楽しいく、幸せな人生を送る方法の話

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【実践中】楽しい人生を送るための、最も理にかなった方法を初公開します!

唐突ですが、「皆さん、楽しい人生を歩んでますか?」

 

おそらくこの問いに即座に「はい!」と答えられる人は結構少ないと思います。

 

 

「休日は比較的楽しいですか?」だったら、友達と会ったり、旅行したりで、「はい!」と答える人は多そうですが、「楽しい人生を歩んでますか?」という聞き方だと、YES派は相当減ると思われます。

 

 

なぜ相当減る (と予想できる) かというと、多くの人は自分の人生を可能な限り楽しいものに換えるための方法を知らないか、仮に知っていてもそうなるための努力をあまり行わないからです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ではどうすれば可能な限りの楽しい人生が送れるかというと、

 

 

という作業をやっていけば、必然的に人生の楽しさ具合が極限レベルに徐々に近づき、やがて極限に到達します。

 

 

実は私は上記作業を実践中で、その進捗状況はまだ半分強ほどですが、現時点で既に (私の) 理想にまあまあ近い人生を送れています!

 

ということで上記1〜4の内容を、私のエピソードを踏まえつつ、それぞれ順に詳しく解説していきます。

 

人生を楽しく過ごすために必須だと自分が感じる環境をすべて列挙しよう!

何をもって人生が楽しいかは、特定のパターンがあるわけではなく、個人個人によってかなり違ってきます。

 

なので楽しく過ごすためには、まず自分が楽しいと感じる環境なり状況なりを明確にする作業から入っていきます。

 

 

そういう環境・状況って、例えば「月の手取り30万円」とか「京都で集まれる飲み友達2人」とか無数にありますが、とにかく自分が必要だと思う環境を具体的に書き出していきます。

 

(既に到達済みのものも一緒に書き出します)

 

 

ちなみに私が必要とする環境は、

 

  1. 衣食住+αを賄える経済力
  2. 定期的には病院に行かなくてもいい程度の健康
  3. 週5日以上の自由時間
  4. 平日に一緒に遊びに行ける人
  5. そこそこ熱中できる趣味

 

の5つになります。

 

 

こんな感じで色々書き出し、自分オリジナルの楽しい人生への到達方法をまずは具体化・視覚化させていきます。

 

(何を書くかは自由ですが、「総理大臣になる」とか、「サッカー日本代表になる」といった、実現見込みがほぼないものは書かないようにしましょう)

 

まだ未到達の環境をすべて揃えよう!

今書いた環境の中で、まだ入手してない、まだ実現できてない残りの環境をすべて揃えていきます。

 

と、口で言うのは簡単ですが、これを揃えるのは多かれ少なかれそれなりの労力を伴います!

 

 

例えば、京都で集まれる飲み友達2人が欲しい人は、「京都 飲み友達 募集」とかでググって出てくるサイトを利用するなり、京都の街コンに行く等、京都の飲み友達ができそうな場所に積極的に出かけていきます。

 

 

あるいは現状手取り20万円の人が30万円にする場合、例えばアフィリエイトで残り10万円を補ったり (←これは私の実体験です)、月30万円の会社に転職する等の努力をしていきます。

 

 

この2例から分かるように、残りの環境は揃えるには (程度の差はあれど、) それなりの時間と労力、もしかすると相当な覚悟さえも必要となります。

 

ですがハードルを超えた先に、自分が思う最高の人生が待ってるので、何とか頑張って残りの環境を (できれば全て) 揃えてほしいです!

 

 

ちなみに私の場合は、前述の2・3・5は既に実現していますが、感覚的に1 (衣食住+αを賄える経済力) はあと30%ほど未達で、4 (平日に一緒に遊びに行ける人) は90%ほどが未達です。

 

 

なので私が理想とする人生を歩むには、1と4を100%に近づければいいということになります。

 

(先ほど説明した書き出し作業のおかげで、自分の理想人生が実現する条件が一目瞭然になっています)

 

スポンサーリンク

 

 

自分の固定ストレスをすべて列挙しよう!

楽しい人生を送るには単に必要環境 (書き出した項目) を揃えるだけでは不十分で、"固定ストレスの排除"という作業も同時に必要になります。

 

固定ストレスって要は連続的・断続的に、かつ確実に感じてしまうストレスのことで、例えば"会社の不快な同僚・上司に会う"とか、"小言の多い姑が定期的に家に訪ねてくる"などが該当します。

 

 

固定ストレスも必要環境と同様に人それぞれですが、とにかく連続的に、確実に感じるストレスを排除しなければ楽しい人生の実現は難しく、それを実現するにはそういったストレスの把握を (必要環境の把握と) 同時並行でしなくてはなりません。

 

 

例えば私は何の固定ストレスがあるだろうかと考えた際、週5日の会社勤め (零細IT) が唯一それに該当すると (0.1秒で) 分かりました。

 

こんな感じで、まずは自分の固定ストレスを把握します。

 

 

ちなみに固定ストレスの反対概念として、私は単発ストレスという表現をよくします。

 

単発ストレスは一時的な、突発的な、長期化しないストレスのことで、例えば風邪を引いてしんどいとか、テーマパークの待ち時間がダルイ等が該当します。

 

 

しかし今回明確化してほしいのは、あくまで固定ストレスの方です。

 

なぜなら単発ストレスは自分の人生全体に与える悪影響が、固定ストレスよりも明らかに低い場合が多いからです。

 

固定ストレスはすべて排除しよう!

今しがた把握した固定ストレスをすべて排除していきます。

 

もちろん口で言うのは簡単ですが、さっきも書いたように、楽しい人生を送るには必要環境の完備だけではダメで、定期的・確実なストレスの排除作業はどうしても必要になります。

 

 

実際、週5日のサラリーマン生活が嫌だった私は、当サイトを含む複数サイトでアフィリエイト記事をコツコツ書いていった結果 (2012年夏ごろ作業開始)、現在は最低でも月10万円の不労所得を得られるようになりました (2017年12月現在)。

 

 

そして毎月10万円あれば別に正社員で苦しむ必要はないと思った私は、さっさと脱サラし、今は近所の工場で週2のバイトで比較的自由な暮らしをしてるという状況です。

 

(アフィリエイト収入が月15万円に到達すれば、バイトを辞める予定なので、それを励みに記事執筆を頑張っています)

 

 

このように、私の場合はアフィリエイトを頑張ることにより、唯一の固定ストレスであった"週5日の会社勤め"からは免れ、"週2のバイト生活"という、固定ストレスの緩和にまでとりあえずはこぎ着けました。

 

そしてもう少し頑張れば、今の緩和状態 (週2のバイト) がゼロ状態 (バイト辞める) に到達し、固定ストレス (広義は会社に行くこと) の完全排除を達成できるという算段です。

 

 

実は先ほど書いた、"衣食住+αを賄える経済力はあと30%ほど未達"というのは、とりあえず月15万円のアフィリエイト収入を目指していて、そのうちあと5万円は未達なので、あと30%が未達と表現したのです。

 

 

このように数年かけて固定ストレスの排除に取組んできた私のように、この記事を読んでる人もぜひそういったストレスから解放されるよう、何かしらの努力をし始めてほしいです。

 

まとめ

綺麗ごと無しの、自分オリジナルの、可能な限りの楽しい人生を送るには、やはり以下のことを実践する以外に方法はないと思います。

 

  1. まず、人生を楽しく過ごすために必須だと自分が感じる環境をすべて列挙し、
  2. 次にまだ未到達の環境をすべて揃えつつ、
  3. 同時に自分の固定ストレスをすべて列挙し、
  4. その固定ストレスをすべて排除していく

 

人によっては、上記は理想論だ!と批判するでしょうが、実際に私はこれを念頭に置きつつ、ここ5年ぐらいを真剣に生きた結果、理想的な人生にかなり近づきました。

 

(私の理想人生やその到達具合は、既に紹介済)

 

ということで当記事に少しでも触発された人は、実際に上記をやってみる価値は大いにあると思います。

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑