小田急ポイントカードの実用的な還元率を計算しています!

小田急ポイントカード (OPクレジット) の還元率を算出する

小田急百貨店や小田急線などで爆発的にポイントが貯まるカード

基本ポイントプログラム

200円毎に小田急ポイントが1P (ポイント) 貯まります。

 

年会費は500円+税ですが、年1回以上の利用で無料です。

 

小田急ポイントサービス加盟店で、1P単位 (1円の価値) で利用可能です。

 

(加盟店の例)

  • 小田急百貨店
  • 新宿ミロード
  • Odakyu OX
  • 相模大野駅ショッピングセンター station SQUARE

 

ポイント有効期限は3ヶ月〜1年3ヶ月です。

加盟店ボーナス

ポイントサービス加盟店だと、以下の割合でボーナスポイントが貰えます。

  • 小田急百貨店 ⇒ 本体価格の5%〜10%
  • 新宿ミロード ⇒ 本体価格の5%
  • Odakyu OX ⇒ 本体価格200円毎に1P
  • station SQUARE ⇒ 本体価格の1%
小田急電子マネーご利用ポイント

電子マネーポイント加盟店でのPASMO払いで、利用額の1%のボーナス

 

(PASMOオートチャージ機能の設定が必要)

小田急乗車ポイント

PASMOで小田急線に乗車した、毎月1日〜末日までの運賃総額に応じ、
利用額の0%〜7%のボーナス

 

 

(PASMOオートチャージ機能の設定が必要)

 

【⇒ 小田急ポイントカード (OPクレジット) の詳細へ】

 

【⇒ 小田急ポイントカード (OPクレジット) の公式サイトへ】

 

 

カード利用額(月額1万円から40万円)と還元率の関係

 

最大還元率/平均還元率など

初年度還元率 翌年以降還元率
最大還元率 2.31% (月1万利用時) 1.89% (月1万以上利用時)
平均還元率 1.93% (月1〜40万の平均) 1.89% (月1〜40万の平均)
2万円利用(月額) 2.10% 全利用額で1.89%
6万円利用(月額) 1.96%
10万円利用(月額) 1.93%
20万円利用(月額) 1.91%
30万円利用(月額) 1.90%
40万円利用(月額) 1.90%

 

 

還元率が上記グラフや表のようになる根拠

上記の結果となる根拠を、

 

・初年度に月6万円カード利用する場合

 

・翌年以降に月6万円カード利用する場合

 

の2種類を例にして説明します。

 

説明のために、まずは還元率の計算に含まれるものの確認をし、次に具体的な計算式を見ていきます。

 

(計算に含まれるもの)

 

オンライン入会ボーナス500ポイントは計算に含めます。

 

また、年1回以上のカード利用で年会費は無料となるので、年会費はゼロとして扱います。

 

 

小田急ポイントカードの還元率は、月間カード利用額の何%を小田急ポイントサービス加盟店で使い、どのボーナスポイントを計算に入れるかによって大きく変わってきます。

 

 

通常利用する分には0.50%の還元率にすぎませんが、加盟店だと最大10%のボーナスポイントが付与されることを考えると、カードのメイン所有者は加盟店を頻繁に利用する人だと思われます。

 

なのでカード利用額のうち30%を加盟店で使うとし、ボーナスポイント付与率を5%と想定します。

 

 

この条件の元、例えば1ヶ月の利用額が税込5万円 (本体価格46,296円) の場合、まずは通常ポイントとして250ポイントが付与されます。

 

そして加盟店ボーナスとして、46,296円の30%に相当する金額のさらに5%である694ポイントを獲得できることになります。

 

つまり税込5万円だと、合計944ポイントを獲得できるという考え方です。

 

 

一方、『小田急電子マネーご利用ポイント』 と 『小田急乗車ポイント』 の2つのボーナスは、還元率の計算から省きます。

 

小田急線の売店・自販機の利用頻度や、乗車ポイントを獲得できる・できないはその人のライフサイクルで大きく異なるからです。

 

管理人の主観がかなり入ってますが、上記の方針で還元率を算出します。

 

 

初年度に月6万円カード利用する場合

 

年間獲得ポイントと年間キャッシュバック

通常P (P=ポイント) 月300P×12ヶ月
特別Pまたは
キャッシュバック
『加盟店ボーナス』 月833P×12ヶ月

 

税別55,555円(税込6万円)の30%を加盟店利用し、
ボーナスポイント付与率を5%と想定

 

『オンライン入会特典』 500P

年間合計 14,096P

 

還元率の算出

算出根拠 結果
年間獲得P 14,096P×1年 14,096P
1Pの価値 小田急ポイントサービス加盟店で
1P = 1円として利用可能
1P = 1円
還元額 14,096P×1円 14,096円
年会費 0円×1年 0円
カード利用額 6万円×12ヶ月 72万円
還元率 14,096円÷72万円 1.96%

 

 

翌年以降に月6万円カード利用する場合

 

年間獲得ポイントと年間キャッシュバック

通常P (P=ポイント) 月300P×12ヶ月
特別Pまたは
キャッシュバック
『加盟店ボーナス』 月833P×12ヶ月

 

税別55,555円(税込6万円)の30%を加盟店利用し、
ボーナスポイント付与率を5%と想定

年間合計 13,596P

 

還元率の算出

算出根拠 結果
年間獲得P 13,596P×1年 13,596P
1Pの価値 小田急ポイントサービス加盟店で
1P = 1円として利用可能
1P = 1円
還元額 13,596P×1円 13,596円
年会費 0円×1年 0円
カード利用額 6万円×12ヶ月 72万円
還元率 13,596円÷72万円 1.89%

 

 

還元率バカ (サイト管理人) はこう考える!

全国的には0.50%の還元率しかありませんが、小田急百貨店、新宿ミロードなど、小田急線駅の売店・自販機をよく使う人や、日常的に小田急線に乗車する人には重宝するカードです。

 

小田急百貨店、新宿ミロードなどは小田急ポイントサービス加盟店のボーナス対象店なので、還元率は順に最大10.5%、5.5%とバカ高い数字を記録します!

 

 

また、小田急線駅の売店・自販機だと「小田急電子マネーご利用ポイント」が加算されるので、(通常ポイントと合わせて)合計1.5%とかなりの還元率を提示します。

 

一方、小田急線に乗車すると、月間の利用運賃総額の最大7%分をボーナスとして受け取れるので、(通常ポイントと合わせて)最大7.5%分のポイントをゲットできます!

 

 

以上を踏まえると、小田急運営の店や小田急提供のサービスを高頻度で使う人は、カードの所有はもはや使命です!!

 

【⇒ 小田急ポイントカード (OPクレジット) の公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑