平和堂のHOPポイントが貯まるカードの話

このエントリーをはてなブックマークに追加 

平和堂/アル・プラザで買い物するなら、HOPカードを絶対に使おう!

平和堂 (アル・プラザ、フレンドマート、エールを含む) は滋賀・京都を中心に、関西・中部地方で店舗を構える総合スーパーです。

 

 

その地域の在住者は平和堂でちょくちょく買い物すると思いますが、その際、HOPカード (HOPポイントカード/ HOP-VISAカード/ HOP-Edyカード) を使ってますか?

 

 

HOPカードを平和堂レジで提示すると、税抜100円ごとにHOPポイントが1P (ポイント) 貯まりますし、食品売り場レジでカード提示+商品を入れる袋の受け取りを断ると、5P (エコポイント) が貯まります。

 

 

(つまりカード保有者は平和堂で食品 (合計100円以上) を買うと、1回清算当たり6P以上をゲットできるのす!嬉)

 

 

スポンサーリンク

 

 

また、貯まったHOPポイント (有効期限:最後にポイント数に変動があってから3年) は以下の2つの使い道があります。

 

  1. 500P単位でHOPマネー (平和堂で使える電子マネー) 500円分をカードにチャージ (HOPポイントカードとHOP-VISAカードが対象)
  2. 1,000P単位で、1,000円をキャッシュバック (全HOPカードが対象)

 

つまりHOPカードがあると買い物代金の一部が還元されてお得なので、平和堂利用者はなるべくカードを使うべきなのです!

 

 

ですがこれら3枚は先ほど説明した機能 (100円で1P、袋の受け取り拒否で5P) 以外に、各カード独自の機能が搭載しています。

 

 

そこで当記事では、

 

  1. まず最初に3枚の機能を比較形式で紹介し、
  2. 次に比較で触れなかった3枚共通の機能を紹介し、
  3. 最後に3枚の総評を行い、「どういう人がどのカードを選ぶべきか?」

 

という結論を出していきます。

 

 

尚、当記事はこの3枚 (HOPポイントカード/ HOP-VISAカード/ HOP-Edyカード) に限定し、話を進めてますが、平和堂で最も得するカードは、HOPポイントカードと何かのクレジットカード (例:楽天カード) の併用だということが既に判明しています。

 

 

この辺の話はすぐ下で詳しく書いてます。

 

【⇒ 平和堂/アル・プラザで買い物するなら、支払いはクレジットカードで行い、HOPカードは会員割引や水の無料補給に使おう】

 

3枚の機能を比較形式で紹介

■HOPポイントカード

 

年会費・発行手数料のどちらも無料で、平和堂サービスカウンターで即時発行してもらえます。

 

 

平和堂のレジで、現金決済+カード提示、あるいは平和堂商品券での決済+カード提示、またはHOPマネー決済で、買い物金額の税抜100円ごとに1Pが貯まります。

 

 

「補足」

HOPマネー決済するには、あらかじめカードにHOPマネーをチャージ (入金) しとく必要があります。

 

チャージ方法は、専用チャージ機でポイントをHOPマネーと交換 (500P ⇒ 500円チャージ) するか、現金チャージ (1,000円単位) のどちらかで行えます。

 

尚、HOPマネーの有効期限は、最後にマネー残高に変動があってから5年です。

 

 

ただしカードを提示しても、決済方法が他社クレジットカード (HOP-VISAカード以外) の場合、買い物金額に対するポイントは貯まりません。

 

 

例えば税抜2,000円の買い物清算時、現金+カード提示/ 平和堂商品券+カード提示/ HOPマネー決済のどれかだと20P獲得ですが、他社クレジットカード決済 (例えば楽天カード決済) +カード提示だと0Pです。

 

 

(他社クレジットカード決済の場合、そのカード会社が扱ってるポイントが貯まります。楽天カード決済の場合、楽天スーパーポイントが貯まります。)

 

 

また、先ほど紹介したエコポイント5Pは、"商品袋の消費削減の協力に対するポイント"なので、決済方法を問わず、カード提示者の全員が貰えます!嬉

 

 

■HOP-VISAカード

 

HOP-VISAカード (発行元:三井住友カード株式会社) はクレジット機能を備えたHOPポイントカードのことです。

 

 

年会費は入会1年目が無料、2年目以降は年1回でもクレジット利用すれば無料で、発行手数料も無料です。

 

(2年目以降で年に1回も利用がなければ、1,250円+税の年会費が発生します)

 

 

申込方法はネット申込/ 平和堂各店舗に設置の申込書の郵送の2通りがあり、即時発行は不可で、自宅にカードが届くまでに数日〜1週間ほどかかります。

 

 

HOP-VISAカードの機能の7割は今紹介したHOPポイントカードと同じなので、残り3割について説明します。

 

 

HOP-VISAカードには電子マネーiD (後払い型) の機能が内蔵し、平和堂での買い物をiDで行うと、税抜100円ごとにHOPポイントが1P+税込1,000円ごとにワールドプレゼントポイント (三井住友カードのポイント、以下WPと表記) が1P (5円相当) 貯まります!

 

(当カードのクレジット決済でも、HOPポイントとWPの両方が貯まります)

 

 

例えば平和堂で税抜5,000円 (税込5,400円) の買い物を当カードのiD/ クレジット決済にて行うと、HOPポイントが50P+WPが5P貯まるので、この時の買い物だと75円分のポイントが還元されます。(50P×1円+5P×5円)

 

 

還元率換算だと1.39%になります。(75円÷5,400円)

 

その買い物が食品の場合はエコポイント5Pが付くので、1.48%です!(80円÷5,400円)

 

 

ここで注目すべきは、他社クレジットカード決済+HOPポイントカード提示だと、買い物代金に対するHOPポイントは貯まらないのに対し、HOP-VISAカードのiD/ クレジット決済だと代金分のHOPポイントが貯まるという違いです!

 

 

先ほどの買い物 (税込5,400円) を例えば楽天カード決済+HOPポイントカード提示で行うと、非食品売り場だとHOPポイントは0P、食品売り場だとエコポイントだけとなります。

 

なのでHOPポイントをガンガン集めたい人は、HOP-VISAカードを作るようにしましょう!

 

 

それと毎月第3日曜の平和堂で、HOP-VISAカードのiD決済にて買い物すると、5%割引 (iD請求料金が5%割引) の優待を受けられます。(優待は2018年2月の第3日曜までが対象)

 

 

ということは、どこかの月 (month) の平和堂で税抜5,000円 (税込5,400円) の買い物をiD決済すると、請求金額が税込270円割引 (5%) かれ、実費の税抜4,750円 (税込5,130円) に対し、72円相当 (47P×1円+5P×5円) のポイント還元を受けられます。

 

 

つまり5%割引が加わることにより、事実上342円の還元がなされるので、毎月第3日曜だと還元率は6.3%となります!(342円÷5,400円)

 

 

また、その買い物が食品売り場なら、エコポイントが入って347円の還元なので、6.4%です!(347円÷5,400円)

 

平和堂で買い物する人は、尚更HOP-VISAカードを作りましょう!

 

 

ちなみに平和堂で徹底的に節約したいなら、平和堂アプリの割引クーポンを使い倒しましょう。

 

クーポンは特に食品関連が豊富で、例えば食パン、チョコレート、チーズ、ヨーグルト、ケチャップ、コーヒー等々、多品目を安価で買えるようになります。嬉

 

【⇒ 関連:平和堂/アル・プラザで安く買い物するなら、クーポンアプリを使おう!】

 

 

■HOP-Edyカード

 

HOP-Edyカード (年会費無料・発行手数料300円) は、HOPポイントカードからHOPマネーをなくし、代わりに楽天Edy (電子マネー) を付けたものになります。

 

平和堂の買い物をEdy決済で行うと、税抜100円で1Pが貯まります。

 

 

しかし当カードのEdyは楽天スーパーポイントは貯まらなので、そこは注意です!

 

(通常、Edy決済できる店だと税込200円で楽天スーパーポイントが1P貯まります)

 

 

スポンサーリンク

 

 

3枚の機能を一通り紹介したので、次に表により各機能の有無をまとめます。

 

(HOPの文字は略してます→) ポイントカード VISAカード Edyカード
発行手数料 無料 無料 300円
年会費 無料 1年目:無料
2年目:年1回以上利用で無料
無料
カード受取 即時 数日〜1週間 即時
現金払い+カード提示で、税抜100円で1P
平和堂商品券払い+カード提示で、税抜100円で1P
HOPマネー払いで、税抜100円で1P ×
iD払いで、税抜100円で1P × ×
HOP-VISAカード払いで、税抜100円で1P+税込1,000円でWPが1P × ×
食品売り場のエコポイント5P
HOP-VISAカード払いで、税抜100円ごとに1P × ×

 

比較で触れなかった3枚共通の機能を紹介

■月末感謝デー「ポイント3倍」

 

毎月末の土曜・日曜の2日間に平和堂で、HOPポイントが付く払い方で買い物すると、税抜100円ごとに3Pが貯まります。

 

還元率は何と3%です!嬉

 

 

■年末家計応援「ポイント5倍」

 

毎年12月の中旬・下旬当たりの数日間 (5日間前後) に平和堂で、HOPポイントが付く払い方で買い物すると、税抜100円ごとに5Pが貯まります。

 

還元率は脅威の5%です!凄

 

 

■カード提示で各種施設の割引優待

 

HOPカード会員様限定「ご優待施設ガイド」に掲載の施設 (レジャー・観光/ アミューズメント/ リゾート/ 温泉・スパ/ ホテル・レストラン/ 飲食/ ガソリン/ スポーツ等) 利用時の会計前にHOPカードを提示すると、利用料の割引を受けらえます。

 

 

 

おおまかな印象としては、5〜10%引きです。

 

【⇒ 関連:平和堂HOPカードの各施設の割引優待は、関西・中部地方でかなり強力!】

 

総評、そして「どういう人がどのカードを選ぶべきか?」の結論

手軽にポイントを貯めたい、クレジットカードを持たずに貯めたい人は、HOPポイントカードを持ちましょう!

 

このカードの時点で十分にポイントが集まります。

 

 

また、ガッツリ貯めたい人は、HOP-VISAカードにしましょう。

 

HOP-VISAだとクレジット払いでも、平和堂での買い物に対しポイントが付くので、ポイントカードよりも効率的に貯まります!

 

 

ちなみにHOP-VISAは2年目以降、1,250円+税の年会費が発生しますが、年1回でもクレジット利用すれば全額免除されるので、年会費は実質無料です。

 

 

一方、HOP-Edyカードは発行手数料が有料 (300円) の割りに、特筆すべき機能はないですし、HOPマネー機能なしのため、ポイント交換の最小単位が当カードだけ1,000P (キャッシュバック) と、かなり不便です。

 

(他2枚の最小単位はHOPマネーチャージの500P)

 

 

ということでHOPカードを作るなら、HOP-Edyは選択肢から外し、残り2枚の中から選ぶようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑