クレジットカードは実は浪費の抑制・節約効果がある!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

クレジットカードはむしろ浪費を防げる!

クレジットカードでよく言われるデメリットの1つに、「カード払いに慣れると浪費癖が付く!」という主張があります。

 

しかしこの主張を裏付ける客観的な証拠はなく、全国規模の調査など (管理人の知る範囲では) 行われていないので、もしかしたらただの思い込みが広がってるだけの可能性もあります。

 

 

このように"浪費癖"の真偽ははっきりしませんが、約10年のカード利用歴を持つ管理人に言わせると、

 

「クレジットカードはむしろ浪費を防げる!」

 

とほぼ断言できます!

 

 

なぜならクレジットカードにはオンライン明細の機能があるので、過去の無駄な買い物を洗い出しやすく、次回以降の買い物ではその無駄を避ける方向に意識を向けれるからです。

 

オンライン明細だと過去のカード利用歴が直近1年ほど残るので、既に記憶のかなたに消えたであろう、半年前とかの浪費でさえも発見でき、再反省ができるので、浪費を防げる可能性が高いというわけです!

 

 

一方、クレジットカードを使わない現金主義の人の場合、過去の浪費を反省する機会はほぼないので、必然的にカード利用者よりも浪費頻度が高くなると考えられます。

 

もちろん現金払いであっても、家計簿を付けていればそれがオンライン明細の代役になるので、浪費の見直しという点では申し分ありません。

 

しかし家計簿だと記入の手間がいるので、どうせならオンライン明細 (つまりクレジットカード) を使う方が賢いと思います!

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードで浪費を防げた私の実例

先ほどから「カードは浪費を防げる!」を連呼してる管理人ですが、理屈ばかり言ってても無意味なので、この辺で"管理人の過去の浪費とその改善策"を紹介することにします。

 

 

下の図は2016年2月の管理人の楽天カードのオンライン明細です。

 

(地域を限定できる情報は白塗り加工しています)

 

 

明細を見ると、ゲオとドコモから請求があることが分かります。

 

2016年2月当時、管理人は海外ドラマをかなり視聴していたので、そのDVDレンタルのためにゲオ (合計2,806円) を利用していましたし、ケータイはドコモ契約 (8,865円) でした。

 

 

しかしDVDレンタル料が高いと感じた管理人は、フールー (hulu)という動画配信サービス (見放題) への加入で、海外ドラマの視聴コストを月額1,007円に落とすことに成功しました!

 

(明細は2016年4月支払分のもの)

 

 

しかしドラマ視聴コストを減らせたのいいのですが、今度はドコモ利用料金 (8,836円) を何とか落としたいと考えるようになりました。

 

 

そこで2016年3月にドコモを解約し、ケイ・オプティコム運営のmineo (マイネオ)という格安SIMに乗り換えを行いました。

 

(明細は2016年6月支払分のもの)

 

 

格安SIMだと月々のケータイ代が約1千円に収まる破格の安さなので (初月は登録手数料などで4,382円)、ドコモから格安SIMに乗り換えを行ったのです。

 

 

ちなみにドコモ利用料金 (5月分) が20,390円と異常に高いのは、月々9千円弱の通常料金に解約手数料 (約1万円) とケータイ番号持ち出し料 (約2千円) が加算されたからです。

 

(は!ふざけんなドコモ!!怒、と心の中で叫んだのを覚えています。笑)

 

 

(ドコモの20,390円は相当きつかったですが、)これで2016年7月〜10月のケータイ料金は約5千円 (格安SIMが約1千円+ケータイ端末残金が月々4,104円) に、そして2016年11月以降は格安SIMの1千円だけで済むことになりました。

 

 

そして少し時間が経った頃、興味のある海外ドラマをある程度見尽くした管理人は、huluを解約することにしました。

 

(明細は2016年8月支払分のもの)

 

 

明細を見ると、huluの月額1,007円が消えてることが分かります。

 

また、8月の段階ではケータイ端末残金 (月々4,104円) の支払いはあるものの、実質的なケータイ料金 (ケイ・オプティコム) は995円だったので、良い感じに節約できてることが確認できます!

 

 

ドコモから格安SIMへの乗り換えは短期的には割高でしたが、中期・長期的には圧倒的に割安なので、乗り換えて本当に良かったです!

 

まとめ

クレジットカードのオンライン明細により、管理人の場合は"海外ドラマの視聴料金"と"ケータイ料金"の削減、つまり無駄な出費 (浪費) を防ぐことに成功しました。

 

もちろんこの2つの料金を削れることは頭では理解してましたが、実際にhulu契約 (後に解約)/ 格安SIM乗り換えという行動を取れたのは、オンライン明細で過去のカード利用歴を画像で確認できたからなんです!

 

 

なので現在、現金で買い物してる人がカードを使うようになり、定期的にオンライン明細を見返すようになると、(管理人と同様に) 何かしら無駄な出費を抑える具体的な行動をとるようになると思います。

 

これから消費税が10%に上がる厳しい時代に突入するので (2019年10月の予定)、これを機会に少しでも浪費癖を改善したい人は、ぜひクレジットカードを使うようにしましょう!

 

ちなみにカードを1枚も持ってない人は、以下の記事を見てみて下さい。

 

■人気のクレジットカードをランキング形式で比較!

当ページでは当サイト経由の申込件数を元に、クレジットカードのTOP10ランキングを独自に発表しています。

 

なのでこれからカードを作ろうと考えてる人は、ぜひカード選びの参考にしてほしいです。

 

【⇒ 人気のクレジットカードをランキング形式で比較!】

 

『カード関連の色々』
スポンサーリンク


ページトップに戻る↑