三井住友VISAカードの比較・詳細・評判

三井住友VISAカード個々の違いを徹底解説!

以下の各カードの違いを徹底解説します。

  • 三井住友VISAクラシックカード
  • 三井住友VISAクラシックカードA
  • 三井住友VISAデビュープラスカード
  • 三井住友VISAアミティエカード
  • 三井住友VISAエグゼクティブカード
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード
  • 三井住友VISAゴールドカード

 

解説項目は『申込資格とカードランク』『年会費』『還元率』『付帯保険』『その他特典』の5つです。

 

上記5つは三井住友VISAカード個々でかなり違ってくるので、ここの違いさえおさえれば、自分に1番適したカードが簡単に分かります!

 

申込資格とカードランクの違いを比較

カード名 申込資格 カードランク
三井住友VISAクラシックカード 満18歳以上の人 一般カード
三井住友VISAクラシックカードA 満18歳以上の人 一般カード
三井住友VISAデビュープラスカード 満18歳〜25歳の人 一般カード
三井住友VISAアミティエカード 満18歳以上の女性 一般カード
三井住友VISAエグゼクティブカード 満20歳以上の安定収入のある人 一般とゴールドの中間
三井住友VISAプライムゴールドカード 満20歳〜30歳未満の安定収入のある人 ゴールドカード
三井住友VISAゴールドカード 原則30歳以上の安定収入のある人 ゴールドカード

 

ランクが上位になるにつれ、申込資格も徐々に厳しくなってきます。

 

ここで注目なのは、エグゼクティブカード以上の申込資格に"安定収入"という記述があることです。

 

安定収入が具体的にいくらかはカード会社のみが知るところですが、大まかには、

  • エグゼクティブカード (200万〜300万)
  • プライムゴールドカード (300万〜400万)
  • ゴールドカード (400万〜500万)

が目安だと考えていいと思います。

 

年会費の違いを比較

カード名 本会員の年会費
初年度 翌年以降 翌年以降最安値
三井住友VISAクラシックカード 無料 1,250円 無料
三井住友VISAクラシックカードA 無料 1,500円 無料
三井住友VISAデビュープラスカード 無料 1,250円 無料
三井住友VISAアミティエカード 無料 1,250円 無料
三井住友VISAエグゼクティブカード 無料 3,000円 1,000円
三井住友VISAプライムゴールドカード 無料 5,000円 1,500円
三井住友VISAゴールドカード 無料 10,000円 4,000円

 

本会員の初年度年会費は無条件に無料です。

 

クラシックカード、クラシックカードA、アミティエカードは、「マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上の利用」で最安値 (無料) となります。

 

デビュープラスカードは「年1回以上のカード利用」で最安値 (無料) となります。

 

エグゼクティブカード、プライムゴールドカード、ゴールドカードは、「WEB明細書サービスに登録し、年間6回以上の請求」と「マイ・ペイすリボに登録し、年に1回以上の利用」で最安値 (順に1,000円、1,500円、4,000円) となります。

 

 

カード名 家族会員の年会費
初年度1人目 初年度2人目以降 翌年以降1人目 翌年以降2人目以降
三井住友VISAクラシックカード 無料 400円 無料 (条件付で400円) 400円
三井住友VISAクラシックカードA 無料 550円 無料 (条件付で550円) 550円
三井住友VISAデビュープラスカード 無料 400円 無料 (条件付で400円) 400円
三井住友VISAアミティエカード 無料 400円 無料 (条件付で400円) 400円
三井住友VISAエグゼクティブカード 無料 250円 無料 (条件付で250円) 250円
三井住友VISAプライムゴールドカード 無料 1,000円 無料 1,000円
三井住友VISAゴールドカード 無料 1,000円 無料 1,000円

 

家族会員の年会費は1人目 (無料) と2人目以降 (有料) で違います。

 

また、翌年以降1人目の年会費は条件付で無料となっています。

 

その条件とは、"家族カードでの前年の買物回数が3回未満の場合"です。

 

 

ちなみにETCカードの年会費は初年度が無料、翌年以降は500円+税となります。

 

ただし、年1回以上のETCカードの利用で翌年は無料です。

 

ETCカードの年会費は全カード共通となります。

 

還元率の違いを比較

カード名 基本還元率 ステージボーナス加味還元率
三井住友VISAクラシックカード 0.3〜0.5% 0.39〜0.65%
三井住友VISAクラシックカードA 0.3〜0.5% 0.39〜0.65%
三井住友VISAデビュープラスカード 0.6〜1.0% 0.69〜1.15%
三井住友VISAアミティエカード 0.3〜0.5% 0.39〜0.65%
三井住友VISAエグゼクティブカード 0.3〜0.5% 0.39〜0.65%
三井住友VISAプライムゴールドカード 0.3〜0.5% 0.48〜0.8%
三井住友VISAゴールドカード 0.3〜0.5% 0.48〜0.8%

 

三井住友VISAカードの還元率は0.3〜0.5%が基本です。

 

ただしデビュープラスカードについては、ポイントが他カードの2倍貯まるので還元率も2倍 (0.6〜1.0%) となります。

 

また、三井住友VISAカードのステージボーナスは、還元率を30%アップさせるのが基本となります。

 

ただしデビュープラスカードの還元率は、(0.6〜1.0%)×1.3倍ではなく、(0.3〜0.5%) ×1.3倍+(0.3〜0.5%) で、0.69〜1.15%となります。

 

一方、プライムゴールドカードとゴールドカードのアップ率は60%となります。

 

付帯保険の違いを比較

デビュープラス クラシック クラシックA、アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド、ゴールド
国内旅行保険付帯条件-自動付帯 (死亡・後遺障害のみ自動+利用)
死亡・後遺障害 (自動付帯)-300万円500万円1,000万円
死亡・後遺障害 (利用付帯)-1,700万円2,500万円4,000万円
入院費用-5,000円/日
手術費用-20万円
通院費用-2,000円/日
国内旅行保険家族特約-
海外旅行保険付帯条件-利用付帯自動付帯 (死亡・後遺障害のみ自動+利用)
死亡・後遺障害 (自動付帯)-300万円500万円1,000万円
死亡・後遺障害 (利用付帯)-2,000万円1,700万円2,500万円4,000万円
傷害治療-50万円100万円100万円300万円
疾病治療-50万円100万円100万円300万円
賠償責任-2,000万円2,500万円4,000万円5,000万円
救援者費用-100万円150万円150万円500万円
携行品損害-15万円20万円25万円50万円
海外旅行保険家族特約-自動付帯
ショッピング保険年間補償額100万円300万円
自己負担額3,000円
補償期間90日間

 

「クラシックAとアミティエ」 「プライムゴールドとゴールド」は保険内容が同じであり、表の右に位置するカードほど内容が豪華になっていきます。

 

また、クラシックA・アミティエ以上から国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険の3つが揃います。

 

その他特典の違いを比較

三井住友VISAカードの有力特典である"ドクターコール24"と"空港ラウンジサービス"の付帯状況は、以下のようになります。

 

デビュープラス、クラシック、クラシックA、アミティエ エグゼクティブ プライムゴールド、ゴールド
ドクターコール24 -
空港ラウンジサービス - -

 

三井住友VISAカードの決め方

  1. 年会費が実質無料の一般カード
  2. 充実した内容のゴールドカード

のどちらかに、まずは候補を絞ります。

 

 

そしてもし年会費実質無料のカードを希望する場合は、クラシックカードAがおすすめとなります。

 

なぜならクラシックカードAは、実質無料カードの中では最も内容が良いからです!

 

一方、付帯保険よりも還元率重視の18歳〜25歳に該当する人に限っては、ポイントが2倍貯まるデビュープラスカードの方がおすすめとなります。

 

 

逆にカード特典をなるべく充実させておきたい場合は、ゴールドカードを選ぶのがベストとなります。

 

ただし20歳〜30歳未満の人に限っては、ゴールドとまったく同じ内容で、年会費は安くで済むプライムゴールドの方を選びましょう!

 

あるいは安めの年会費でそれなりの特典を希望する人、ゴールドカードの空港ラウンジサービスが不要だと思う人は、エグゼクティブカードがおすすめとなります。

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑