ステーキ宮は割引方法が豊富(Tポイント付与・JAF会員証の割引・スタンプカード・クーポンアプリ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ステーキ宮のランチ(サラダバー・ライスバーの単品)で、衝撃の事実が発覚!割引クーポンの話も

ステーキ宮は主に関東・関西・中部・北陸・東北・北海道に店舗がある、ステーキ&ハンバーグの飲食チェーンです。

 

 

そんなステーキ宮は2019/4/18から、サラダ・デザートやスープを食べ飲み放題できるサラダバーを開始しました。

 

 

 

 

(現状(2019/4/27)、サラダバーはステーキ宮の一部店舗だけが対象ですが、その対象店舗は徐々に拡大中です)

 

 

サラダバーは単品だと税別790円ですが、何かのランチメニューとセットだと税別390円で注文できます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ある日、僕はステーキ宮に昼飯を食べに行ったのですが、その際、サラダバー単品だけを頼もうとしました。

 

 

なぜならサラダバーには、ライス・パン・パスタの食べ放題が最低1つは含まれてるだろうと勝手に解釈し、それゆえその単品だけで主食(ライス or パン or パスタ)+副食(サラダ・果物・スープ)という、1つの完成した食事ができると思ったからです。

 

 

しかし店員に聞くと、上記主食はどれもサラダバーには含まれてないとの回答が返ってきました。

 

 

さすがに副食だけだと素っ気なさ過ぎるので、渋々ライスバーも頼みました。

 

 

(ライスバー単品は税別290円ですが、ランチメニューだとそれが自動付帯します)

 

 

 

 

つまり今回の僕の注文は、サラダバー単品とライスバー単品の2点で、料金は税別1,080円です。

 

 

ステーキ&ハンバーグからは完全にかけ離れたラインナップです。笑

 

 

サラダバー/ ライスバーの単品注文は、明らかにコスパが悪いことが判明

サラダ・デザート・スープ・ライスだけで税別1,080円は、冷静になって考えると失敗した感が満載です。

 

(味自体は美味しいのですが)

 

 

しかしチキンフレークをステーキ・ハンバーグの類似品だとポジティブに解釈し、何とか満足感を得ようとしました。

 

 

 

と、そんなことを考えつつ、何となくメニュー表を見ていると、衝撃の事実に気付きました。

 

 

その事実とは、宮ランチというランチメニューと共にサラダバーをセット注文すると、同一料金でよりハイスペックな料理を注文できたことです。

 

 

 

 

宮ランチはライスバー込みで税別690円、セット注文のサラダバーは税別390円なので、このセットの料金はサラダバー・ライスバー単品と同様、税別1,080円です。

 

 

しかし前者のセットにはポークスライス・メンチカツ・スパゲッティがあり、後者 (僕の注文品) にはないので、料理内容は前者の方が良いと判断できます。

 

 

つまりステーキ宮で食事代を浮かす目的で、サラダバー・ライスバーの両単品をやるなら、料金が同じで、かつ内容に富む宮ランチのサラダバーの方が賢明だということです!

 

 

(僕の訪問店では、宮ランチが最安のランチメニューでした)

 

 

主食・副食の双方を満たす範囲で、ステーキ宮の最安の食事が仮にサラダバー・ライスバーの両単品なのであれば、たとえそれがステーキやハンバーグを含まなくても、安さの面では1位なので、ある意味、1勝1敗 (=質素だが最安) な食事だと言えます。

 

 

(ステーキやハンバーグを含む食事は、豪勢だが高額ということで、こちらも1勝1敗)

 

 

しかし同じ最安を狙うなら、宮ランチのサラダバーの方が賢いと先ほど判明しました。

 

 

なので僕のイメージでは、サラダバー・ライスバーの両単品の1勝1敗は宮ランチのサラダバーに移り、単品コンビニの評価は旧評価 (1勝1敗) よりも1つ下がり (1敗1分になり) ました。

 

 

上記をまとめると、僕視点のステーキ宮のランチの評価は次のようになります。

 

 

  • 1勝1敗 (豪勢だが高額なステーキ・ハンバーグ系)
  • 1勝1敗 (最安で、かつ主食・副食の内容が良い"宮ランチのサラダバー")
  • 1敗1分 (1つ上と共に最安だが、食事内容は劣るサラダバー・ライスバーの両単品)

(安さと豪華さは相反するので、2勝0負というのはなく、そのどちらか片方に力点を置いた1勝1敗が最高評価になります)

 

 

なのでステーキ宮で食事する際は、多少高くても、ステーキ・ハンバーグ系をガッツリ食べるか、あるいは (主食・副食の双方を含む) 節約メニューにする場合は、宮ランチのサラダバーを食べるかするのが良いと言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ステーキ宮は会計がお得になる手段が多数ある!

ステーキ宮はクレジット決済やQRコード決済 (PayPay) に対応しています。

 

 

更にはTカード提示でTポイント獲得やJAF会員証の割引(3%)、スタンプカード、クーポンアプリなどもあります。

 

 

スタンプカードの内容は、(現金・クレジット・電子マネーでの) 決済500円ごとに1つ押印のスタンプを20個集めると、その到達の次回会計が税込500円割引というものです。

 

 

 

 

スタンプ押印期限はカードを受け取ってから約1年で、500円割引の期限は押印期限から6ヶ月です。

 

 

僕は2019/4/27にカードを受け取り、そのカードの押印期限は2020/5月末までとの表記があります。

 

 

 

 

なので仮にこの期限までにスタンプ20個が貯まると、その際の500円割引 (の権利) は2020/11月末まで有効となります。

 

 

20個は1万円か、スタンプなしの端数 (999円以下) を考慮しても1万円ちょっとの食事で到達するので、子どもが2人程いるファミリーだと、2〜3回程度の来店で辿り着きます。

 

 

また、クーポンアプリは単にDLし、性別・年代・誕生日・郵便番号・一番よく利用する店舗に回答するだけで使える優れものです。

 

 

(メアド登録やパスワード設定などの煩わしい作業は一切なし)

 

 

僕の時はDL特典として、以下のクーポン配布がありました。

 

 

  • ドリンクバー10円 (←10円引きではなく、自己負担が税別10円)
  • ドリンクバー税込100円引×2枚
  • (ドリンクバーの定価は税別210円)

 

 

 

 

あと、誕生月特典として、好きなデザート1つが貰えるクーポンもありました。

 

 

各クーポンの有効期限は、DL特典はDL日の1ヶ月後 (例:4/27→5/27)、誕生月特典はDL日の1ヶ月後の翌日 (例:4/27→5/28) でした。

 

 

ドリンクバーのクーポンは、特に夏場に重宝しそうです。

 

 

割引・お得な会計の実例

このように多数の割引手段がある中、僕はJAF会員証の割引・クレジット決済・Tカードを使いました。

 

 

最後にこの様子を紹介しておきます。

 

 

今回は税込換算で1,166円なわけですが、ステーキ宮はJAF会員証の提示で税込3%安くなるので、食事代は1,131円に下がりました。

 

 

 

 

またこの食事代は、税込100円で1P (Tポイント) が付くYahoo! JAPANカードで払ったので、11Pを得ました。

 

 

更にステーキ宮では割引後の税別200円に対し、Tカード提示で1P (Tポイント) が付くので、(割引後の税別1,048円に対し、) 5Pを得ました。

 

 

 

 

これら3つの手段により、税込1,166円から値引35円+16Pの獲得を引出せました。

 

 

(勿論、スタンプも貰いましたよ)

 

 

やや細々した話ですが、塵も積もれば〜という視点は節約には大切です。

 

 

なのでステーキ宮で食事する際には、最低でもクレジット決済/ QRコード決済/ Tカード/ JAF会員証/ スタンプカード/ クーポンアプリのどれか1つはぜひ使いましょう!

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑