docomo、SotfBank、auスマホ・ケータイ向きのクレジットカード

このエントリーをはてなブックマークに追加 

docomo、SotfBank、auユーザー向けカード

LINEやFaceTimeなどのアプリ登場により、一昔前ほどケータイ利用料金はかからなくなってきました。

 

しかし、基本使用料や通信費 (パケット通信料) が存在する限り、毎月一定額の支払いは避けられません。

 

ですが各ケータイ会社発行のクレジットカードを使うことで、ケータイ関連の支出を大幅に削減できるので、自分が契約してるケータイ会社のカードをなるべく活用してほしいです!

 

dカード

前身のDCMXカードが廃止され、2015年11月20日から代わりに登場したのがdカードです。

 

DCMXカードはドコモ利用者しか所有できませんでしたが、dカードはドコモ利用者以外でも申込めるようになっています!

 

dカードのポイント (dポイント) 還元率は最低1%の高さですし、ENEOSだと2%、さらにローソンやマクドナルドだと5% (3%オフ+ポイント2%) にまで上昇するので、別にドコモとか関係なくこれらの店舗を利用する人にも魅力的なカードとなります。

 

 

そして集まったdポイントは、ドコモ関連 (通話料/ パケット通信料/ dマーケット/ ケータイ端末代金など) の支払いで使えるほか、ローソン/ ケンタッキー/ ビックカメラ/ 昭和シェル石油などでお馴染のPontaポイントに移行することも可能です。

 

DCMXカードのポイント (ドコモポイント) はドコモ関連でしか使えませんでしたが、より進化したdポイントの場合はドコモの垣根を軽く超えているのです!

 

 

また、dポイント以外だとdカードケータイ補償 (購入から1年間は、ドコモケータイの修理・買換費用を最大1万円を補償) の存在が大変嬉しいです。

 

年会費は実質無料で、しかも高還元率/ ポイントの利便性が高い/ ケータイ補償が付くので、ドコモユーザーを中心に今後メジャーとなっていくカードだと思います!

   

dカード GOLD

前身のDCMX GOLDが廃止され、2015年11月20日から代わりに登場したのがdカード GOLDです。

 

DCMX GOLDはドコモ利用者しか所有できませんでしたが、dカード GOLDはドコモ利用者以外でも申込めるようになっています!

 

dカード GOLDのポイント (dポイント) 還元率は通常1%ですが、ドコモケータイとドコモ光に限っては10%と超高ので、少なくともドコモ利用者は持ってないとかなり損だと言えます!

 

 

また、ローソンやマクドナルドだと5% (3%オフ+ポイント2%)、ENEOSでも2%の高さなので、別にドコモとか関係なくこれらの店舗を利用する人にも魅力的なカードとなります。

 

そして集まったdポイントは、ドコモ関連 (通話料/ パケット通信料/ dマーケット/ ケータイ端末代金など) の支払いで使えるほか、ローソン/ ケンタッキー/ ビックカメラ/ 昭和シェル石油などでお馴染のPontaポイントに移行することも可能です。

 

 

さらに当カードはゴールドカードなので、各種特典・保険ももちろん充実しています。

 

最大10万円のケータイ補償/ 最大2万円のケータイ購入優待券/ 最大300万円のショッピング保険/ 家族特約付きの旅行保険/ 航空便遅延費用特約 (←かなりレア) などが付帯します。

 

さらに空港ラウンジサービスやUSJドコモラウンジサービスの利用も可能となります。

 

一方、年会費は10,800円 (税込) と高めに設定されてますが、ケータイ料金の年間総額が10万8千円 (月9,000円) で年会費を相殺できるので、実質的に負担は"なし"か"小額"で上記サービスを受けられる大奮発のカードなのです。

   

 

auじぶんカードセゾンとSoftBankカードの新規会員募集の終了について

docomo発行のカード2枚を紹介しましたが、以前はau発行の「auじぶんカードセゾン」、SoftBank発行の「SoftBankカード」という、auやSoftBankで超役立つカードがありました。

 

しかし、auじぶんカードセゾンは2014年4月に、SoftBankカードは2015年2月に新規会員募集が終了となってしまいました。

 

もしまた募集が再開した場合は、当サイトでも情報を扱っていくことにします。

 

『関連性の高いページ』

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑