鎌倉パスタの会計を、dポイントクラブの割引クーポンで5%OFFにした話

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【レシート画像付】鎌倉パスタの食事代の割引方法・クーポンのまとめ

パスタ専門チェーンである「鎌倉パスタ (製麺工房)」は、本格的なパスタを提供しつつ、同時に各種食べ放題 (サラダ・パン・ご飯・卵が食べ放題、ドリンク飲み放題) も付くことでお馴染みです。

 

 

 

 

そんな鎌倉パスタには、多数の割引方法が用意されています。

 

 

(割引率・値引額はすべて税抜です)

  1. 公式サイトのクーポン:5%割引
  2. 店舗発行の紙クーポン(全国共通ステップアップクーポン):次回100円OFF、次々回10%OFF
  3. 店舗独自の特典:例えば関西某店舗はメンバーズカード
  4. クイズ回答のクーポン:抽選5万人に10%割引のDM
  5. auスマートパスプレミアム会員特典:5%割引
  6. dポイントクラブ会員の特典:5%割引
  7. JAF会員特典:5%割引

(飲食予約サイトのホットペッパーグルメやぐるなびは、鎌倉パスタの割引はあまりありません)

 

 

スポンサーリンク

 

 

上記7つの割引手段のうち、公式サイトのクーポンは時々しかなく、紙クーポンは次回以降の会計で使えるものなので、直近の会計は一切安くなりません。

 

 

また、店舗独自の特典は必ずしも全店で実施されてるわけではなく、クイズ回答のクーポンは回答者全員に配布されるわけではありません。

 

 

それから、auスマートパスプレミアム会員は (最初30日こそ無料ですが、) 372円の月会費(税込)が発生しますし、JAF会員も有料 (入会金2千円、年会費4,000円) です。

 

 

つまり上記7つの割引のうち、dポイントクラブ会員の5%割引を除く6つに関しては、即戦力の割引でなかったり、仮に即戦力でも課金が伴ってしまいます。

 

 

しかしdポイントクラブ特典は登録費・年会費といった負担は一切なく、しかも登録直後から5%OFF (全店舗対応)を使っていけます!

 

 

 

 

今回、僕は関西のとある鎌倉パスタで食事したんですが、その際、dポイントクラブの5%OFFを利用しました。

 

 

 

 

税抜5%割引って、あまり大きな値引きではないですが、それでも安くなるに越したことないですし、食事代が高額 (例:税抜1万円) の場合は、決して無視できない値引き額 (例:税抜500円引) になります。

 

 

そこで当記事では、無料・即効で使えるdポイントクラブの5%OFFクーポンの使い方について説明します。

 

 

あと、僕の来店時は、抽選クーポンのクイズキャンペーンが開催されてたり、紙クーポンが配布されてたり、店舗独自の特典 (メンバーズカード会員) があったりしました。

 

 

この辺のリアルな話も後で紹介します。

 

 

dポイントクラブの5%OFFクーポンの使い方

dポイントクラブ特典を使うには、dアカウントの発行が必要です。

 

 

(dアカウントの運営元はドコモですが、ドコモ会員でなくても無料発行できますし、ドコモ会員は既にアカウント保有しています)

 

 

dアカウントの発行方法は検索すれば分かるので、当記事では割愛します。

 

 

アカウント発行後、dポイントクラブのサイトに進み、ログインします。(dアカウントID・パスワードが必要)

 

 

 

 

「メニュー」⇒「クーポンがつかえる店」の順にタップします。

 

 

 

 

するとクーポン利用可な店舗一覧が出るので、画面を少し下に進み、「鎌倉パスタ」をタップします。

 

 

 

 

画面を少し下に進み、「クーポンを表示」をタップします。

 

 

 

 

すると鎌倉パスタの5%OFFクーポン (税抜) が表示されます。

 

 

 

 

クーポンの利用条件は、注文時と会計時に上記画面を鎌倉パスタの店員に提示することで、他の割引方法との併用は不可です。

 

 

(ちなみに僕は注文時に提示し忘れましたが、会計時に事情を説明し、提示すると普通に安くしてくれました)

 

 

スポンサーリンク

 

 

尚、以下は先ほど載せたレシート (税抜定価1,290円、ベーコンのペペロンチーノ) なんですが、5%値引き後の残債 (税込1,324円) は、楽天カードで支払いました。

 

 

 

 

基本的に楽天カードは税込100円ごとに、楽天のポイントが1P付くので、残債から13P (13円の価値) を得たことになります。

 

 

つまり僕はクーポンとクレジット決済という2つの割引効果を使ったわけですが、ここで今回の食事代の広い意味での割引率を出しておきます。

 

 

元は税抜1,290円のメニューなので、(消費税8%計算で) 税込1,393円です。

 

 

しかし実際は税込1,324円の支払い+13円の価値獲得 (楽天ポイント13P) なので、広い意味での僕の負担額は1,311円 (1,324円から更に13円安い) と見なせます。

 

 

つまり元は税込1,393円だったのが、広い意味で82円安くなり、1,311円の負担で済んだので、今回の割引率は5.9% (82円÷1,393円) となりました!

 

 

このようにクーポン・クレジットカードを併用すると、割引率は6%程に上がるので、カード保有者はなるべくクレジット決済しましょう!

 

 

紙クーポン、抽選クーポンのクイズ、店舗独自の特典について

最後は、紙クーポン (全国共通ステップアップクーポン)/ クイズ/ 店舗独自の特典の話です。

 

 

まず紙クーポンですが、受け取ってから次回以降の来店時に使え、1枚目 (利用1回目) は税抜100円OFF、2枚目 (利用2回目) は税抜10%OFFという内容です。

 

 

一見、100円券を前もって破っておけば、1回目でいきなり10%OFFにできそうな気がします。

 

 

しかしこのクーポンは1枚目と2枚目のまたがった位置に、(利用1回目の会計時に押される) スタンプ押印の場所があり、スタンプなしだと2回目の特典 (10%OFF) はおそらく無効と判断されるので、100円券を破るのは絶対にやめましょう!

 

 

 

 

続いてクイズですが、答え自体は検索すれば一発で分かるので、少なくとも回答を間違えることはないと思います。

 

 

(僕の来店時のクイズは、「シャンパン」とはどの地域で作られたワインでしょう?という内容で、回答の選択肢は、「ブルゴーニュ」「シャンパーニュ」「ボルドー」というものでした)

 

 

 

 

むしろ面倒なのは、クイズに正解しても確実に何か貰えるとは限らず (抽選5万人に10%割引のDM)、しかもクイズ用紙の提出には、氏名・性別・生年月日・職業・住所・電話番号といった個人情報の記入が必要なことです。

 

 

(記入が特に気にならない人は、クイズに回答すればいいと思います)

 

 

最後は、店舗独自の特典についてです。

 

 

この手の特典は実施のない店舗もあるでしょうが、例えば関西のとある鎌倉パスタだと、メンバーズカードのポイント特典というのがあります。

 

 

何かメルアドが1つあれば、カード発行してもらえ、登録時に100P、来店毎に50P (ディナータイムは100P) が貯まり、300Pでミニパフェ1つ、800Pでパフェ1つ、3,000Pで好きなパスタ1皿と交換できます。

 

 

自分が行った店舗にもし何らかの独自特典があるなら、テーブルなり壁なりにそのお知らせが載ってるはずなので、もしあれば積極的に活用しましょう。

 

 

と、長々と書きましたが、(全国的に) 鎌倉パスタの食事代を課金なし、かつ即効安くしたいなら、dポイントクラブの5%割引特典を使い、かつクレジットカード決済することです。

 

 

ネットには色々な割引方法が載ってますが、基本的にはこの2つだけ覚えておけば十分です。

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑