時間をうまく使う方法・コツ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

【新発見】誰でも時間を超効率的に使えてしまう方法

「1日は24時間である!」ということは、年齢・性別・貧富の差に関係なく、すべての人に共通する事実です。

 

なので1日でより多くのこと (仕事・私用・遊び等) をこなすためには、無意味な時間を極力減らしたり、効率化できる作業はなるべく効率化させるしか方法がありません。

 

 

そこで時間をより有効に使えるようにするための方法をネットで調べると、

  • 物事に優先順位を付け、優先度の高いものだけを行う
  • メリハリ (30分作業したら、次の10分は休む等) をつける
  • 今日やることをリスト化 (可視化) する

という感じの方法に行き当たると思います。

 

しかし時間を効率的に使えなくて悩んでる人の多くは、これらの方法は既に知っていて、頭ではそうするのが良いと理解してるのに、なぜか行動に移せないのです!

 

 

ではなぜ行動に移せないかというと、それは上記方法が単なる"文字列"や"空想"程度にしか、脳が認識してないからです。

 

しかしこれから話す方法を実践すると、「時間を無駄にするのが許せない!」という思考モードに脳が勝手に切り替わるので、時間の効率化に苦戦してる人はぜひ参考にして下さい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

短時間・ハードに筋トレすると、時間に対する思考が切り替わる!

なんか突拍子もないこと書いてると思われそうですが、実は筋トレ (といっても8分程度) すると、"時間=超貴重"という思考が勝手に身に付きます!(管理人の実体験)

 

筋トレの種目自体 (腕立て・腹筋等) は何でもいいのですが、例えば「筋トレ1種目30秒 ⇒ 2分の休憩」というサイクルを3セットぐらいやると、「とにかく時間は貴重だ!」という発想になるのです。

 

 

筋トレ中の負荷がかかってる30秒って相当長く、逆に休憩中の2分はまるで一瞬のように感じられますし、たった8分の筋トレを継続的に続けると、体つきが結構変化します。

 

 

そして筋トレの8分で「しんどく、長い30秒」や「しっかり堪能 (意識) する休憩の2分」そして、「普段無駄にしがちな8分で、体つきが相当変わる」ということを体験すると、少なくとも筋トレしたその日は、「時間を無駄したくない」!という考えに変わっていると思います。

 

(数日おきに8分間の筋トレを実践すると、時間を無駄にしたくないという感覚を常時保てます)

 

 

8分という短時間って、電車内でボーっとしたり無意味にスマホを見て夜更かしする等で、何かと無駄にしがちなわけですが、少なくとも管理人はこの8分筋トレを生活に取り入れたことで、電車中は仕事関係の調べものをし、夜はさっさと寝るという感じに生活習慣が変わり、時間の使い方が明らかに上手になりました!

 

 

なので時間の使い方が下手だと感じる人は、8分筋トレにより時間の大切さを身をもって (肉体的負荷・しんどさをもって) 体験することをおすすめします。

 

もし8分筋トレを実践すれば、管理人の言ってることが自然に理解できると思います。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑