ステーキ宮で誕生日クーポンを使い、PayPayで会計したら、食事代が実質54%安くなった件

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ステーキ宮でアプリ(割引クーポン)やPayPay(20%還元)を併用した話

ステーキ&ハンバーグでお馴染みのステーキ宮は、2019/3/8に順番待ち予約やクーポン機能を内蔵のアプリをリリースしました。

 

 

僕はこのアプリをDL済みで、DL時 (2019/4/27) は以下のクーポンがすぐに貰えました。

 

 

  • ドリンクバー10円 (←10円引きではなく、自己負担が税別10円)
  • ドリンクバー税込100円引×2枚
  • (ドリンクバーの定価は税別210円)

 

 

スポンサーリンク

 

 

クーポンは初回DL時だけでなく、誕生月にも貰えます。

 

 

僕は4月が誕生月なんですが、今回DLしたのは4月なので、上記クーポンの受取から30分後ぐらいに、誕生日クーポン (デザート1品が無料) がアプリに届きました。

 

 

 

 

ステーキ宮のデザートの価格帯(税別)は190〜590円なので、このクーポンを高額デザート (590円のパフェ、490円のクレープとか) に充てると、かなりの割引になります。

 

 

また、ステーキ宮は2019/3/4にQRコード決済のPayPayに対応しました。

 

 

記事執筆時(2019/5/2)、PayPayはその利用残高の最大20%の残高がバックするキャンペーンを開催中でした。

 

 

最大20%って相当強力で、例えば3,000円の会計をPayPayで決済すると、600円の残高バックを期待できます。

 

 

このようにアプリ (特に誕生月) とPayPayはステーキ宮で相当役立つわけですが、この2つを併用すると更に役立つのは確実です!

 

 

そこで今回、この2つを近所のステーキ宮で併用してきました。

 

 

すると食事代が実質54%も安くなりました。

 

 

(といっても、定価から単純に54%減という意味ではなく、実際は43%減+PayPay残高11%バックなので、正確には54%引ではありませんが)

 

 

ということでここからは、実質54%安くなった様子を画像付きで解説します。

 

 

43%割引+PayPay残高11%バックの様子

今回、僕は自家製ハンバーグランチ(税別790円)とチョコレートパフェ(税別590円)の2つを注文しました。

 

 

 

 

このうち、パフェは誕生日クーポンで無料になったので、本来なら合計1,380円 (税別) の食事代が、税別790円 (=税込853円) に値下がりしました。

 

 

 

 

この税込価格をPayPayで払ったので、その20%に相当する170円の残高が返ってきました。

 

 

 

 

ここで今回の数字 (食事代) の動きを少し整理します。

 

 

クーポン無しだと税別1,380円の食事が、クーポンにより税別590円安くなりました。

 

 

なのでリアルな割引率としては42.8% (590円÷1,380円)、つまり43%引となります。

 

 

一方、税別1,380円 (=税込1,490円) 相当の食事から、結果的に170円のPayPay残高が返ってきたので、今回のバック率は11.4% (170円÷1,490円)、つまり11%となります。

 

 

このような考え方により、実質54%安くなった (43%引+残高11%バック) と書いたのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

クーポン(アプリ)利用に関する注意点

クーポンを使う際の注意点を、箇条書きで一挙に紹介します。

 

 

クーポンを使う旨を店員に伝えるタイミングは、注文時になります。

 

 

会計時だとクーポン利用は不可になる可能性があるので、極力注文時に伝えましょう。

 

 

また、クーポンは1会計で複数枚使うことはできず、他の割引・サービス (JAF会員証・子育て優待等) との併用も不可です。

 

 

なので保有クーポンが2枚以上ある場合、最も割引額が大きい物から優先的に使うのがベターです。

 

 

(ステーキ宮に頻繁に行く人だと、残有効期限の少ない物から率先して使っても良いです)

 

あと、クーポン1枚の割引人数の範囲ですが、これは色々な人数のものがあります。

 

 

例えば今回の誕生日クーポンだと、割引対象は1人だけですし、冒頭のドリンクバー10円やドリンクバー税込100円引は最大4人が割引対象となります。

 

 

 

 

現状、僕は3種類 (誕生日・ドリンクバー10円・100円引) のアプリクーポンを見ましたが、この3種類に関しては、会計 (自己負担) が税別690円以上でないと使えません。

 

 

(会計的にクーポン利用不可の例:税別290円のライスバーだけを注文)

 

 

とは言えステーキ宮の最安メニュー (ステーキ&ハンバーグ) は税別690円 (宮ランチ) なので、メニューを食べる限りはクーポンは確実に使えます!

 

 

参考:ステーキ宮の20%チケットバックについて

当記事の執筆時(2019/5/2)、逗子(ずし)店と羽田空港店を除く全国のステーキ宮で、20%チケットバックというキャンペーンが開催されてました。

 

 

これはステーキ宮の会計(食事代)の20%相当 (50円未満は切り捨て) が、金券という形で還元されるというものです。

 

 

開催期間は2019/4/27〜5/12で、期間が終了するか、あるいはチケットバックが総額2億円に到達するかすると、キャンペーンは終了です。

 

 

(規模はかなり違いますが、PayPayの総額100億円キャンペーンに似てます。笑)

 

 

今回の僕の食事代は税込853円で、この20%は170円で、50円未満は切り捨てなので150円分の金券 (100円+50円) を得ました。

 

 

 

 

この金券は有効期限こそ短いですが (2019/5/13〜6/30)、その代わり、金券同士の併用は可能という優れものです。

 

 

ステーキ宮好きの人にとっては、かなり使いやすい代物だと思います。

 

 

ステーキ宮の割引・お得な会計はアプリクーポン、PayPay残高還元、チケットバック以外に、Tカード提示でTポイント獲得/ JAF会員証の割引(3%)/ スタンプカードなどもあります。

 

 

この辺の話は以下の記事で書いてるので、ステーキ宮好きの人はチェックです!

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑