人気・有名ユーチューバーほどアンチとファンが多い!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【注目】ユーチューバー (YouTuber) はうざいが、能力があることは事実!

学校が終わって、仕事が終わって、家事が終わって、「さあてYouTubeでも見るか!」と若干テンションが上がりつつ、YouTube動画を何か1つ再生します。

 

 

するとまったく興味のない企業広告が勝手に再生され、せっかく上がったテンションがイライラに変わった!という経験をした人は多々いるはずです。

 

 

なぜ動画開始前に迷惑この上ない企業広告が出てくるかというと、その動画を上げたユーチューバーが開始 (再生) 前に広告配信がなされるように設定しているからです!

 

 

(既に知ってる人も多いでしょうが、) ユーチューバーは企業広告の再生数に応じ、YouTube運営元であるグーグルから報酬を貰えるので、その報酬欲しさにYouTube動画にわざわざ企業広告を載せるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

とは言えYouTube広告の報酬額は、1再生=0.025円〜0.05円前後なので、仮に10,000再生あっても250円〜500円という小学生の小遣い程度にしかなりません。

 

 

しかし近年はヒカキン (HIKAKIN) とかはじめしゃちょーのような、年収1億円超 (という噂) の大物ユーチューバーがちょくちょく登場してますし、月収100万円クラスだと日本だけでもおそらく100人以上はいると思われます。

 

(画像元:はじめしゃちょーTwitter)

 

 

そんな腕利きな彼ら (彼女ら) は色んなジャンルの動画 (やってみた系、商品紹介系、ユーチューバー同士のコラボ等々) を多数アップし、爆発的な報酬を得てるわけです。

 

 

しかしYouTube視聴者の多くは、"ユーチューバー動画=単なる金稼ぎの手段"ということを知ってるので、彼ら (彼女ら) の動画を見た際に、

 

 

「再生数稼ぎのために、わざとらしい動画を作り過ぎ!!」とか、

 

「ユーチューバーの○○は嫌い!」

 

という感じで、ユーチューバーを批判する視聴者はかなり多いと思います。

 

 

実際、管理人 (私) 自身もユーチューバーの大半は好きではありません。

 

 

しかしそんな管理人でも、YouTube収益だけで生活できるぐらい稼げてるユーチューバーに対しては、相当な敬意を払っています。

 

 

なぜならその領域に到達してるユーチューバーって、新規参入者が爆発的に多く、それゆえ広告収入の取り合いが超激しいYouTubeという世界で、(少なくとも現時点では) カリスマ的なポジションにいる実力者だからです!

 

 

なのでそんな凄い彼ら (彼女ら) に対し、管理人は、

 

「ユーチューバーはあまり好きではないが、YouTubeを媒体とした広告宣伝業というビジネスで生計を立てれてること自体は凄い!」

 

というふうに感じてますし、このような評価の仕方が一番フェアであると感じます。

 

 

ユーチューバーの努力はスルーされがち!

ユーチューバーを評価する際、YouTube視聴者の多くは彼ら (彼女ら) の表側、つまり動画で再生数を稼ぎ、そして報酬ゲットという流れに注目しがちです。

 

 

しかし大半の視聴者はユーチューバーの裏側、つまり動画のネタ探しやネタ実行への時間的・経済的な負担、あるいは費やした時間・お金以下の再生数 (報酬) しか取れないかもしれないという心理的な負担に耐えてることについては、ほぼスルーしてると思います!

 

 

なのでユーチューバー、特に動画配信で生計を立てれてるユーチューバーを批判するなら、その前に自分自身がYouTubeアカウントを取得し、実際に動画を上げ、グーグルの広告にも登録 (審査あり) し、その動画に広告を流し、

 

「報酬を1円発生させるのに要する労力や心理的な負担がどんなものなのか?」

 

を、実際に体験してみるべきです!

 

 

スポンサーリンク

 

 

もし体験者が10人いるとしたら、おそらく7〜8人ぐらいは、1円も発生させることが出来ずに力尽きると思います。

 

 

と、視聴者に対しこのようなことを言うと、

 

「じゃあ、お前 (私のこと) はYouTubeで1円以上稼いだことあるのか?」

 

という反撃を食らいそうですが、ここは素直に反撃を食らっておきます。笑

 

 

(管理人はYouTubeで1円稼いだどころか、1本の動画すらも上げてません)

 

 

しかし管理人はYouTubeに動画こそ上げてませんが、集客 (お金) 目的で当サイト (媒体) に自作記事 (コンテンツ) を追加する作業を5年ぐらいやってきた立場なので、利用媒体の違いはあれど、ユーチューバーが再生数 (お金) 目的でYouTube (媒体) に自作動画 (コンテンツ) を上げ続ける大変さが結構イメージできるのです!

 

 

(管理人の記憶が正しければ、) 金髪起業家のヒカル (Hikaru) という人気ユーチューバーが、

 

「10〜20分程度の動画を1本作るのに、撮影・編集・見直し等すべての作業時間を合わせると、だいたい10〜12時間ぐらいはかかる!」

 

と言ってました。

 

 

つまりヒカルの動画作成を例にすると、見る側 (視聴者側) は液晶画面を10〜20分ほどボーっと眺め、「面白い!」とか「面白くない!」とか色々言うだけでOKですが、作る側 (ユーチューバー) はたった1本の動画に10〜12時間もの労力を費やしてるのです。

 

 

もちろん簡単に作れる動画で高額を稼ぎ出すユーチューバーも多少はいるでしょうが、一般的に人気ユーチューバーと呼ばれてる人の多くは、その領域に到達する前は、

 

 

「苦労して動画を作り、投稿してるけど、はたしてブレイクする日は来るのだろうか?」

 

 

という不安を抱えつつ、あるいはブレイクしたらブレイクしたで、ネットストーカーや誹謗中傷などのストレスに耐えつつ、人気 (再生数) が落ちないようにブレイク前と同じようなモチベーションで日々愚直に動画投稿を継続しているのだと思います。

 

 

(先ほど書いたように、) 利用媒体こそ違えど、コンテンツ作成で報酬を得る大変さを管理人は身も持って知ってるので、たとえ瞬間的にユーチューバーを"好きではない"と感じても、その次の瞬間には"敬意の気持ち"も浮かんでくるのです。

 

 

当記事をここまで読んだ人は、たとえ自分がユーチューバー否定派だとしても、彼ら (彼女ら) の裏の努力を多少はイメージできたと思うので、その否定の気持ちは多少は下がったのではないかと思います。

 

 

逆にまったく下がらない人は、実際にYouTubeに自作動画を投稿し、広告を貼り、その動画でどれぐらいの再生数を稼げるか?どれぐらいの報酬になるのか?を試してみるべきです。

 

 

すると挑戦者のほとんどは、報酬振り込みライン (報酬合計8,000円) 到達前にギブアップ!という結果に落ち着くと思います。

 

 

そしてギブアップと同時に、

 

「あ、ユーチューバーは好きではないけど、ブレイクを信じて動画投稿を連発してきた根性と、実際にブレイクまでこぎ着けた能力自体は普通に凄いわ!」

 

というふうに評価が多少は変わると思います!

 

 

ユーチューバーという存在について結構マジメに語りましたが、管理人が言いたいことは単純で、

 

「YouTubeで広告収入を得る層を否定する人たちは、まず彼ら (彼女ら) の見えない努力を想像し、それに敬意を払いながら否定しよう!」

 

ということです。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑