利用機会のない上新電機のポイントは、有効期限切れの前に楽天やアマゾンのギフト券と交換しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 

有効期限に近いジョーシンポイントは、ギフト券(楽天、Amazon)と交換しよう!

ジョーシン (上新電機、Joshion) で次回以降の買い物から使えるジョーシンポイントは、そこで買い物する人には大変重宝します。

 

 

ただし1つ注意なのは、ポイント有効期限が最終利用日 (獲得・使用) から1年以内に設定されてることです。

 

 

 

 

しかもジョーシンは日用品 (例:食品・台所用品) は基本的に販売していず、家電とかオモチャが主力商品です。

 

 

なのでこの辺をあまり買わない人はポイント利用機会は少なく、それゆえ期限切れ (失効) のリスクは相当高いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そこで有効期限までに利用できなさそうなら、とりえあずポイントを現金性の高い商品と交換してしまいましょう!

 

 

特におすすめなのは、楽天ポイントギフトカード (楽天スーパーポイントの補充枠) やAmazonギフト券 (Amazonでの買い物枠) です。

 

 

この2つは、ほぼ何でも売ってる楽天市場やAmazonで使えるので、利用機会に困ることはまずありません。

 

 

(それに、例えば10,000Pならギフト券1万円分と交換という感じで、交換レートは等価という点もナイスです)

 

 

特に楽天ポイントギフトカードはネット (楽天市場、楽天トラベル等々) だけでなく、ビックカメラやツルハドラッグ、マクド等、多数のリアル店舗でも使えるので、使い道には尚更困りません。

 

 

と、理屈では分かっても、現状、特に必要性を感じてないギフト券を得る (=ポイント交換の) ために、ジョーシン店舗まで行くのはやはり面倒です。

 

 

しかしジョーシンポイントって、意外と2,500Pとか5,000Pとか豊富に貯まってたりします。

 

 

ジョーシンで仮に1回しか買い物してなくても、その1回が5万円、10万円で、しかもポイント還元率が5%、10%とかだと、この時点で上記のポイント数が貯まってることになります。

 

 

数十ポイントとかならまだしも、数千ポイント級を台無しにするのは勿体ないなので、放置気味のポイントは早めに交換を済ませましょう!

 

 

保有ポイントが交換数に少し足りない場合の対処法

保有ポイントが目的ギフト券に僅かに足りない程度なら、多少身銭を切ってでも、交換を実行しましょう。

 

 

例えばジョーシンポイントを2,500P持ってるとし、これを楽天ポイントギフトカードに換えたいとします。

 

 

しかし当ギフトカード (金額固定タイプ) は、3,000P枠 (要3,000P)、5,000P枠 (要5,000P)、10,000P枠 (要10,000P) の3種類しかなく、この保有数だとどのカードも入手できません。

 

 

ですがこの2,500Pに、現金やクレジットカード等で500円を加算すると、3,000P枠なら手に入ります。

 

 

勿論、消極的な買い物に500円を使うのは嫌ですが、みすみす2,500P (2,500円の価値) を無駄にするよりは遥かに良いです!

 

 

このように少しのポイント不足であれば、自らに多少の負担を強いてでも、ポイントの全消費を目指す方が得なのです。

 

 

ギフトカードの有効期限、使い方について

期限内にギフトカード交換 (楽天・Amazon) すれば、とりあえず一安心です。

 

 

しかしギフトカードはそのままの状態では使えず、それ自体にも有効期限が存在します。

 

 

ここからはギフトカードの有効期限やその使い方について解説します。

 

 

■楽天ポイントギフトカード

 

楽天ポイントギフトカード (にチャージされてる楽天ポイント) の有効期限は、カード購入日から6ヶ月です。

 

 

一般的な楽天ポイントの有効期限は最終利用日 (獲得・利用) から1年ですが、ギフトカードのポイントはその半分の6ヶ月なので、注意しましょう!

 

 

■補足

楽天ポイントは有効期限の長い順に、通常ポイント (1年)/ ギフトカードのポイント (6ヶ月)/ 期間固定ポイント (1〜2ヶ月) があります。

 

 

期限の短いものから優先的・自動的に消費されます。

 

 

また、カードにチャージされてるポイントを (ネット・店舗で) 使うには、カード裏面のPIN番号 (10桁) を自分の楽天会員アカウントに入力する作業が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

(ギフトカード単体ではポイントは使えず、使うには楽天アカウント保有とPIN番号入力が必須です)

 

 

PIN番号の入力は、「楽天スーパーポイント受け取り画面へ進む」というページから行います。

 

 

 

 

(楽天アカウントにログインし、) PIN番号を正しく入力すると、入力先アカウントの総保有ポイント数が入力分だけ増加します。

 

 

 

 

例えば僕の保有数は2,594Pですが、例えば3,000P充当すると、総数は5,594Pになります。

 

 

充当が終わると、あとは普通に楽天ポイントとして、ネット・リアルの双方で使っていけます。

 

 

例えば楽天市場でポイントを使う場合は、楽天アカウント内からそうできます。

 

 

あるいは店舗で使う場合は、アカウントと紐付いた楽天ポイントカードや楽天カード(ポイントカード機能付)の利用でそうできます。

 

 

■Amazonギフト券

 

Amazonギフト券の有効期限は、2017年4月24日以降の発行分は10年です。

 

 

(2017年4月23日以前の発行分は1〜3年です)

 

 

また、ギフト券にチャージされた買い物枠を使うには、Amazonアカウント内でAmazonギフト券の登録作業が必要です。

 

 

 

 

「Amazonギフト券を登録する」に進み、ギフト券記載の番号 (ハイフンを含め、英数16桁) を正しく入力すると、入力先アカウントに登録金額が反映します。

 

 

 

 

例えばギフト券登録前の残高が3,000円で登録額が5,000円の場合、登録後残高は8,000円となります。

 

 

ギフトカードは現金化することも可能

楽天ギフトカードは楽天や街中で、Amazonギフト券はAmazonで使うのが自然ですが、利便性の究極系である現金化することも可能です。

 

 

この辺のカードは需要が高ので、ラクマやメルカリだと額面の97%以上で売れたりします。

 

 

しかし楽天やAmazonで買えないものはほぼなく、これらギフトカード自体が事実上の現金なので、わざわざレートの下がるリアル現金に換えるメリットはありません。

 

 

まとめ

ジョーシンポイントの使い道に困り、有効期限が近付いたら、とりあえず以下のどちらかの流れを辿りましょう。

 

 

  1. ジョーシンポイント ⇒ ギフトカード(楽天・Amazon)交換 ⇒ 自分のアカウントに充当 ⇒ 楽天・街中・Amazonで利用
  2. ジョーシンポイント ⇒ ギフトカード(楽天・Amazon)交換 ⇒ ラクマ・メルカリ等に出品

 

 

1・2のどちらを選んでもいいですが、少なくともポイント消滅を傍観する愚行だけは絶対に避けましょう!

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑