イオンゴールドカードの招待条件や通常イオンカードとのスペック比較の話

このエントリーをはてなブックマークに追加 

イオンゴールドカードのインビテーション条件や各種ラウンジ、その他メリットのまとめ

ゴールドなのに、本会員・家族会員・ETCカードの年会費がすべて無料
国内6空港12ラウンジを無料利用可
全国のイオンラウンジを利用可(最大4人)
一度ゴールド会員になると、以降はカードの利用状況を問わず、永久にゴールド会員を継続

 

 

イオンゴールドカードの概要

イオン銀行発行の年会費無料のゴールドカードです。

 

 

一般のイオンカードの機能 (毎月20日・30日はイオン系列で5%割引など) に、ゴールド限定の機能が搭載します。

 

 

■ゴールド限定機能

  1. 全国のイオンラウンジに入室可(カード会員を含む最大4人)
  2. 国内6空港12ラウンジを無料利用可(羽田・成田・新千歳・伊丹・福岡・那覇)
  3. 最高3,000万円の国内旅行保険/ 最高5,000万円の海外旅行保険が付帯
  4. ショッピング保険の増額(年50万円⇒年300万円)

 

 

スポンサーリンク

 

 

当ゴールドカードは申込制ではなく、イオンからのインビテーション制 (招待制) になります。

 

 

具体的には、以下のどれかのカードの直近1年のカードショッピング累計が100万円以上で、インビテーションが届きます。

 

 

イオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)

 

 

1年で100万円は決して簡単ではないですが、一度ゴールドになると、後はカードの利用状況に関係なく、更新時は常にゴールド会員扱いになります。

 

 

(極端な話、カードを1円も使わなくてもゴールド会員でいられます)

 

 

年会費無料で上記特典が付いたり、半永久的にゴールドを維持できたりと、まさに恐るべしカードです!!

 

 

ここからはそんなお得なイオンゴールドカードの限定機能の中身について、より詳しく解説します。

 

 

全国のイオンラウンジに入室可

イオンラウンジとは、それなりに規模の大きいイオン店舗 (主にイオンモール) に設置の無料の休憩所のことです。

 

 

ゴールドカード1枚で、最大4人 (会員本人+同伴者3人まで) がラウンジに入室できます。

 

 

入室時間は1組最大30分で、ラウンジ内ではドリンク (イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の試供品) やお菓子の提供を受けられます。

 

 

ラウンジの一例として、イオンモール京都桂川のラウンジの様子を紹介します。

 

 

イオンラウンジの入口には、"AEON LOUNGE"との英語表記があります。

 

 

ラウンジの入口はモール内にひそりと位置し、その所在地は多少分かりにくく、イオン店員に場所を聞いてやっとラウンジに辿り着きました。

 

 

ラウンジはかなり広く、高級感溢れる設計で、読書する人や連れの人との会話を楽しむ人など、様々なスタイルでくつろいでいました。

 

(平日にもかかわらず、かなり人がいました)

 

 

ラウンジではスタッフが菓子を持ってきてくれたり、セルフサービスで飲み物 (コーヒー・ジュースなど) を自由におかわりできたりします。

 

 

お替り自由の飲み物サービスは、特に夏場の暑い時期に重宝すると思います。

 

 

実際、僕がラウンジを訪れた8月は、ドリンクが相当減ってました。

 

 

おそらく何杯でも無料をいいことに、誰かが飲みまくったのだと思います。笑

 

 

尚、ラウンジ入室はゴールドカード以外に、以下のどれか1枚 (の提示) でも許可が下ります。

 

 

カードの種類 カード発行の条件
株主さまご優待カード (オーナーズカード) イオン株式会社の株を100株以上保有 (1株=2,363円)
イオンラウンジ会員証 イオン系列の直営売場で、一般イオンカードを直近40万円以上利用
イオン北海道株主優待カード イオン北海道(株)の株を500株以上保有 (1株=766円)
イオン九州お客さま株主カード イオン九州(株)の株を100株以上保有 (1株=約1,977円)

※上記株価は2019/4/1時点のものです。株価は時期により変動します。

 

 

現状、ラウンジ利用を目指すなら、イオン九州お客さま株主カード (20万円弱) を入手するのが最も安上がりです。

 

 

国内6空港12ラウンジに無料で入室可

カード会員はゴールドカードと当日の搭乗券、または航空券を提示すると、国内主要6空港の計12ラウンジを無料で使えます。(同伴者は有料)

 

 

■12ラウンジ

  1. 羽田空港(第1ターミナル):POWER LOUNGE (SOUTH/ NORTH/ CENTRAL)
  2. 羽田空港(第2ターミナル):POWER LOUNGE (NORTH/ CENTRAL)、エアポートラウンジ(南)
  3. 成田空港(第2ターミナル):IASS Executive Lounge 2
  4. 新千歳空港(国内線):スーパーラウンジ
  5. 伊丹空港(大阪国際空港)(国内線):ラウンジオーサカ

  6. 福岡空港(国内線):くつろぎのラウンジTIME
  7. 福岡空港(国際線):ラウンジTIMEインターナショナル
  8. 那覇空港(国内線):ラウンジ華〜hana〜

 

 

 

(出典:暮らしのマネーサイト)

 

 

各ラウンジで以下のサービスを利用できます。

 

  1. フリードリンク
  2. TV視聴、新聞・雑誌の閲覧
  3. 喫煙スペース
  4. インターネット端末利用(有料)
  5. マッサージチェア(有料)
  6. コピー・FAX(有料)
  7. 無線LAN

(利用ラウンジによっては、一部サービス提供がない場合もあります)

 

 

搭乗予定の航空機が来るまで、ラウンジ内でドリンク片手にくつろげるのは、かなり気分が良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

最高3,000万円の国内旅行保険/ 最高5,000万円の海外旅行保険が付帯

一般のイオンカードに旅行保険はないですが、ゴールドだと以下の内容が付帯します。

 

 

国内旅行保険

死亡・後遺障害:最高3,000万円/ 入院補償:日額5,000円(最高180日)/ 通院補償:日額3,000円(最高90日)

 

(保険対象:国内の旅行代金等をイオンゴールドカードでクレジット払いした場合)

海外旅行保険

死亡・後遺障害:最高5,000万円/ 傷害治療費用:最高200万円/ 疾病治療費用:最高100万円/ 賠償責任:最高3,000万円/ 救援者費用:最高100万円/ 携行品損害:最高30万円 (自己負担3千円)

 

(保険対象:海外の旅行代金等をイオンゴールドカードでクレジット払いした場合)

 

 

年会費無料カードの内容 (旅行保険) としては、相当な奮発ぶりです!

 

 

ショッピング保険の増額

ショッピング保険自体は一般イオンカードにも付いてますが、ゴールドになると補償額が爆上がりします!

 

 

一般カード 最高50万円/年を補償 (購入日から180日有効)
ゴールド 最高300万円/年を補償 (購入日から180日有効)

 

 

ゴールドの補償額は一般カードの6倍という豪華さです!

 

 

これならカード購入品に万一トラブルが起きても安心ですね♪

 

 

(ショッピング保険は、イオンカードのクレジット払いで購入した5,000円以上の商品の紛失・盗難・破損などのトラブル発生時に適用されます)

 

 

ゴールドカードのインビテーション条件

先ほど書いたように、ゴールドカードは申込制ではなく、下の条件クリア者だけに届くインビテーション制 (招待制) です。

 

 

条件 以下のどれかのカードの直近1年のカードショッピング累計が100万円以上

 

(直近1年のカードショッピング累計は、毎月10日を基準日として遡った12ヶ月の合計利用額のことです)

対象カード イオンカード、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)

 

 

この条件クリアで、クリア月の翌月中旬頃にゴールドカードの案内が届きます。(イオン公式サイトに記載あり)

 

 

しかしネットの噂によると、インビテーションの条件は上記以外にもあるようです。

 

 

例えば、直近1年のイオン系列でのカードショッピング累計が60万円以上の場合が、それに該当するらしいです。

 

 

仮にこの話が本当なら、たとえ直近1年で100万円に満たなくても、イオン系列だけで60万円到達で、ゴールドにランクアップできることになります。

 

 

しかしこちらの条件はあくまでネット上の噂であり、イオン公式サイトに記載はないので、真偽のほどは不明ですが、、

 

 

(イオンクレジットサービスコールセンターに上記の真偽を尋ねたところ、"直近1年の累計が100万円到達で、招待が届きます"という、若干論点のズレたテンプレ的な回答が返ってきました。笑)

 

 

(噂はさておき、) 無駄な出費なしでゴールドを目指すなら、固定費や普段の買い物など、クレジット払いできるものは全て (一般の) イオンカードで支払うようにし、結果的に1年で100万円到達という状況を目指しましょう!

 

 

イオンゴールドカードの評価

一般的にゴールドカードは年会費有料ですが、イオンのゴールドカードに関しては永久無料です。

 

 

当ゴールドカードの主力特典のうち、特にイオンラウンジの入室 (最大4人) はイオン好きの人に重宝すると思います。

 

 

イオン来店時にラウンジで飲食 (お菓子・ドリンク) しつつ小休止すると、それだけで年数万円程のサービスを当ゴールドカードから受けたことになります!

 

 

イオンラウンジの1回の入室価値が仮に500円で、月に2回 (=年24回) 入る場合、年1万2千円相当のサービス価値となります。

 

 

同じように2人入室 (同伴者1人) だと年2万4千円、3人 (同伴者2人) だと年3万6千円、4人 (同伴者3人) だと年4万8千円の価値となります。

 

 

う〜ん、普通に凄い破壊力です!

 

 

他にも、国内のメジャー6空港の12ラウンジの無料利用や旅行保険 (国内・海外) の付帯、ショッピング保険の増額 (年50万円⇒年300万円)、毎月20日・30日はイオン系列で5%割引など、イオン内外を問わず色々な特典が付いてます。

 

 

イオン系列でよく買い物する人や、単純に年会費無料のゴールドカードが欲しい人にピッタリです。

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑