法人カードを使うと、企業経営や個人事業に使った経費の一元管理を行えます!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

法人カードで企業の経理事務を簡素化する!

クレジットカードは一般的に、一般カード/ ゴールドカード(以上)の2つに分類できます。

 

 

この2つの分類基準は、年会費の高低や付帯のサービスの充実度などが、その基準となります。

 

 

一方、クレジットカードをこれは別の尺度で区分することもできます。

 

 

具体的にはプライベート用なのか、ビジネス用なのかという尺度です!

 

 

プライベート用とは、僕たちが普段の買い物やネット通販等で普通に使ってるカードのことです。

 

 

一方、ビジネス用は私用ではなく、勤務先の業務遂行にかかる費用 (=必要経費) の決済クレジットカードのことで、こういったカードのことを"法人カード"と呼んだりします。

 

 

法人カードの概要

法人カードとは、法人 (企業や個人事業主) 向けに発行されるクレジットカードのことで、その主目的は経理事務の簡素化です。

 

 

法人カードの契約者は法人で、事業主用のカードの他、必要であれば社員個々にカードを提供できます。

 

 

法人カードも個人のクレジットカードと同様に、申込審査 (経営状況や経営年数等) があり、審査に通れば作ることができます。

 

 

また、法人カードは規模により呼び名が変わります。

 

 

中小企業向けの法人カードは「ビジネスカード」、大企業向けの法人カードは「コーポレートカード」と呼ぶことが多いです。

 

 

両者の線引きに明確なラインはありませんが、前者はより個人カードに近く、後者は法人業務をより合理化できるサービスに注力しているという傾向が見られます。

 

 

法人カードの特徴

先ほど書きましたが、法人カードの主目的は経理事務の簡素化です。

 

 

経理事務には消耗品の補充や各事業所の賃料・水道光熱費の支払い、社員の接待・出張費の把握・精算など、膨大な事務作業があります。

 

 

そして会社が大規模になるにつれ、こうした経費の動きは複雑化・巨大化していきます。

 

 

しかし消耗品の購入代や毎月の固定費を法人カード支払うことにより、カード会社がその費用を一時的に立替えてくれるので、現金を動かす労力を省けます。

 

 

更に、各社員が法人カードで接待・出張費を支払うことで、その内容・日時を経理が正確に把握することが容易となります。

 

 

法人カードの利用履歴で正確な情報が分かるので、接待・出張費の水増し申告を防ぎやすくもなります。

 

 

つまり法人活動経費の動きがで簡単に一元管理できるのです!

 

 

さらに法人カードは個人カードと同様、利用額に応じたポイントが法人に還元されるので、その法人は実質的に経費の一部削減が可能というメリットもあります。

 

 

(社員に持たせた法人カードで発生した総ポイントが仮に1万円相当の場合、実質的に法人は1万円の経費削減となります)

 

 

社員が個人名義のカードで立替えて得たポイントは個人のものですが、社員の法人カード経由で発生したポイントはすべて法人のものとなります。

 

 

しかも2019年9月現在、ポイントは課税対象外(だとの見方が強い)なので、法人カードに付くポイントは文字通り"すべて"事業主の手に入ります!

 

 

■法人カードのメリットのまとめ

  1. 経理作業の簡略化
  2. 経費の水増し申告の防止
  3. ポイント還元による、実質的な経費の一部削減

 

 

法人カードにはこういったメリットがあるので、法人カードなるものが存在してるというわけです。

 

 

ちなみに僕の知る限りでは、EX Gold for Biz(エグゼクティブ ゴールドフォービズ)という法人カードが激熱です!

 

 

この法人カードには、会計ソフト「freee」や空港ラウンジサービス (国内19空港、海外2空港)、大人気の福利厚生「ベネフィット・ステーション」等のサービスが付帯しています。

 

 

しかも年会費は格安の税別2,000円です!

 

 

法人カードの選択に迷ってる社長さんや個人事業主の人は、EX Gold for Bizについての以下の解説記事も併せてチェックです!

 

【⇒ EX Gold for Biz (エグゼクティブ ゴールドフォービズ) の詳細】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑