TOP&ClubQ JMBカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

TOP&ClubQ JMBカード (PASMO分離型・一体型)

東急百貨店や東急ハンズ等の東急ポイント加盟店で1%〜10%のボーナスポイントを贈呈
東急線の定期券購入代金の3.5%分のポイントが貯まる
PASMOのオートチャージ+利用で200円毎に3ポイント
一体型だとPASMO機能がカードに搭載!

 

【⇒ TOP&ClubQ JMBカード (PASMO分離型・一体型) の公式サイトへ】

 

カードの概要

東急グループ加盟店での利用で凄まじく得できるTOP&ClubQカードに、JMB (JALマイレージバンク) の機能が合わさった多機能カードです。

 

そして、東急系の店・サービス (東急百貨店/ 東急スクエア/ 東急ハンズ/ 東急線など) で大幅なポイント還元を受けられたり、電子マネーPASMOを搭載できたりするのが最大の特徴となります。

 

 

当カードのサービスは多彩すぎて少し分かりにくい面があるのですが、知っといてほしいのは以下の6点です。

  1. カード利用200円ごとに、TOKYUポイントが1ポイント貯まる。 (通常ポイント)
  2. TOKYUポイント加盟店だと、各店舗設定のボーナスポイントが貰える。 (最大10%)
  3. 加盟店でなくても、通常ポイントを2倍にできる。 (200円毎に2ポイント)
  4. PASMOオートチャージ (自動入金) を利用すると、チャージ時のポイントが2倍貰える。 (200円毎に2ポイント)
  5. 定期券 (東急線) をカードで買うと、購入金額の3%分のボーナスポイントが貰える。 (毎年初回限定)
  6. 貯まったポイントは、加盟店での割引き/ PASMOやSuicaへの移行/ JALマイルへの移行などに使える。

東急系ショップや東急線の近くに住んでる人は使わないと絶対損なカードです!

 

 

ちなみにPASMO分離型カードと一体型カードの違いは、クレジットカードにPASMOを内蔵できるか否かの違いだけで、その他サービスはまったく同じとなります。

 

また、TOP&ClubQ JMBカードの一般カードには他にも2種類 (コンフォートメンバーズ機能付) があるので、PASMO分離型と一体型を含めると合計4種類があることになります。

 

これら4枚の共通点や各カード独自の特徴の比較については、東急TOP&ClubQ JMBカードの比較・解説を参考にして下さい。

 

年会費と国際ブランド

年会費は初年度が無料、翌年以降は1,000円+税となります。

 

ブランドはVISAとMasterCardのどちらかを選べます。

 

ポイントプログラム

一般店だとカード利用200円毎に、TOKYUポイントが1ポイント貯まります。

 

一般店だとポイント還元率は0.5%にすぎないですが、以下の場合にはポイントが余分に加算されるので、還元率はより高くなります!

  • TOKYUポイント加盟店だと、100円毎に1〜10ポイント、または200円毎に2ポイントが加算
  • 一般店 (加盟店以外) だと、『TOP&Webプラス (カード会員専用ネットサービス)』 と 『ご利用代金Web明細サービス』への登録で、200円毎に1ポイントが加算

 

なので通常ポイントと加算分を合計すると、加盟店では200円で合計3〜21ポイントが貯まり、還元率は1.5%〜10.5%に達します!

 

(加算ポイントは、例えば東急百貨店で1%〜10%、東急スクエアで3%、東急ハンズで1%となります)

 

 

また一般店だと、200円で合計2ポイントなので、還元率は1.0%となります。

 

一般店で還元率を1.0%に上げるには上記2つのサービスへの登録が必要ですが、両サービスとも無料で登録を行なえますし、使い勝手も良いので、カード利用者の大半の人が活用することになると思います。

 

なので当カードの最低還元率は、実質的には1.0%の高さと言えます!

 

PASMOオートチャージ

電子マネーPASMOにチャージ (入金) するとき、手動でのチャージだとポイントは付きません、、

 

しかしPASMOオートチャージ機能を使うと、チャージ200円毎に1ポイントが貰えます!

 

(PASMOオートチャージは手持ち、または新規のPASMOとカードを紐付けることで利用できます。

 

分離型のTOP&ClubQ JMBカードのみ、紐付け設定が必要となります。)

 

 

さらにWEB明細サービスに登録し、オートチャージすることで、獲得ポイントが2倍となります! (200円毎に2ポイント)

 

また、PASMOは通常200円の利用で1ポイントが付与されるので、利用時のポイントも加えると、200円で合計3ポイントも貯まります (還元率1.5%)!

 

 

ちなみにPASMOは右上のマークが付いてる店やサービスで使えます。

 

主に東急線や首都圏の電車・バス・自動販売機などに付いてます。

 

毎年1回目の東急線の定期券購入代金の一部還元ボーナス

「TOP&Webプラス」 と 「WEB明細サービス」の2つに登録した状態で東急線の定期券を購入すると、毎年初回の購入時に定期券代金の3%分のポイントが余分に貰えます!

 

例えば5万円の定期購入だと250ポイント (通常ポイント) と1,500ポイント (還元ボーナス) が付与されるのでで、合計1,750ポイントが貯まります!(合計3.5%)

 

ポイントの使い道

貯まったTOKYUポイントは、

  • 加盟店でのショッピング代金の割引き (1ポイントで1円オフ)
  • 東急プラザの買い物券 (500ポイントで500円分)
  • 109シネマズ港北・グランベリーモールでの優待券 (1,500ポイントで1,500円分)
  • PASMO/ Suicaへの移行 (1,000ポイントで1,000円分)
  • JALマイルへの移行 (2,000ポイントで1,000マイル)

に活用できます!

 

東急系列店でよく買い物する人、東急線の定期券やPASMOを日常的に使う人には使いやすいポイントです!

 

auユーザー限定のボーナス

何と凄いことに、auの無料情報配信サービス『TOKYUモバイル』に登録するだけで、auケータイ使用料の3%分のポイントが貰えます!

 

使用料を当カードで支払う必要はなく、ただ登録するだけ貰えます。嬉

 

総合評価

東急系ショップ・サービスやPASMO利用者は持ってないと絶対損なカードです!

 

東急系ショップで還元率3%超なんてザラですし、東急線の定期券購入で3.5%、PASMOのオートチャージ&利用で1.5%なんかも美味しすぎます!

 

 

ちなみに分離型か一体型のどちらを選ぶべきか?なんですが、特にこだわりがなければ一体型をおすすめします。

 

一体型だとPASMOカードを余分に持ち歩く必要がなくなるからです。

 

【⇒ TOP&ClubQ JMBカード (PASMO分離型・一体型) の公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社東急カード株式会社
初年度年会費無料
翌年以降年会費1,000円+税
提携ブランドVisa/ Master
利用限度額個別に設定
チャージ時にポイント付与Edy (VISAのみ)/ Suica / ICOCA / PASMO
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ 分割払い/ リボ払い
支払日15日締め/ 翌月10日払い
申込資格18歳以上で安定した収入のある人、またその配偶者
リボ手数料実質年率15.00%
キャッシング金利実質年率18.00%

 

ポイントプログラム

プログラム名TOKYUポイント
ポイント付与レート 通常200円毎に1ポイント
(東急系サービスやPASMO利用等で大幅上昇)
ポイントの使い道 ポイント加盟店での買い物代金から1ポイント (1円相当) 単位で割引

『TOKYUポイントお買い物券と交換』

 

東急プラザ・・500ポイント単位で、お買物券500円分
109シネマズ港北・グランベリーモール・・1500ポイント単位で、特別ご優待券1500円分
ショッピングセンター・・500ポイント単位で、お買物券500円分

1,000ポイント単位で、PASMOまたはSuica 1,000円分と交換

ポイント有効期限3年
標準還元率

一般店: 0.5〜1.0%
ポイント加盟店: 1.5〜10.5%
PASMO: 1.0〜1.5%

入会特典-
ボーナス特典

『ポイント加盟店限定のボーナスポイント』

 

通常ポイント (200円毎に1ポイント) に加え、
東急百貨店、ShinQs (シンクス): 100円毎に1〜10P
Shibuya Hikarie、東急スクエア: 100円毎に3P
日吉東急avenue、グランベリーモール: 100円毎に3P
港北TOKYU、レミィ五反田: 100円毎に3P
東急プラザ、東急ハンズ: 100円毎に1P
東急ストア・プレッセ: 200円毎に2P

『一般店限定のボーナスポイント』

 

TOP&WebプラスとWeb明細サービスへの登録で、ポイント2倍 (200円毎に2P)

PASMOオートチャージの利用で、チャージ200円毎に1〜2P付与
毎年初回の東急線の定期券 (東急線) 購入で、3%分のポイント還元

マイル交換

2,000ポイント ⇒ 1,000 JALマイル

その他サービス TOKYUモバイル×au by KDDIコラボレーションプログラム

オンラインモール 「TOP&ネットモール」 経由で、利用額の1〜20%分のポイントが余分に付与

 

対象のショップは、
東急ハンズネットストア、オルビス、ファンケルオンライン: 3%
資生堂: 2%
楽天、Yahoo!ショッピング: 1%
など多数

1,000 TOKYUポイント ⇒ 1,000 NEXCO中日本ショッピングポイント

 

(NEXCO中日本ショッピングポイントは、高速料金の割引きなどに利用可能)

 

付帯サービス

国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
海外旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療最高100万円
疾病治療最高100万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
携行品損害最高20万円 (免責3千円)
ショッピング保険-
ネットセーフティ-
ロードサービス-
その他

『紛失・盗難保険』

 

カードの紛失・盗難による不正利用の被害を補償

 

 

TOP&ClubQ JMBカードで実際生活したときのポイント還元数は?

当カードを東急線や東急グループで使いつつ、一般の店や日常固定費の決済用としても活用するといくらのTOKYUポイントが還元されるのかをシミュレートしてみました。

 

東急線沿線や東急ショップによく立ち寄る首都圏在住の人は、特に参考にしてください。

 

月間利用額 月間獲得P
(P=ポイント)
年間利用額 年間獲得P
ShinQs(シンクス)で
衣料品を月1万円分購入
通常ポイント:50P
ボーナスポイント:300P
(付与率3%と仮定)
12万円 4,200P
東急ストア・プレッセで
食料品を月4万円分購入
通常ポイント:200P
ボーナスポイント:400P
48万円 7,200P
東急プラザで日用品を
月5,000円分購入
通常ポイント:25P
ボーナスポイント:50P
6万円 900P
PASMOオートチャージを
月5,000円分利用
チャージポイント:50P
利用ポイント:25P
6万円 900P
半年分の定期券
4万円(東急線)を購入
通常ポイント:200P
ボーナスポイント:1,200P
8万円 1,600P
(ボーナスポイントは、
毎年最初の購入のみ)
一般店の買い物
5万円利用
通常ポイント:250P
ボーナスポイント:250P
60万円 600P
電気・ガス・水道代
・ケータイ代・ネット通信費
など毎月3万円
通常ポイント:300P 36万円 3,600P
合計:176万円 獲得P:19,000P
還元率:1.10%

 

【⇒ TOP&ClubQ JMBカード (PASMO分離型・一体型) の公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑