の新幹線代が安くなる
  9. Web明細サービスの利用で、毎月20ポイントが贈呈
  10. ETCマイレージサービスで、高速道路料金が割引
  11. JR東日本ホテルズ/ JRホテルグループ/ 東急ホテルズ/ 駅レンタカー/ 引越し/ ビッグエコーの割引

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑