特典航空券は同一航空連合 (スターアライアンス/ スカイチーム/ ワンワールド) 内で使える!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

特典航空券は他の航空会社でも使える

別々のマイレージプログラムのマイルは合算できませんが、特典航空券の場合は、所属してる航空連合が同じ航空会社同士や、提携関係にある航空会社間で利用可能です。

 

例えばANAのマイルで獲得した特典航空券で成田からニューヨーク経由でシアトルに行く場合、スターアライアンスに属するANAで成田からニューヨークまで行き、ニューヨークからシアトルまでは、同じくスターアライアンス所属のユナイテッド航空を乗り継げるといった感じです!

 

 

他社航空券で自社便に乗られてる側からすれば、同じ航空連合や協力関係にある航空会社に自社便の座席の一部を提供してることになります。

 

(このような協力関係を結んでる航空会社の集まりを航空連合やアライアンスと言います)

 

 

基本的に航空連合は複数社が集まってグループを形成しており、グループ間で自社の座席の一部を提供したり、1つの便を複数の会社で運航したり、空港の設備・サービスを共同、または交代で使ったりします。

 

座席の一部を他社に割り当てるとその分自社の売上が減りますが、複数社と協力関係を結ぶことで、自社のフライトコースにない国や地域へ他社の航空機で自社の客を送れるので、総合的にはメリットの方が大きいのです!

 

メジャーな3つの航空連合

様々な航空連合が混在するなか、世界で最も規模の大きい航空連合は、スターアライアンス、スカイチーム、ワンワールドの3つです。

 

ANAとユナイデット航空はスターアライアンス、JALはワンワールド、スカイチームはデルタ航空に属しています。

 

スターアライアンス スカイチーム ワンワールド
加盟航空会社数 28社 20社 14社
加盟航空会社 ANA (全日本空輸)
ユナイテッド航空
アシアナ航空
アドリア航空
アビアンカ-TACA航空
エア・カナダ
エーゲ航空
エジプト航空
エチオピア航空
エバー航空
オーストリア航空
クロアチア航空
コパ航空
シンガポール航空
深セン航空
スイスインターナショナルエアラインズ
スカンジナビア航空
タイ国際航空
TAP ポルトガル航空
TAM航空
中国国際航空
トルコ航空
ニュージーランド航空
ブリュッセル航空
南アフリカ航空
USエアウェイズ
ルフトハンザドイツ航空
LOTポーランド航空
デルタ航空
アエロフロート・ロシア航空
アエロメヒコ航空
廈門航空
アリタリア-イタリア航空
アルゼンチン航空
エア・ヨーロッパ
エールフランス
ガルーダ・インドネシア航空
KLMオランダ航空
ケニア航空
サウディア
大韓航空
タロム航空
チェコ航空
チャイナエアライン
中国東方航空
中国南方航空
ベトナム航空
ミドル・イースト航空
JAL (日本航空)
アメリカン航空
イベリア航空
エア・ベルリン
S7航空
カタール航空
カンタス航空
キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
マレーシア航空
メキシカーナ航空
ラン航空
ロイヤル・ヨルダン航空

 

 

スポンサーリンク

 

 

航空連合はユーザーにとっても超重要!

航空連合は航空会社だけでなく、我々搭乗者にも以下の2つの点でメリットです。

 

  1. 特典航空券が提携航空会社の便にも有効
  2. 提携航空会社から付与されるマイルを一本化できる

 

 

特典航空券のメリットは先ほど書いたので、マイルの一本化について説明します。

 

冒頭で「別々のマイレージプログラムのマイルは合算できません」と書きましたが、合算できないのは既得のマイルの話です!

 

まだ受け取ってないマイルについては、特定のマイルを選んで受け取れます。

 

 

例えば、ANAとエア・カナダとシンガポール航空を利用した場合、従来はANAのマイル、エア・カナダのマイル、シンガポール航空のマイルとして各航空会社のマイルを受け取るのが一般的でした。

 

しかし、別々に貰うと会社個々のマイルはなかなか集まらずが、特典航空券に必要なマイル数になる前に有効期限が過ぎてしまうという自体が多発しました。

 

 

そこでこの不便さを解消するために航空連合が登場し、ある航空会社から貰えるマイルを、同じ航空連合に属する別会社のマイルとして受け取ることが可能になったのです!

 

上記の例だと、もしANAマイルに注力したい人なら、エア・カナダとシンガポール航空から付与されるマイルをANAマイルとして獲得するというイメージです。

 

あるいはシンガポール航空のマイルに集中するなら、ANAとエア・カナダのマイルをシンガポール航空のマイルとして受け取ります。

 

 

ここで念押しですが、マイルの一本化はあくまで同一航空連合内だけの話です!

 

航空連合を超えての一本化はできません。

 

ANAとエア・カナダとシンガポール航空はどれもスターアライアンスに属してるからマイルの一本化を行なえるのです。

 

なので、どの航空会社のマイルを貯めるのかも大切ですが、そのマイレージプログラムを運営してる航空会社がどの航空連合に属しているのかもかなり重要となってきます。

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑