ビットフライヤーへの入金・送金・振込方法の違いを説明

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ビットフライヤーの入金方法3つと、それらの違いを徹底解説!

ビットフライヤーで仮想通貨 (ビットコイン・イーサリアム) を買うには、アカウントにお金が入ってる必要があります。

 

 

アカウントにお金を入れるには入金作業が必要なんですが、入金方法には、

  • 金融機関ATMから入金
  • ネットバンク (ネット銀行) からクイック入金、あるいは住信SBIネット銀行から入金
  • コンビニATMから入金

という3つの中から選ぶのが基本になります。

 

 

入金と聞くと、多くの人は金融機関ATMを選びそうですが、手数料の安さ・入金の手間の軽さ・残高反映までの時間の短さの点から、住信SBIネット銀行から入金するのが最も効率的となります!

 

 

スポンサーリンク

 

 

また、住信SBIネット銀行を利用しないなら、ネットバンクからクイック入金するのがセカンドベストとなります。

 

と結論を先に書きましたが、ここではこれら3つの入金方法の違いについて解説しています。

 

 

ちなみにビットフライヤーを利用するにはまず口座開設が必要なので、まだの人はこの機会にさっさと開設してしまいましょう!

 

【⇒ bitFlyerの公式サイトへ】

 

金融機関ATMから入金する

入金 (送金) 手段として最も馴染み深いのが、金融機関ATMを利用する方法です。(キャッシュカードが必要)

 

金融機関ATMからビットフライヤーに入金する場合、振込先は三井住友銀行または住信SBIネット銀行のどちらかになります。

 

(この2銀行のみが、ビットフライヤー指定の振込先になります)

 

 

 

 

ただし金融機関ATMからこの2銀行に振込む場合、自分名義の金融機関の口座情報をあらかじめビットフライヤーに登録しておかなくてはなりません!

 

自分名義の口座の登録は、ビットフライヤーにログイン後の画面右下の、「銀行口座情報確認」から行え、ステータスが承認済になってから、三井住友銀行または住信SBIネット銀行に振込みを行います。

 

 

 

もし自分の口座が未登録か、あるいは未承認の状態で振込むと、その振込がビットフライヤーのアカウント残高に反映されません。

 

なので金融機関ATMから入金する人は、ログイン画面の左サイドバーの入出金の画面に、お客様口座情報が表示されてから振込むようにしましょう!

 


(私の場合、住信SBIネット銀行の口座を登録しました)

 

 

ちなみに金融機関ATMって24時間いつでも開いてるわけではないですし、入金が口座に反映されるまでに丸1日とかかかりますし、他行宛の振込みだと数百円の手数料が発生します。

 

(そのATM運営の金融機関の営業時間外や土日祝日だと、手数料がもっと高くなります)

 

なので個人的には、最も利用価値の低い入金方法だと思っています。

 

 

スポンサーリンク

 

ネットバンク (ネット銀行) からクイック入金する

銀行ATMよりも、ネットバンクのクイック入金にてビットフライヤーに入金する方が断然お得です!

 

なぜならネットバンクのクイック入金だと自宅からいつでも好きなときに入金を行えるからです。(ネットバンクアカウントにログイン用のID・パスワード等が必要)

 

 

■クイック入金とは?

24時間・365日ネットバンキング (ネット入金) が可能な、オンライン入金サービスのことです。

 

クイック入金を利用すると、その入金が入金先金融機関の口座残高に即時反映されます。

 

基本的にネットバンクのクイック入金は、おおよそどこの金融機関 (三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、りそな銀行等) のネットバンクにも対応しています。

 

 

もちろんネットバンク専門 (店舗・ATMなし) の金融機関である「じぶん銀行」や「住信SBIネット銀行」も、クイック入金に対応しています。

 

(新生銀行は非対応、楽天銀行はクイック入金が現在 (2017年7月時点) 停止中です)

 

(金融機関ATMからもクイック入金を行えますが、このやり方で入金する人はかなり少ないと思います)

 

 

ただしクイック入金を利用するには、324円の手数料が発生します。

 

例えば50,000円をクイック入金する場合、計50,324円が必要になります。

 

 

 

ここで豆知識ですが、じぶん銀行と住信SBIネット銀行の2つに関しては、各銀行のオンライサービスによりクイック入金が行われ、この2銀行以外の金融機関のクイック入金はペイジー (Pay-easy) にて行われます。

 

 

ちなみに住信SBIネット銀行の場合、入金方法を少し工夫すると (←クイック入金は使いません)、手数料ゼロでビットフライヤーアカウントに入金を行えます!

 

(入金はもちろん即時反映します!嬉)

 

【⇒ 住信SBIネット銀行からビットフライヤーに手数料無料で入金する方法】

 

コンビニATMから入金する

金融機関ATMや自宅からのオンライン入金以外に、コンビニATMから入金する方法もあります。(オンライン決済番号・確認番号が必要)

 

■主なコンビニATM

Loppi/ Famiポート/ Kステーション/ ミニストップ/ デイリーヤマザキ/ スリーエフ/ セイコーマート

 

ただしコンビニATMで入金する場合、あらかじめパソコン等からオンライン決済番号 (お客様番号) と確認番号の2つを発行しておく必要があります。

 

 

 

この2つの番号をコンビニATMの端末に入力することで出力される申込券 (受付票) をレジ店員に渡し、申込券記載の金額 (ビットフライヤー入金額+手数料324円) を払うことで、ビットフライヤーに入金を行えます。

 

入金は約1時間ほどでビットフライヤー口座に反映します。

 

ビットフライヤーに入金する方法のまとめ

個人的に最もおすすめなのは、住信SBIネット銀行からビットフライヤー (住信SBIネット銀行) にネット入金する方法です。

 

なぜなら住信SBIネット銀行同士だと、回数無制限で手数料無料で入金ができるからです!

 

(この辺の詳細につていは、【手数料無料】住信SBIネット銀行からビットフライヤーに入金する方法を見て下さい)

 

 

また、このやり方以外だと、金融機関ネットバンクのクイック入金か、コンビニATMを利用するのがベターです。

 

(もしコンビニATMを使う場合、オンライン決済番号と確認番号のメモなり写メなり印刷なりを忘れないようにしましょう)

 

一方、金融機関ATMは営業時間の短さや残高反映が遅い等の問題があるので、極力使わないようにしましょう!

 

 

ちなみにビットフライヤーの口座をまだ持ってない人は、この機会にぜひ口座を作っておきましょう!

 

【⇒ bitFlyerの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑