法人カードを使うと、企業経営や個人事業に使った経費の一元管理を行えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

法人カードとは?

法人カードとは、法人 (企業や個人事業主) 向けに発行されるクレジットカードのことで、経理事務の簡素化が主目的です。

 

法人カードの契約者は法人で、事業主用のカードの他、必要であれば社員個々にカードを提供することが可能となります。

 

 

法人カードも個人のクレジットカードと同様に申込審査 (経営状況や経営年数等) があり、審査に通れば作ることができます。

 

 

また、法人カードは規模により呼び名が変わり、中小企業向けの法人カードは「ビジネスカード」、大企業向けの法人カードは「コーポレートカード」と呼ぶことが多いです。

 

 

両者の線引きに明確なラインはありませんが、前者はより個人のカードに近く、後者は法人業務をより合理化できるサービスに注力しているという傾向が見られます。

 

(両者の特徴についての詳細は、ビジネスカードとコーポレートカードの違いを見てください)

 

法人カードの特徴

冒頭でも書きましたが、法人カードの主目的は経理事務の簡素化です。

 

経理事務には消耗品の補充や各事業所の賃料・水道光熱費の支払い、社員の接待・出張費の把握・精算など、膨大な事務作業があります。

 

 

そして会社が大規模になるにつれ、こうした経費の動きは複雑化・巨大化していきます。

 

 

しかし消耗品の購入代金や毎月の固定費を法人カード支払うことにより、カード会社がその費用を一時的に立替えてくれるので、現金を動かす労力を省けます。

 

 

あるいは各社員が法人カードで接待・出張費を支払うことで、その内容・日時を経理が正確に把握することが容易となります。

 

法人カードの利用履歴で正確な情報が分かるので、接待・出張費の水増し申告を防ぎやすくもなります。

 

 

つまり法人活動経費の動きがで簡単に一元管理できるのです!

 

 

さらに法人カードの利用でポイントが貯まるので、法人は実質的に経費の一部還元を受けられるメリットを享受できます。

 

社員が個人名義のカードで立替えて得たポイントは個人のものですが、社員の法人カード経由で発生したポイントはすべて法人のものとなります。

 

 

しかも2015年6月現在だとポイントは課税対象外なので、法人カードに付くポイントは文字通り"すべて"事業主の手に入ります!

 

 

『法人カードのまとめ』

  1. 経理作業の簡略化・経費の水増し申告の防止
  2. ポイント還元による、実質的な経費の一部削減

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑