クレジットカードの審査落ちする様々な理由

このエントリーをはてなブックマークに追加 

審査落ちするその他の理由

カードの審査に落ちる主要な原因は、年収の低さや過去の滞納歴・自己破産歴が
信用情報機関に残っていること、サラ金から借入があることです。

 

しかしこれら以外にも審査落ちする原因はあります!

 

その原因とは例えば次のようなものです。

 

  • すでに多くのカードを所有している
  •  

  • カードの発行と解約を繰り返す
  •  

  • カード自体の発行基準が高い
  •  

  • 賃貸住宅に住んでいて、かつ引越し回数が多い

 

 

すでに多くのカードを所有している

 

滞納歴のない優良カードホルダーの人でも、あまりにたくさんカードを
所有してると審査に引っかかることがあります。

 

なぜなら各カードに設定された利用限度額は大したことなくても、
それらを合計するかなり大きい金額を利用することができるように
なるからです!

 

カード会社視点で考えると、いくら優良利用者だとしても、
月に200万円とか300万円を使える可能性を持った人にカードを
渡すのは不安なのです、、

 

もし絶対に欲しいカードがある場合は、不要なカード1、2枚を解約する
とか、各カードの限度額を引き下げる
などすることで対応できます。

 

 

カードの発行と解約を繰り返す

 

カードの発行・解約を露骨に繰り返すとカード会社から目をつけられます。

 

発行手続きと解約手続きはカード会社にとっては手間とコストのかかる
作業ですし、入会特典やボーナス目当てで申し込んでるだけだと思われる
可能性が高いので、もしそう判断されたらその会社のブラックリストに
入れられるかもしれません!

 

もしブラック認定されたら、本当にカードが必要となったときに作れなく
なってしまうので、(特に短期間での)発行・解約の繰り返しはやめましょう。

 

 

カード自体の発行基準が高い

 

特にゴールドカードと呼ばれる、サービスの質と年会費が高いカード
に当てはまることなんですが、カードの審査基準そのものが高い場合
です。

 

月のカード利用額の上限が数百万円とか、カードによっては1,000万円、
あるいは限度額なしのカードすらもあるので、必然的に審査基準も高く
なります!

 

(例えば三井住友VISAゴールドだと月間の限度額は200万円、
ダイナースクラブカードにいたっては上限がありません、、凄)

 

 

ですので、派遣社員やフリーターの身分だと確実に審査に通りませんし、
たとえ正社員であっても落とされることがよくあります。

 

ゴールドカードの審査をパスするには年収が高いことは当然なんですが、
それ以上に勤続年数が重要な指標となってきます。

 

カード会社からすれば、長年正社員として働いてる人ほど信用度が増すから
です。

 

また、いくら年収が高くても、常に廃業の危機と隣り合わせの自営業者も
敬遠されることが多いです。

 

 

特定のゴールドカードがどうしても欲しい場合に、審査を通りやすくする方法は、
最初は普通カードから入り、数年かけてそのカード会社の信用を勝ち取り、
タイミングを見計らってゴールドを狙いに行くのがベターな方法の1つです!

 

 

賃貸住宅に住んでいて、かつ引越し回数が多い

 

カードの申込欄に「持ち家か賃貸か」を記入(選択)する箇所があることから
も分かるように、持ち家に住んでることはかなり大きい評価ポイントです。

 

なぜなら、持ち家に居住しているとそう簡単には引越しできず、万一滞納
されたときにカード会社(または債権回収代行業者)がその滞納分を回収しに行き
やすいからです!

 

ですが、アパートやマンションといった賃貸物件や社宅住んでるからといって、
審査に通る可能性が明らかに下がったりはしません。

 

 

問題なのは、賃貸に加え引越し回数がかなり多い場合です。

 

賃貸利用者だとただでさえ手軽に引越しできるのに、実際に引越し回数が多い
となれば、万一滞納が起きたときにその滞納者が逃亡し、カード会社が損を
被る可能性が高いからです。

 

 

 

審査に通らない理由は他にもあるでしょうが、カード審査で一番
重要なことは、その人物は確実にカード利用料金を返してくれるか?
ということをカード会社は知りたがっているということです!

 

カード会社は我々カード利用者の代わりに立替払いをするという
リスクを犯しているので、その立替金を決済してくれなさそうな人
にはカードを与えたくないだけなのです。

 

カード審査に毎回引っかかる人は、このページと1つ前のページ
審査落ちする最大の理由は、、で話した内容をぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑