クレジットカードの還元率を極限まで比較したサイトです!

2016年8月現在、最も高還元率で総合力に優れたカード3枚!

Orico Card THE POINT

一般利用やネットショッピング (Amazon、Yahoo!ショッピング、じゃらん、楽天市場など) で爆発的に得できる超ハイスペックなカードです!

 

入会後の半年間はポイントが1%余分に上乗せされるので、通常利用で2.0%、ネットショップだと3.0%〜17.5%の還元率を記録します!

 

さらに最大18,000ポイントという大奮発のボーナスポイントも用意されています。

P-one Wiz

カード料金の1%が自動的に割引かれ、しかも0.5%分のポイントまで貯まるカードです!

 

店舗や時期に関係なく還元率が常に1.5%(割引1%+ポイント0.5%) なのは"お見事"の一言ですし、しかも入会後6ヶ月間は付与ポイントが3倍なので、何と2.5% (割引1%+ポイント1.5%) にまで上昇します!

 

さらにP-oneモール経由でYahoo!ショッピングで買い物すると、最初の半年は5%(割引1%+ポイント4%)、7ヶ月目以降でも4%(割引1%+ポイント3%) という異次元の高さに到達します!

 

一方、当カードの支払い方法は初期設定ではリボ払いなんですが、入会後に全額払い (手数料なしの支払い方) に簡単に変更できるので、しっかり変更した状態で使う限りは最もおすすめなカードとなります。

 

全額払いへの変更方法は、P-one Wizの詳細で解説しています。

OMCカード

ダイエー/ イオン系列/ セブンイレブン/ イトーヨーカドーでの買い物代金の1.5%分のポイントが貯まるカードです!

 

1.5%って極めて高い還元率なわけですが、上記の店舗だと毎日1.5%という奮発ぶりです。

 

しかもポイントは、Amazonギフト券/ nanacoカード/ JCBギフトカード/ ジェフグルメカードなど、利便性の高い商品と交換可能となっています。

 

また、マルエツ等で定期的 (主に毎週日曜日) に5%割引が開催されますし、付帯保険のビッグ3 (海外旅行保険/ 国内旅行保険/ ショッピング保険) も揃っています。

 

その次におすすめな3枚はコレ!

Yahoo!JAPANカード

Yahoo!ショッピングでTポイントが代金の3%分も貯まる、Tポイント還元率がバカ高いカードです!

 

また、ファミマ・TSUTAYAなどのTポイント加盟店でも1.5〜2%、一般利用でも1%が貯まる安定感の高さも魅力的です。

 

しかも今ならカード入会 (最短2分) で5,000ポイント付与、またカード会員サービスメニューの初回登録後 (無料) にカードで買い物すると、買い物回数×100ポイントを上乗せ (上限2,000ポイント)、つまりカードを使わなくても5,000ポイントが、あるいは頻繁に使う人だと最大7,000ポイントの入会特典が貰えます!

リクルートカード

カード利用額の1.2%分のポイントが貯まる高還元率なカードです。

 

カード発行会社はリクルートなので、自社サービスでカードを使うと還元率は大幅に上昇します。

 

例えば、じゃらんnet (宿・ホテル予約) やホットペッパーグルメ (居酒屋・飲食店予約) だと3.2%、ポンパレモール (総合ネット通販) だと4.2%まで跳ね上がります!

 

そして貯まったポイントは、上記を含むリクルートサービス内の支払いに使えたり、ローソンやゲオ等で使えるPontaポイントに移行することが可能です。

 

さらに保険のビッグ3 (国内旅行保険・海外旅行保険・ショッピング保険) も付帯してるので、総合的なスペックでは上4枚を凌ぎます!

REX CARD Lite

ポイント還元率1.25%を記録する年会費無料のカードです。

 

20万円分のポイントを集めると、Jデポ (カード請求額の割引枠) 2,500円分と交換できるので、還元率1.25% (2,500円÷20万円) となります。

 

請求額の割引という事実上のキャッシュバックの形で、1.25%という高さはお得過ぎます!

 

また、カード到着後の3ヶ月以内に5万円以上使うと1千円分の、7万円以上だと2千円分の、10万円以上だと3千円分のJデポが加算されるので、この加算分を含めると、20万円で最高5,500円の割引きを受けられます!凄

 

利用額が多いほど、還元率も爆発上昇するカード

ライフカード

年会費は永久無料で、月4万2千円 (年50万円) 以上で還元率1.2%、月12万5千円 (年150万円) 以上だと1.4%超となるカードです!

 

入会後1年はポイント1.5倍、ステージポイントで最大2倍、誕生月 (自分の誕生日のある月) は5倍となるなど、とにかくボーナス特典が充実しています!

 

特に誕生月のポイント5倍は強力なので、この月に比重をおいた使い方をすると2%超も可能な破壊力を秘めています!

 

ポイントはVプリカ/ Amazonギフト券/ JCBギフトカード/ QUOカードなど、利便性の高いアイテムと交換できます。

 

知名度の高さで他を圧倒するカード2枚

イオンカード (WAON一体型)

イオン系列だと毎月20日・30日は5%割引、毎月5日・15日・25日はポイント2倍で買い物ができ、毎月10日はイオン系列以外の店舗でもポイントが2倍貯まります。

 

また、電子マネーWAONの機能がカードに搭載しているので、わざわざWAON専用のカードを持つ手間が省けます。

 

それと年間100万円以上カードを使ったり、イオン系列だけで年間60万円以上使うと、かなりの高確率でゴールド会員 (年会費無料) に昇格できます!

楽天カード

楽天カードの基本還元率は1% (100円で楽天スーパーポイントが1P) ですが、楽天関連でカードを使うと還元率が爆発的に上がります!

 

例えば楽天市場だと最低4% (100円で4P)ですし、楽天トラベルだと10%とか30%を獲得できる旅行・宿泊プランが多数用意されています。

 

年会費は無料なのに、このサービスレベルは脅威の一言です!

 

なので楽天市場でネット通販したり、楽天トラベルで旅行予約したりする人は絶対に持っておきたいです。

 

セキュリティーの強さに特化したカード

三井住友VISAクラシックカードA

三井住友VISAカードの中で最も内容に優れ、カードセキュリティーの強さで他社カードを圧倒します!

 

24時間365日体制でカードの不正使用を未然に防ぎますし、高度な暗号技術によりカードのスキミング被害 (情報のコピー) を徹底阻止します。

 

カード詐欺が蔓延する時代なので、セキュリティーの強さは還元率の高さ並に重要です!

 

その他のおすすめカード2枚

セブンカード・プラス

セブン・イレブンやイトーヨーカドー等で還元率1.5%となるのですが、最大の特徴は当カードとnanacoカードを組み合わせることで、各種税金の支払いでもポイントを貯めれることです!

 

一般的に税金はカード払い不可で、我々市民は泣き寝入り状態ですが、セブンカード・プラスとnanacoカードの併用で税金対策ができるのです。嬉

dカード

一般利用でdポイントが1%以上貯まり、ケータイ故障・紛失時には最大1万円の補償を受けられるのが特徴です!

 

ポイントはドコモケータイ (通話料・パケット定額料など)/ dマーケットのコンテンツ料金の支払いやPontaポイントへの移行などに使えて便利ですし、1万円の補償も万一の時には大助かりです。

 

もちろん年会費は実質無料なので、ドコモ利用者は出来る限りカードを作ってほしいです。

 

カテゴリー別にカードを分類

■年会費無料カードのTOP5

「クレジットカードは絶対に年会費無料のものを使いたい!!」という考えの人は必見のコーナーです。

 

近年は年会費ゼロでもスペックの高いカードがたくさんあるので、手っ取り早くカードを決めたければこちら記事だけ見て下さい。

 

【⇒ 年会費無料カードのTOP5】

 

■日常利用で1番得するカードTOP5

カード選びで最も重視すべき指標は、「ポイント還元率の高さ」です!

 

なぜなら還元率が高いほど、それだけ家計の節約に直結するからです。

 

また、当記事は還元率の高さだけでなく、ポイント交換で得られるアイテムの利便性にも焦点を当て、5枚のカードを厳選しています。

 

【⇒ 日常利用で1番得するカードTOP5】

 

■ネットショッピングで役立つカードTOP5

ネットショッピング (ネット通販) で絶大な威力を発揮を紹介しています。

 

ネットショップには「Yahoo!ショッピング」「LOHAOCO」「楽天市場」「Amazon」など多数がありますが、ネット通販に強いカードを使うとポイントがたくさん貯まります!

 

【⇒ ネットショッピングで役立つカードTOP5】

 

■コンビニ系カードTOP4

各コンビニ (セブン・イレブン/ ファミリーマート/ ローソン/ サークルK) で買い物する人は、そのコンビニ対応のカードを使うよにしましょう。

 

そうすることでポイントが豊富に貯またったり、商品によってはボーナスポイントを受け取れます!

 

【⇒ コンビニ系カードTOP4】

 

■ETCカードのTOP5

有料道路では絶対にETCカードを使うべきだと断言できます!

 

なぜならETCカードを持ってると料金所をスムーズに通過できるだけでなく、クレジットカード付随のポイントやETCマイレージサービスのポイントが貯まるからです。

 

【⇒ ETCカードのTOP5】

 

■学生向けカードTOP3

現役学生 (短大/ 専門学校/ 四年生大学/ 大学院など) や20代以下の若者のみ申込が可能なカードを紹介しています。

 

各カード会社は次世代のカードの担い手、つまり学生の確保に躍起になってるので、学生向けカードは大奮発の特典が多数用意されています。

 

【⇒ 学生向けカードTOP3】

 

■女性向けカードTOP5

女性の方全般 (OL/ 女子大生/ 専業主婦/ パートタイムなど) に最適なカードを紹介しています。

 

女性は同世代の男性よりも低収入な傾向にありますが、とりあえず収入があれば、カード審査を通過する可能性は極めて高いです!

 

【⇒ 女性向けカードTOP5】

 

選ぶべきカードはだいたい決まっている!

クレジットカードって世間に無数にありますし、カードに要求する内容は個人によって違うので、1番優れたカードを客観的に決めることはできません。

 

しかしカードに求める内容で最も割合が高い項目は、「年会費が不要」と「還元率の高さ」の2つとなります。

 

なのでカード選びに苦戦してる場合は、年会費無料カードのTOP5日常利用で1番得するカードTOP5の中から選ぶのが良いと思います。

 

また、カードの利用機会で最も多いのは「ネット通販の支払い」なので、ネットで買い物する習慣のある人は、ネットショッピングで役立つカードTOP5もかなり参考になると思います。

 

 

クレジットカードの知識を身に付ける

■クレジットカードの基礎知識

クレジットカードを持つなら最低でも知っといてほしいことに焦点を当て、解説しています。

 

カードを持つメリットやリスクはもちろん、カード選びの基準・申込方法・使い方・支払方法、あるいは国際ブランド (VISA/ JCB等) に関する話もしています。

 

【⇒ クレジットカードの基礎知識】

 

■もう少し突っ込んだカードの知識

実際のカード生活で役立つ実用的な話 (基礎知識+α) をしています。

 

特にバーチャルカードの話は、すべてのネットショッピング利用者に必見となります。

 

また、カード利用料金の滞納時に、カード会社がどのような対応を取るのかのヒアリング結果についても書いています。

 

【⇒ もう少し突っ込んだカードの知識】

 

 

番外編

■僕は小遣い1万円 (実質1,400円) の32歳サラリーマン!

サイト管理人 (私) は32歳・零細IT企業に勤務しているのですが、1ヶ月の小遣いはたったの1万円という少なさです!笑

 

しかし"あること"を行うことにより、実質的な小遣いを6倍近くまで増やすことができました。

 

なので管理人のようには、何だか小遣いが少ないと感じてる同志はぜひ一読してほしいです。

 

【⇒ 僕は小遣い1万円 (実質1,400円) の32歳サラリーマン!】

 

 

大増税+薄給な時代を生きるには、格安SIMの利用が絶対に必要!

生活費の負担を楽して下げるには、還元率の高いクレジットカードを持つことが重要ですが、格安SIMにてケータイを使うと爆発的な節約が可能となります。

 

当サイトは基本的にはクレジットカードの比較に特化していますが、

  1. 格安SIMの利用で家計がだいぶ軽くなること
  2. クレカ保有者のみ、格安SIMに申込が可能

という特性から、格安SIMの比較も行っています。

 

 

実は管理人は2016年4月にドコモを解約し、MNP転出 (ケータイ番号の持ち出し) により4月からmineoという格安SIMにてiPhone 5sを使っているのですが、mineo乗換え後はケータイ料金がドコモ時代の約5分の1で済んでいます。

 

ドコモ時代は毎月8,600円ぐらいだったのですが、管理人の契約条件 (音声通話+容量3GB) の元、mineoを使うと月々1,800円前後で収まることになります。

 

キャリア (au/ docomo/ SoftBank) だと毎月5〜9千円はかかるので、家計の節約にはやはり格安SIMへの乗換えが必須となります!

 

(図の料金 (952円) は、たまたま基本料の割引キャンペーンが効いてるので952円となりますが、通常時だと基本料 (税込1,728円) +通話料 (管理人の場合、86円前後) +ユニバーサル料 (税込2円) なので、月々の合計は1,800円前後となります)

 

【⇒ 人気の格安SIMを徹底比較!(おすすめ順)】

 


クレジットカード徹底比較 還元率の王様はリンクフリーです。

トップページや他のページなど、どのページへリンクしてもらっても大丈夫です!

 

連絡も不要です。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑