デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カードとゴールドカードの比較

このエントリーをはてなブックマークに追加 

デルタ スカイマイル・アメックスカードとそのゴールドカードの違いを徹底比較!

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード (以下、デルタカード) は、デルタ航空やスカイチーム所属の航空会社が提供するサービスに、American Expressのサービスが合わさったクレジットカードです。

 

 

また、デルタカードにはその上位版であるデルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード (以下、ゴールドカード) なるものも存在します。

 

 

 

年会費はデルタカードが12,000円+税、ゴールドカードは26,000円+税なので、後者は前者の2倍以上も高いですが、その分、受けられるサービスの質・量は前者よりも遥かに優れています。

 

 

なのでこの2枚の中から申込カードを選ぶ場合、自分 (申込者) がこの2枚の年会費の差額 (14,000円+税) 以上のメリットをゴールドカードから得られそうだと感じれば、ゴールドを選ぶのが正解となります。

 

【⇒ ゴールドカードの公式サイトへ】

 

 

一方、デルタ航空等が提供するサービス付きのアメックスカードは欲しいけど、差額を払うほどではないと判断すれば、デルタカードを持つのが正解となります。

 

【⇒ デルタカードの公式サイトへ】

 

 

ということで、まず最初にゴールドカード独自のサービスを解説し、次にこれら2枚のスカイマイルの貯まり方やメダリオン特典、付帯保険の違いを解説し、2枚に共通のサービスを紹介し、最後にこの2枚の評価をまとめる形式で、デルタカード/ ゴールドカードの比較をします。

 

 

 

希少価値に重点を置いたゴールド独自のサービス

■エアポート送迎サービス

 

海外旅行の出発・帰国時に、提携タクシー会社(MK株式会社)の車を格安の定額料金でチャーターでき、対応空港まで送迎してもらえます。

 

『対応空港、チャーター利用可能地域とチャーター料金』

対応空港 チャーター利用可能地域 チャーター料金
成田国際 東京 10,000〜15,000円
神奈川 15,000円
千葉 4,800〜15,000円
埼玉 5,000〜10,000円
茨城 12,700円
関西国際 大阪 5,000〜10,000円
兵庫 10,000円
京都 15,000円
中部国際 愛知 5,000〜10,000円

 

ちなみにエアポート送迎サービスは、 H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで、日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーの購入者のみ利用できます。

 

また、当サービスの利用回数の上限は年間4回 (片道を1回とする) で、最大乗車人数は5人です。(車種の指定不可、荷物は1人あたりスーツケース1個まで)

 

 

あと、車の乗り降りはカード会員の指定場所 (上記地域を満たす特定の1ヶ所) と空港に限られ、それ以外の場所での乗り降りはできません。

 

 

■海外で緊急支援を受けられる「オーバーシーズアシスト」

 

ゴールドカード保有者は、海外レストラン予約の代行や海外での緊急支援 (救急車の手配/ 現地病院への治療調整の電話など) を受けられるオーバーシーズアシストを活用できます。

 

オーバーシーズアシストの内容は多岐にわたりますが、主に以下のサービスを受けられます。 (24時間365日、日本語での応対、世界中のほとんどの国で有効)

 

  • 航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更
  • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • レンタカー/ リムジン・サービスの案内、予約、取消
  • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • パスポート、査証、予防接種等についての案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介等

 

上記で特に心強いのが、海外で病気・ケガをした際に、現地病院の手配を迅速にやってもらえることです。

 

現地の地理事情に詳しくない (可能性の高い) 日本人が緊急で病院を探すとなると、精神的に相当焦りますが、オーバーシーズアシストがあると専門スタッフに救急車の手配や現地病院で治療を受けられるよう調整してもらえます!嬉

 

 

一方、デルタカード保有者はオーバーシーズアシストは受けらませんが、代わりにグローバル・ホットラインというのが用意されています。

 

グローバル・ホットラインはオーバーシーズアシストと基本的には同じですが、決定的に違うのは、グローバル・ホットラインには緊急支援がないことです。

 

 

なので医療面で緊急性がある場合、グローバル・ホットラインは現地病院の情報紹介 (場所等) はしくれますが、より踏み込んだ支援 (救急車の手配/ 現地病院への治療調整の電話等) はなく、それらを自力でやらねばなりません。

 

 

この能動的な支援の有無が、オーバーシーズアシスト (ゴールドカード保有者) とグローバル・ホットライン (デルタカード保有者) の最大の違いになります。

 

 

■ゴールド・ワインクラブ

 

赤ワイン・白ワイン・スパークリング等の希少価値の高いワインや季節限定ワインを、ゴールド・ワインデスク (ゴールドカード会員様専用の電話窓口) にて購入できます。

 

 

また、エノテカ・オンライン (ワイン通販) のソムリエやバイヤーが、ワイン全般の質問や予算に応じたワイン選びの相談に乗ってくれます。

 

ワインって銘柄によっては少量しか生産されないので、そういったワインの新情報をより早く得る場合などに、ワインデスクは重宝すると思います。

 

 

ちなみに希望すればワインギフトボックス (紙製) を無料で付けてもらえるので、誰かにワインを送る際にはぜひ付けてもらいましょう!

 

あと、ワインを10,000円 (税抜) 以上購入すると、1梱包あたり通常600円 (税抜) かかる送料が無料になります。

 

 

■京都特別観光ラウンジ

 

ラウンジは、東山高台寺 (豊臣秀吉の冥福を祈るために、秀吉の正室、北政所が建立) の圓徳院に設置されていて、古都ならではの伝統美を堪能できます。

 

また、単にラウンジを堪能できるだけでなく、有名なお茶 (宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日替わり) や、夏季には冷たい麦茶、冷やし飴も嗜 (たしな) めます。

 

 

あと、圓徳院に入場する場合、通常だと大人500円、中高生200円の拝観料が必要ですが、ゴールドカード保有者は最大4人 (保有者+同伴者3人) まで拝観料が無料になります。

 

 

■コットンクラブの割引優待

 

コットンクラブとは、JAZZ、R&B、ソウルなど様々なジャンルのアーティストの音楽を間近で鑑賞しつつ、飲食を楽しめる、東京・丸の内のライブレストランのことです。

 

 

ゴールドカード会員は特典として、毎週金曜日はライブレストランの飲食代が1人1,000円 (税別) 割引となります。

 

しかもこの割引は最大4人(カード会員本人+同伴者3人)まで有効なので、家族や友人などを誘ってライブレストランに行きやすくなっています。

 

 

■新国立劇場の優待

 

オペラ、バレエ、現代舞踊、演劇などの現代舞台芸術をハイレベルで上演し続けてる新国立劇場にて、以下の特典を受けられます。

 

  • 無料ドリンク券の贈呈 (劇場ボックスオフィスで、チケットの電話購入が条件)
  • チケットの先行購入 (劇場ボックスオフィスで、チケットの電話購入が条件)
  • チケット送料無料 (劇場ボックスオフィスで、チケットの電話購入が条件)
  • オペラトーク無料 (トーク当日に会場入口でカード提示が条件)

 

特にオペラトークは各作品の芸術監督、指揮者、演出家などが登場するので、現代舞台芸術好きの人にはたまらないと思います。

 

 

■キャンセルプロテクション

 

キャンセルプロテクションとは、自分の都合 (急な出張、突然の入院等) で海外旅行やライブ、映画、パーティー等のイベントをキャンセルせざる負えなくなった場合の、キャンセル料の補償 (最高10万円/年) のことです。

 

(同行予定だった配偶者のキャンセル料も補償)

 

 

一般的に急なイベント不参加の場合、キャンセル料の支払だけでなく、楽しみにしてたエンターテイメントの不堪能という二重苦を味わうわけですが、ゴールドカード保有者は各イベントのキャンセル料を年間総額10万円まではAmerican Expressに肩代わりしてもらえるので、一重苦 (不堪能) だけで済ませられます!

 

 

スカイマイルの貯まり方の違い

スカイマイルはデルタ航空が採用してるマイルプログラムのことです。

 

このマイルに有効期限はなく、マイルをデルタ特典航空券に交換不可な時期もなく、特典航空券の利用時は燃油サーチャージが不要というかなりナイスな特徴があります。

 

 

そしてデルタカード/ ゴールドカードで100円買い物するごとに、スカイマイルが1マイル貯まります。

 

一般の買い物だとマイルの貯まり方は2枚とも同じですが、ボーナスマイル/ デルタ航空でのカード利用に関しては、マイルの付き方が以下のように違ってきます。

 

獲得マイル デルタカード ゴールドカード
入会ボーナス
(入会1年目の年会費支払い後の1〜2ヶ月後)
5,000マイル 8,000マイル
デルタ航空カードご利用マイル
(delta.comや予約センターでデルタ航空の航空券の購入や機内販売、あるいはデルタ航空での買い物をカード払いした場合等が対象)
100円につき2マイル (通常の2倍) 100円につき3マイル (通常の3倍)
メダリオン特典のマイル
(デルタ航空の航空券価格に対するマイル)
1米ドルにつき7マイル (円の米ドル換算) 1米ドルにつき8マイル (円の米ドル換算)
デルタ航空ファーストフライトボーナス
(入会後6ヶ月以内の、デルタ航空での初回フライトが対象)
エコノミークラス:10,000マイル
ビジネスクラス:25,000マイル
継続ボーナス
(2年目以降の年会費支払い後の1〜2ヶ月後、毎年)
2,000マイル 3,000マイル
カードご利用ボーナスマイル
(入会日から1年間をプログラム期間とし、毎年プログラム期間中にカード利用合計額が100万円を超えた場合が対象)
100万円ごとに3,000マイル (各プログラム期間で最大3回まで付与) 100万円ごとに5,000マイル (各プログラム期間で最大3回まで付与)
海外ご利用ボーナスマイル
(海外でのカード利用分は獲得マイルが1.25倍)
- 海外だと400円で5マイル

 

 

ボーナスマイル/ デルタ航空でのカード利用に関しては、ゴールドカードはデルタカードよりも1.5倍ほどマイルが貯まりやすいことが分かります。

 

 

ちなみにデルタ航空の航空券をカード購入すると、「デルタ航空カードご利用マイル」に「メダリオン特典のマイル」が加算されるのですが、この内容は具体例を見ないとイメージしずらいと思うので、獲得マイルの具体例を2つ紹介しておきます。

 

 

デルタカード決済で例えば10万円分のデルタ航空の航空券を買う場合、デルタ航空カードご利用マイルとして2,000マイルが付与されます。

 

また、デルタカードで購入時の1米ドルが125円の場合、10万円=800米ドルなので、メダリオン特典のマイルが5,600マイル (800米ドル×7マイル) 貯まります。

 

つまりこの状況で10万円分の航空券を買うと、計7,600マイルが貯まるということです。

 

 

また、決済カードがゴールドカードの場合、デルタ航空カードご利用マイルは3,000マイル、メダリオン特典のマイルは6,400マイル (800米ドル×8マイル) なので、計9,400マイルが貯まります。

 

 

『マイルの使い道』

  1. デルタ特典航空券と交換 (フライト区間により交換マイル数は異なる、燃油サーチャージ代は不要)
  2. 10,000円分のJTB国内パッケージツアー旅行券 (10,000マイル単位で交換)
  3. 家族・友人にマイルを贈呈できるギフトマイル (2,000マイル単位で交換)

 

マイルは誰か知り合いにプレゼントするか、特典航空券と交換するかのどちらかがおすすめです。

 

 

メダリオン特典 (シルバー/ ゴールド) の違い

デルタカード/ ゴールドカード保有者は、デルタ航空でのマイル割増や優先搭乗、優先空席待ち等の優待を受けられるメダリオン会員資格が得られます。

 

(スカイチームとは、デルタ航空やエールフランス等が加盟する、20社程度による航空連合のこと)

 

 

メダリオン会員資格にはいくつかランクがあり、デルタカード保有者はシルバーメダリオン、ゴールドカード保有者はゴールドメダリオンに自動的にランクされます。

 

メダリオン特典の内容 シルバーメダリオン ゴールドメダリオン
デルタ航空の航空券購入時のマイルの割増 1米ドルで7マイル (通常、5マイル) 1米ドルで8マイル (通常、5マイル)
スカイチーム・ラウンジ
(搭乗当日の国際線航空券とカードを提示すれば、デルタ航空を含むスカイチーム加盟航空会社のラウンジを、カード会員本人と同伴者1人まで無料利用可)
×
デルタ航空スカイ プライオリティ
(デルタ航空のチェックインの迅速化、セキュリティチェック優先、優先搭乗、手荷物の受け取り優先、機内販売に使えるクーポン贈呈)
×
優先チェックイン
(デルタ航空利用の際、利用座席クラスを問わず、専用のビジネスエリート/ ビジネスクラス/ ファーストクラス用チェックインエリアを利用可)
優先空席待ち
(スカイチームの航空券予約時に希望の搭乗クラスに空席がない場合、キャンセル待ちの順番が優遇)
デルタ航空の一部国際線路線が対象のデルタ・コンフォートプラス
(エコノミークラスに比べて足元が最大4インチ広く、リクライニング角度も大きく、頭上の荷物棚に専用スペースがある座席の無料確保)
25米ドルの直接発券手数料が無料
(デルタ航空予約センター/ デルタ航空チケットオフィス窓口で航空券を発券する際、通常25米ドルかかる手数料が無料)
×

 

シルバーメダリオン (デルタカード保有者) の時点で、優先空席待ち/ 優先チェックイン/ デルタ・コンフォートプラスの優待を受けられるので、その時点でデルタ航空の利用 (航空券予約/ 搭乗前/ 搭乗中) が相当快適になります。

 

 

また、ゴールドメダリオン (ゴールドカード保有者) だと上記に加え、デルタ航空を含むスカイチームのラウンジを同伴者 (1人まで) と共に無料利用できるので、快適さがアップします!

 

 

付帯保険の違い

デルタカード/ ゴールドカードの保険内容の違いをまとめておきます。

 

デルタカード ゴールドカード
国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高5,000万円
国内旅行保険家族特約付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
海外旅行保険付帯条件利用付帯自動付帯+利用付帯
死亡・後遺障害最高5,000万円最高5,000万円 (自動)+最高5,000万円 (利用)
傷害治療最高100万円最高200万円(自動)+最高100万円(利用)
疾病治療最高100万円最高200万円(自動)+最高100万円(利用)
賠償責任最高3,000万円最高4,000万円(自動/利用共に同額)
救援者費用最高200万円最高300万円(自動)+最高100万円(利用)
携行品損害年間最高100万円年間最高100万円(自動/利用共に同額)
海外旅行保険家族特約付帯条件利用付帯自動付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
傷害治療最高100万円最高200万円
疾病治療最高100万円最高200万円
賠償責任最高3,000万円最高4,000万円
救援者費用最高200万円最高300万円
携行品損害年間最高100万円
ショッピング保険年間補償額500万円
自己負担額1万円
補償期間90日間
キャンセルプロテクション年間補償額-最高10万円
自己負担額-1千円/ キャンセル費用10%のいずれか高い方
リターンプロテクション年間補償額最高15万円
1商品の補償額最高3万円
補償期間90日間

 

国内旅行保険 (家族特約含む)、ショッピング保険、リターンプロテクション (返品不可品を) の内容は2枚ともまったく同じになります。

 

(リターンプロテクションとは、カード購入品の返品を購入店が受付けない場合、その商品をAmerican Expresにs送ると、払戻金を受け取れるサービスのこと)

 

 

一方、海外旅行保険 (家族特約含む) の補償額はゴールドカードの方がかなり良く、しかもゴールドカードにはキャンセルプロテクション (説明済↑) が付帯します。

 

 

特に海外旅行保険には補償額の増額枠 (利用付帯) があるので、ゴールドカード保有者が海外旅行の予約をする際は、ゴールドカード決済にて行い、しっかり増額させておきましょう!

 

デルタカード/ ゴールドカード共通のサービスを一挙に紹介

上記解説は主に2枚の特典の違いについてでした。

 

一方、この2枚は発行会社 (American Express) が同じなので、2枚共通のサービスは多数あり、以下でその共通点を箇条書きでまとめました。

 

 

■オンライン旅行予約サイトの割引

  • エクスペディア (海外ホテル8%オフ等)
  • アップルワールド (最安値よりさらに5%オフ)
  • 一休.com割引 (国内約1,400のホテル/旅館の割引)
  • 日本旅行 (厳選された宿に泊まるプラン「特選の宿」が5%オフ)

 

■電話1本で海外・国内の旅行手配

  • H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク

 

■出発時・帰宅時・空港での快適さ

  • 国内外30ヶ所の空港ラウンジを同伴者1名と共に無料利用
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港パーキング
  • 空港クロークサービス
  • メダリオン会員資格 (デルタカードはシルバーメダリオン、ゴールドカードはゴールドメダリオンが付帯)

 

■旅先でのサービス

  • タイムズカープラス会員カード発行手数料 (税込1,550円) が無料
  • 海外旅行先での日本語サポート
  • 海外用レンタル携帯電話のレンタル料が半額、通話料も10%オフ
  • 国内利用に限り、指定レンタカー会社の基本料金5%オフ
  • トラベル・サービス・ロケーション
  • グローバル・ホットライン (デルタカード限定)
  • オーバーシーズ・アシスト (ゴールドカード限定)

 

■ショッピング&エンターテインメント

  • チケットアクセス (各種イベントチケットの先行予約)
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • ダイニング・トレンド (人気レストランを紹介)

 

■付属カード

  • JR東海プラスEXサービス
  • ETCカード/ 家族カード

 

■カードセキュリティ

  • 不正プロテクション (カード不正使用の探知システム)
  • カード紛失・盗難時の無料の緊急再発行
  • 本人認証サービス「American Express SafeKeyR」ワンタイムパスワード
  • オンライン・プロテクション (ネット上で第三者にカードを不正使用された分を全額免除)

 

■スカイマイル全般

  • 100円で1マイルが基本
  • 各種マイルボーナスあり

 

デルタカードとゴールドカードの比較のまとめ

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・カード (12,000円+税) の時点で、デルタ航空とAmerican Express提供のサービスの両方がかなりハイレベルで揃ってるので、基本的には当カードで十分だと思います。

 

【⇒ デルタカードの公式サイトへ】

 

 

一方、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレ・ゴールド・カード (26,000円+税) はデルタカードの2倍以上の年会費ですが、海外旅行の出発・帰国時の送迎や海外での緊急支援 (オーバーシーズアシスト) 等、海外旅行での更なる利便性・安心感を得られます。

 

 

また、ゴールドカードだと世界各地のスカイチームのラウンジを無料利用 (本人+同伴者1人) できますし、デルタ航空だと優先的にチェックイン・搭乗を行え、目的空港到着時には他の客よりも先に手荷物の受け取りを行えます。

 

 

さらに、ゴールドカードだとスカイマイルが1.5倍ほど多く貯まりますし、海外旅行保険の補償も増額します。

 

 

【⇒ ゴールドカードの公式サイトへ】

 

この辺に価値を感じる人は、ゴールドカードを選ぶのがいいと思います!

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑