ライフカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

ライフカード

年会費は永久無料で、月4万2千円 (年50万円) 以上で1.2%超の還元率を記録
入会後1年はポイント1.5倍、ステージポイントで最大2倍、誕生月はポイント5倍
誕生月に比重をおいた使い方をすると2%超も可能
ポイントはVプリカ/ Amazonギフト券/ JCBギフトカード/ QUOカードなどと交換できる

 

【⇒ ライフカードの公式サイトへ】

 

カードの概要

年間カード利用額が合計50万円以上か、あるいは誕生月 (自分の誕生日がある月) 中心に使うとポイント還元率が高くなるカードです。

 

還元率は通常0.5〜0.7%なんですが、

  1. 年50万円で300ポイント加算
  2. 年50万円以上で獲得ポイント1.5倍、年150万円以上で獲得ポイント2倍
  3. 誕生月は獲得ポイント5倍

という大きいボーナスポイントがあるので、年50万円以上だと1.2%超、年150万円以上だと1.4%以上を記録します!

 

 

また、誕生月のポイント5倍に注目し、その時期に集中的に使うと、還元率はさらに上昇します。

 

カードの利用を例えば誕生月だけに完全に限定 (誕生月10割) すると、最低2.5% (0.5〜0.7%の5倍) となりますし、7割に減らしても1.9%、さらに減らして5割でも1.5%の高さとなります!凄

 

年会費と国際ブランド

年会費は本会員カード、家族会員カード、ETCカードともに永久無料です。

 

ブランドはVISA、MasterCard、JCBの中から選べます。

 

基本ポイントプログラム

1回の買い物1,000円ごとに、LIFEサンクスポイントが1.0ポイント貯まります。

 

小数表記なのは、100円単位で0.1ポイントが付与されるからです!

 

小数ポイントが採用されてるため、ポイント対象外の端数が出にくい仕組みとなっています。嬉

 

しかも、ポイント有効期限は最大5年 (通常2年+最大3年の繰越が可能) とかなり長いので、ポイントを長期的に貯めることも可能です。

 

 

また、ポイントは約150種類のアイテムと交換でき、その中でも特に人気が高いのが以下のアイテムです。

交換アイテム 交換レート 還元率
Vプリカ 590ポイント ⇒ 3,000円分
980ポイント ⇒ 5,000円分
1,780ポイント ⇒ 10,000円分
3,550ポイント ⇒ 20,000円分
8,700ポイント ⇒ 50,000円分
14,800ポイント ⇒ 100,000円分
0.51%
0.51%
0.56%
0.56%
0.57%
0.68%
Amazonギフト券 1,800ポイント ⇒ 10,000円分
3,600ポイント ⇒ 20,000円分
8,800ポイント ⇒ 50,000円分
15,000ポイント ⇒ 100,000円分
0.56%
0.56%
0.57%
0.67%
JCBギフトカード
図書カード
QUOカード
JTB旅行券
1,000ポイント ⇒ 左記1つ5,000円分
1,800ポイント ⇒ 左記1つ10,000円分
8,800ポイント ⇒ 左記1つ50,000円分
15,000ポイント ⇒ 左記1つ100,000円分
0.50%
0.56%
0.57%
0.67%

 

ポイントをよりたくさん集めてから使うと、還元率も高くなるのはナイスですが、それでも0.5〜0.7%止まりとなってしまいます。

 

しかし、ライフカードはボーナスポイントのレベルが高いので、実際の還元率はもっと高くなります!

 

ボーナスポイント
初年度 翌年以降
新規入会ポイント 入会後1年間はポイント1.5倍 -
誕生月ポイント ポイント5倍 ポイント5倍
スペシャルボーナス 年50万円で+300ポイント 年50万円で+300ポイント
ステージ制プログラム スペシャルステージ - 前年50万円以上で、翌年の獲得ポイント1.5倍
プレミアムステージ - 前年150万円以上で、翌年の獲得ポイント2倍

 

具体的な還元率の高さはすぐ下で紹介しています。

 

ライフカードのリアルな還元率は?

まずグラフを見て下さい。

 

 

このグラフはカード利用額 (月1万円〜40万円) と還元率の関係を表したものです。

 

そして初年度の還元率に注目すると、月4万円〜5万円以上で1%超となります。

 

通常は0.5〜0.7%のはずなのに、この金額以上で1%超となるのは、スペシャルボーナス (年50万以上で+300ポイント) が加算されるからです。

 

年50万以上とは月4万2千円のことなので、このラインを境に還元率は1%を超えるか否かに分かれるのです。

 

 

そして月4万2千円の場合だと、リアルな還元率は次のように計算できます。

 

月4万2千円使う場合のリアルな還元率
合計ポイント

通常月: 42ポイント (1ヶ月のポイント)×11ヶ月=462ポイント
新規入会: 462ポイント×0.5倍=231ポイント
誕生月: 42ポイント×5倍=210ポイント
スペシャルボーナス: 300ポイント
-------------------------------------------------------
合計1,203ポイント

ポイントの価値

交換アイテムをVプリカ (980ポイントで5,000円分) と想定した場合、1,203ポイントの価値は6,138円 (1,203ポイント×5,000円÷980ポイント)

還元率 1.22%(6,138円÷年間利用額50万4千円)

 

 

また、翌年以降に注目すると、月4万円〜5万円内で還元率がドカンと上がり、月12万円〜13万円内でも再びドカンと上がっているのが分かると思います。

 

まず最初のドカンは、スペシャルボーナス (年50万以上で+300ポイント) とスペシャルステージ (年50万以上でポイント1.5倍) の2つが理由です。

 

そしてドカンが発生するタイミングは月4万2千円で、このときの還元率は初年度の月4万2千円と同様に、1.22%となります。

 

 

また、2度目のドカンはステージ制プログラムがスペシャルステージからプレミアムステージ (年150万以上でポイント2倍) に変わる時、つまり月12万5千円のタイミングで起こります。

 

そしてこのときのリアルな還元率は次のように計算できます。

 

月12万5千円使う場合のリアルな還元率
合計ポイント

通常月: 125ポイント (1ヶ月のポイント)×11ヶ月=1,375ポイント
プレミアムステージ: 1,375ポイント×1倍=1,375ポイント
誕生月: 125ポイント×5倍=625ポイント
スペシャルボーナス: 300ポイント
-------------------------------------------------------
合計3,675ポイント

ポイントの価値

交換アイテムをVプリカ (3,550ポイントで20,000円分) と想定した場合、3,675ポイントの価値は20,704円 (3,675ポイント×20,000円÷3,550ポイント)

還元率 1.38%(20,704円÷年間利用額150万円)

 

リアルな還元率をさらに詳しく知りたい場合は、こちらを見て下さい。

 

カードを誕生月中心に使う

ライフカードは誕生月はポイントが5倍なので、通常還元率を0.5%とやや低く見積もった場合でも、誕生月限定で使うと2.5%となります。

 

しかし中には、「12ヶ月のうち、特定の1ヶ月だけポイントが5倍になってもあまり意味なさそう、、」と考える人も多々いますが、実は年間利用額の50%を通常月 (誕生月以外) で使い、残りの50%を誕生月で使う利用の仕方でも1.5%の高さとなります。

 

つまり誕生月に極端にこだわらなくても、還元率は普通に高いのです。

 

 

今書いた、"50%を通常月で使い、残りの50%を誕生月で使う"とは、例えば年36万円カード払いするケースで言えば、誕生月に18万円、残り11ヶ月で18万円使いということです。

 

ここで年間利用額に占める誕生月と通常月の割合と、そのときの還元率の関係をまとめてみます。

誕生月 100% 80% 60% 40% 20% 0%
通常月 0% 20% 40% 60% 80% 100%
還元率 2.5% 2.1% 1.7% 1.3% 0.9% 0.5%

 

通常月で60%使ってもまだ1.3%の高さです!

 

ライフカード恐るべしですね。笑

 

総合評価

年50万円未満の人は使う価値は低いですが、それ以上の人には絶対使ってほしいカードです。

 

年会費が永久無料なのに、年50万以上というかなり緩いハードルのクリアで還元率は1.2%以上となりますし、年150万以上だと1.4%前後を記録する優秀さです!

 

あるいは誕生月のポイント5倍に照準を合わせ、この時期にポイントをガンガン貯める使い方もありですし、誕生月と通常月の割合を50%対50%ぐらいにし、手堅く1.5%を狙うのもありです!

 

 

逆に唯一の欠点は付帯保険が脆弱なことですが、保険は他カードで補えるので特に問題ありません。

 

以上、還元率を中心に書いてきましたが、一言でまとめると年50万円以上の人はライフカードを使うべしということです。笑

 

【⇒ ライフカードの公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社ライフカード株式会社
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
提携ブランドVISA/ Master/ JCB
利用限度額10万円〜200万円
チャージ時にポイント付与

全ブランド共通: EDY/ Suica/ ICOCA
JCB限定: nanaco

ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日5日締め/ 当月27日払い、または翌月3日払い(金融機関による)
申込資格

日本国内にお住まいの18歳以上(高校生を除く)で、電話連絡が可能な人
(未成年者は親権者の同意が必要)

リボ手数料実質年率15.0%
キャッシング金利実質年率15.0〜18.0%
家族
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
申込資格高校生を除く18歳以上の家族
家族
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料

 

ポイントプログラム

プログラム名LIFEサンクスプレゼント
ポイント付与レート1,000円毎に1.0ポイント (100円単位で0.1ポイントが付与)
ポイントの使い道

Vプリカ (ネット専用Visaプリペイドカード) (還元率0.51%〜0.68%)
Amazonギフト券 (還元率0.56%〜0.67%)
JCBギフトカード、図書カード、QUOカード、JTB旅行券 (還元率0.50%〜0.67%)

 

(上記を含め、約150種類の特典と交換可能)

ポイント有効期限2年〜5年 (通常2年ですが、LIFE-Web Deskで繰越手続きを行なうと+最大3年)
還元率0.5〜3.3%
入会特典入会後1年間はポイント1.5倍 (1,000円毎に1.5ポイント)
ボーナス特典

1. 誕生月はポイント5倍 (1,000円毎に5.0ポイント)
2. スペシャルボーナス (年間50万円以上の利用で300ポイント贈呈)
3. ステージポイント
年間50万円未満 ⇒ 次年度獲得ポイントが1倍
年間50万円以上 ⇒ 次年度獲得ポイントが1.5倍
年間150万円以上 ⇒ 次年度獲得ポイントが2倍

マイル交換300ポイント ⇒ 900 ANAマイル
その他サービス

『L-Mallでポイント最大25倍』

 

ライフカード運営のショッピングモール”L-Mall”経由で買い物すると、ポイントが最大25倍貯まります。(500店舗以上が参加)

 

Yahoo!ショッピング、ベルメゾンネット、DHCオンラインショップ: 2倍
nissen: 3倍

 

付帯サービス

国内旅行保険-
海外旅行保険-
ショッピング保険-
ネットセーフティ-
ロードサービス-
その他

『カード会員保障制度 (紛失・盗難保険)』

 

万一、カードが紛失・盗難に遭い不正使用されても、届け出日の60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をライフカードが負担

 

【⇒ ライフカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑