ネット・アプリ経由の女18人とデートし、全て惨敗に終わったけど、19人目で超可愛い彼女ができた話

このエントリーをはてなブックマークに追加 

男はフラれて強くなる!俺なんてデート19人目でやっと彼女ができたぞ!

「何とかデートには持っていけるが、肝心の告白は上手くいかない、、」

 

「他に好きな人がいるから、あなたとは付き合えないと言われた、、」

 

等々、意中の女を自分の彼女にするのに悪戦苦闘してる男は多いはず!

 

 

実はほんの少し前の僕もその1人で、主に自宅に引きこもる形のライター業という職業柄、出会いが皆無で、omiaiというアプリで新しい出会いを求めたところ、19人目でやっと彼女ができました。

 

 

僕は30半ばのオッサンですが、どうせなら若い可愛い子がいいので、ルックスの良い20代前半に的を絞ったら、22歳の現彼女に巡り合うまで、20人近く、約半年もの期間を要しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

つまり現在苦戦中でテンション下がり気味の男同様、僕も上手くいかない時期があったわけです。

 

 

しかし僕は大半の苦戦中の男とは違い、何人にフラれてもほぼ落ち込みませんでした。

 

なぜ落ち込まなかったかというと、それは次の2つをよく理解してたからです。

 

  1. 基本的に恋愛市場は女が男を選ぶ図式で、男はフラれるのが普通だから
  2. 失敗・成功を問わず、デートを重ねるうちに自分の経験値が上がり、そのうち嫌でも彼女ができると思ってたから

 

今回は僕の体験談的な感じで、この辺の話をしていきます。

 

基本的に恋愛市場は女が男を選ぶ図式で、男はフラれるのが普通

子ども誕生の背景を考えると理解しやすいですが、男は"発射"という形で、1日数回も子ども誕生に貢献できるのに対し、女は妊娠期間やその後の体力回復期を考えると、せいぜい1年半に1回しか貢献できません。

 

 

つまり女は望まない相手から誤射されると、最低1年半もの期間が無駄になるので、本能的に女は男を見る目が厳しくなり、結果的に男はフラれがちになるのです。

 

 

なので男が少々フラれたぐらいで凹むというのは、例えば5階のマンションから飛び降りて、骨折してショックだ!と言うのに近いぐらい、変な思考回路なのです。

 

(フラれたり、骨折したりする方が多数)

 

 

(上手くデートに誘えたと思ったら、、)

 

 

(デート当日に無視された!よくある話です。笑)

 

 

仮に半年とか1年とか時間をかけた末の告白&失敗のショックなら、まだ理解できます。

 

しかしネット・アプリ経由の、数時間〜数日程度の関係での告白&失敗なら、気落ちする理由がまったくなく、さっさと次の女に狙いを定めましょう!

 

 

あと、フラれ続けても別に世界が終わるわけでも、自分が死ぬわけでもありません。

 

むしろフラれ耐性が身に付いたり、告白の失敗例を潰して (減らして) いけるので、良いことだらけです。

 

 

告白をサイコロに例えたら、成功は6の目、失敗は5の目という感じで、高い数字しか出ないようなものです。

 

彼女作りという活動を通じ、男は心身が磨かれる!

30半ばのオッサンの僕が22歳の美女をゲットできたのは、色々失敗デートを重ねる過程で、心身やデート環境の強化・改善を愚直にしてきたからです。

 

(女の方から勝手に寄ってくるイケメンは別だろうけど、、)

 

 

例えば髪型セットの際、鏡で見にくい後頭部のセットが僕は滅茶苦茶だったらしく、その指摘をある女がLINEでしてき、それ以降は未読スルーされるということがありました。

 

 

それ以降、僕は合わせ鏡の要領で、後頭部のセットにも注意を払うようになりました。

 

 

身体関連の変化を他にも挙げると、歯のメンテのために歯医者に行く回数を増やしたり、女を軽くお姫様抱っこするために、筋トレをやり始めたりしました。

 

 

特に体重重めの女を軽々お姫様抱っこするとかなり喜ばれるので、継続的な筋トレはモテに役立つと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

あとドライブデート (大人の施設直行に繋がりやすい) の際に重要なんですが、音楽CDを何枚か揃えたり、車載ホルダーを設置 (スマホをナビとして利用) したり、定期的に車内清掃したり、ドライブコースのテンプレを作ったり、人を乗せての運転が緊張しなくなったりしました。

 

 

こういったことは次以降のデートで効いてくるので、上記のような修正・改善を自分に課す限りは、たとえフラれ続けても一応は成功なのです!

 

 

あと、彼女ができると色々お金かかるので、僕の場合だとライターの仕事を以前よりも頑張るようになりました。

 

 

彼女ができる前は、ほぼ自宅に籠って記事執筆するだけの生活でしたが、現在は執筆日/ デート日という感じで、生活に緩急を付けられるようになり、執筆のモチベーションが上がりました!

 

 

また、執筆やデートを日々こなすとなると、それなりの健康・体力が必要なので、早寝するようになり、その結果、かなりの健康体になりました!

 

 

(戦争で科学が爆発的に進歩したように、) 男は失恋なりデートなりすることで、心身共々が爆発進歩していくのです!

 

恋愛に大したノウハウはなく、次にことだけを覚え、実行すればそれで十分!

ネットでしばしば、恋愛ノウハウを謳った有料コンテンツを見かけますが、特にそんなもの買う必要はありません。

 

 

僕の経験上、以下のことだけ覚えておけば、後はトライ・アンド・エラーでいくらでも彼女を作れると思います。

 

 

まず1回目の対面時の割りと早い段階で、タメ口で会話する流れにします。

 

敬語だと精神距離が近づきにくいですが、タメ口だと一気に近づくので、これは絶対必須です!

 

 

タメ口の方がお互い心をオープンにしやすいのは、科学で証明済ですし、実際、この戦法を徹底して以降、わずか2人目で現彼女ができました。

 

 

あと、そのうち告白しようと思ってるなら、2回目のデート終わりがベストです!

 

学生時代のデートならもう少し後でもいいですが、休みの少ない社会人の1回の対面は、学生時代の10倍ぐらいの価値を持つので、2回も会えば十分告白してOKです。

 

 

そもそもデート相手の女は、誰か男を探していて、しかもあなたに興味があるから2回もデートに応じたわけで、2回も会えばあなたに対する女の評価は既に決まっていて、OKならOK、ダメならダメという反応になるので、やはり2回目で告白するのが良いと思います。

 

 

それとデート中のネガティブ発言は、なるべくしない方が無難です。

 

例えば僕は歌があまり上手くないので、デートでカラオケ好きの女とカラオケに行った際、

 

「オレ、全然歌上手くないよ、、」「ほら、メッチャ下手やったやろ?」

 

と相当恥ずかしそうに、嫌々歌っていると、その後その女からのLINE返信が一切なくなりました。

 

(返信なしの理由を直接聞いたわけではないので、あくまで推測ですが、たぶんカラオケでの僕の低テンションな態度が原因だと思います)

 

 

その女は単に僕と (上手さに関係なく) カラオケを楽しみたかっただけなのに、僕は全然楽しそうじゃなく、ネガティブ発言を連発してばかりだったので、おそらく僕に興味がなくなってしまったのです。

 

 

あと、微妙なフラれ方をした場合、「気が向けばいつでも連絡してきてね!」的なメッセージを一応送っときましょう!

 

 

微妙なフラれ方とは、例えば、

 

「他に好きな人ができたので、あなたとは付き合えません、、」

 

という感じの、あなた自体は特に問題なかったけど、あなた以上に良い人ができたので、そっちに行きます!というフラれ方です。

 

 

仮にこのようなフラれ方の場合、

 

「了解です!もし○○さん (女性の名前) の状況が変われば、いつでも連絡して下さい!」

 

というメッセージをダメ元で打っとくことで、将来的にその女と付き合える可能性の芽を残しておくのです。

 

 

メッセージは2分もあれば何かしら打て、後は完全放置でいいので、フラれ方が微妙なら一応打っときましょう。

 

 

最後に、これが最も重要なことですが、1回告白してダメでも、2回目なら上手くいくかもしれないので、告白は最低2回はした方が良いです!

 

 

本能的に女は強い男を好きになる傾向があるので、

 

「オレは1度フラれたぐらいでは、諦めないぞ!」

 

という精神的な強さを女に見せつけ、自分に対する女の評価を無意識レベルで変えてしまいましょう。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑