給油代を大幅節約できるクレジットカード

このエントリーをはてなブックマークに追加 

より安く・よりお得に給油を行なえるカード

ガソリン価格って中東情勢や外交状況で値段が大きく変動するので、もし長期的な高騰が続けば、それだけ家計にとっては大きな負担となります。

 

しかしガソリン系のクレジットカードで給油を行なえば、給油コストを数%は削減できるので、その負担はいくらか軽くなります。

 

なので、以下で紹介するカードを参考に、自分がよく利用するSS (サービス・ステーション) 関係のカードをぜひ積極活用してほしいです!

 

JCBドライバーズプラスカード

『月間カード総利用額・・@』『SSでの給油・買い物分とETC利用分・・A』と、総利用額で決まる『キャッシュバック率・・B』の3つから、その月のSS給油・買い物・ETC利用分のキャッシュバック額が決まるカードです。

 

例えば@が10万円としたらBは10.0%と確定し、Aが2万円としたらキャッシュバック額は、2万円×10.0%で2千円となります。

 

 

キャッシュバック対象となるSS、ETC道路 (高速道路) は、全国の大半のSS、ETC道路なので、ガソリン消費量やETC利用額の多い人におすすめです。

 

(キャッシュバックの仕組みが多少ややこしいので、詳しくは詳細を見て下さい)

   

コスモ・ザ・カード・オーパス

コスモ石油でガソリン・灯油などを給油する人におすすめのカードです。

 

大半のコスモ石油で給油をコスモ・ザ・カード会員価格で行なえますし、入会最初の50L (リッター) はリッター当たり10円安く給油を行なえます。

 

会員価格は現金価格よりリッター換算で数円 (4円程度) 割安ですし、最初の50Lは合計500円 (10円×50L) も安くなります。

   

シェルPontaクレジットカード

昭和シェル石油での給油で、リッター当たりPontaポイントが2ポイント貯まるカードです。

 

あるいはPontaポイント加盟店だと、100円で2ポイントが貯まります。

 

ポイントは加盟店 (出光SS、ローソン、ビックカメラ、ケンタッキーなど) での支払いやJALマイルへの移行に使えます。

ENEOSカード S

ENEOSのガソリン・軽油がリッター2円割引、灯油ならリッター1円割引となるカードです。

 

しかも大半のENEOS SSは、ENEOSカードでの支払いには会員店頭価格として最安値を提示してくれるので、最安値から割引を受けられるのです!

 

一方、ENEOSのカーメンテ商品をカード購入すると、1,000円毎にENEOSカードポイントが20ポイント付与されます。(還元率2%)

 

ポイントはキャッシュバックやJCBギフトカード等に使えます。

   

ENEOSカード P

ENEOSでの給油・カー用品の購入・洗車・オイル交換などで、1,000円毎にENEOSカードポイントが30ポイントも付与されます!(還元率3%)

 

ポイントはキャッシュバックやJCBギフトカード等に使えます。

 

ENEOS関連の利用で大幅にポイント還元されるので、給油以外にもENEOSのサービスを多用する人に最適なカードとなります。

   

ENEOSカード C

ENEOSや一般店でのカード利用合計額に応じ、ENEOSでのガソリン・軽油の値引き額が決まるカードです。

 

値引き額はリッター当たり、1円・2円・4円・5円・7円の5種類があり、利用合計額が大きくなるほど値引き額も大きくなります。

 

例えばリッター7円の値引きは、利用合計額が7万円以上で適用されます。

   

 

『関連性の高いページ』

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑