JAL/ ANA/ ユナイテッド航空/ デルタ航空の特典航空券の交換マイル数

このエントリーをはてなブックマークに追加 

特典航空券-交換マイル数の早見表

たとえ目的地が同じでも、マイレージプログラムが違えば特典航空券に必要なマイル数もやはり違ってきます!

 

ここでは各航空会社 (ANA、JAL、ユナイテッド航空、デルタ航空) の国内6ヶ所、海外12ヶ所の必要マイル数の違いを表にしています。

 

 

ザッと見てそれぞれの地域・国と各航空会社に応じたマイル数のイメージをつかんでください。

 

(飛行距離が長くなるにつれ、必要マイル数も多くなる傾向にあることが分かると思います。)

 

日本国内 (片道・往復/エコノミー) (2014年版)

都市 ANAマイル JALマイル UAマイル DAマイル
H R L 通常 JAL
割引
ディス
カウント
Standard Saver スカイ
マーク
ジェット
スター
タイ・エア
アジア
東京⇔大阪 11,250
(15,000)
9,000
(12,000)
7,500
(10,000)
9,000
(12,000)
8,500
(11,000)
7,500
(10,000)
20,000
(40,000)
10,000
(20,000)
-
東京⇔名古屋
東京⇔札幌 13,500
(18,000)
11,250
(15,000)
9,000
(12,000)
11,250
(15,000)
10,750
(14,000)
9,000
(12,000)
20,000
(20,000)
東京⇔福岡
東京⇔沖縄 15,750
(21,000)
13,500
(18,000)
10,500
(14,000)
大阪⇔沖縄 13,500
(18,000)
11,250
(15,000)
9,000
(12,000)
-

※ 各航空会社のエコノミーの片道・往復に必要なマイル数です。()内は往復のマイル数です。
※ ANA:搭乗時期によって必要マイル数が変動します(H:ハイシーズン、R:レギュラーシーズン、L:ローシーズン)
※ JAL:搭乗時期とJALカードの有無によって必要マイル数が変動します。
※ UA(ユナイテッド航空):StandardまたはSaverの選択制です。
   Standard=座席数は多いけど必要マイル数も大きい、Saver=必要マイル数は小さいけど座席数は限られる
※ DA(デルタ航空):提携航空会社のスカイマーク/ジェットスター/タイ・エアアジアの必要マイル数です。
※ 「-」は各航空会社の非対応区間です。

 

( よく分からない場合は時期や座席の状況で必要マイル数が変わる!を見てください。)

 

 

海外 (往復/エコノミー) (2014年版)

都市 ANAマイル JALマイル UAマイル DAマイル
H R L 通常 JAL
割引
ディスカウント Standard Saver ピーク スタンダード セーバー
ソウル (韓国) 18,000 15,000 12,000 15,000 14,000 12,000 60,000 30,000 60,000 40,000 15,000
香港 (中国) 23,000 20,000 17,000 20,000 19,000 17,000 80,000 45,000 - 30,000
シンガポール 40,000 35,000 30,000 35,000 34,000 30,000 100,000 80,000 45,000
グアム - 20,000 19,000 18,000 50,000 25,000 100,000 80,000 45,000
シドニー
(オーストラリア)
40,000 39,000 30,000 80,000 45,000 - 80,000
オークランド
(ニュージーランド)
-
ハワイ 45,000 40,000 35,000 40,000 39,000 35,000 120,000 50,000 140,000 100,000 60,000
ロサンゼルス 60,000 50,000 40,000 50,000 49,000 40,000 150,000 70,000 175,000 130,000 80,000
ニューヨーク 65,000 55,000 45,000
ロンドン 65,000 55,000 45,000 55,000 54,000 45,000 200,000 90,000 - 110,000
パリ
ミュンヘン -

※ 各航空会社のエコノミーの往復に必要なマイル数です。
※ ANA:搭乗時期によって必要マイル数が変動します(H:ハイシーズン、R:レギュラーシーズン、L:ローシーズン)
※ JAL:搭乗時期とJALカードの有無によって必要マイル数が変動します。
※ UA(ユナイテッド航空):StandardまたはSaverの選択制です。
   Standard=座席数は多いけど必要マイル数も大きい、Saver=必要マイル数は小さいけど座席数は限られる
※ DA(デルタ航空):座席の空き状況により必要マイル数が変動します。
   ピーク=座席の残りは少し、スタンダード=座席はほどほどに残っている、セーバー=座席は余っている
※ 「-」は各航空会社の非対応区間です。

 

( よく分からない場合は時期や座席の状況で必要マイル数が変わる!を見てください。)

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑