銀行口座を持ってるなら、絶対にクレジットカードを作ろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

クレジットカードは銀行預金の100倍以上お得!

「クレジットカードって利用額の1%ぐらいしか実利を生まない!」

 

という理由で、カードを1枚も持ってないとか、たとえ持っていてもほぼ使わないという人が大勢います。

 

(実利とはポイントやキャッシュバックのこと)

 

 

たしかに店舗が定期的に行う20%割引や半額セールなどの格安セールと比べると、カードの1%って本当に微々たるものだと感じてしまうのも無理はありません。

 

しかし、銀行の預金金利とカードの1%を比較するとどうでしょうか?

 

 

預金金利は普通預金だと約0.01%、定期預金でも0.1〜0.2%程度なので、カードの1%は普通預金の100倍、定期預金の5〜10倍もの実利を生み出してくれます!

 

しかもカードの1%は数年後もほぼ確実に1%であり続けるのに対し、預金金利は頻繁に下がります。

 

 

また、預金金利ってその20%は税金扱いとなるので、預金者の口座に実際に振り込まれるのは残った80%だけとなります。

 

つまり金利の頻繁な減少や20%の税金まで考慮すると、カードの潜在的・実質的な実利は普通預金の100倍以上、定期預金の5〜10倍以上と言えるのです!

 

 

それと先ほど、「店舗の20%割引とか半額セールと比べると、カードの1%は微々たるもの」と書きましたが、カードの1%の実利を長期視点で見ると、実は店舗の格安セール級のメリットがあることが分かります。

 

なぜならカードの1%はカード払いできるもの (水道光熱費/ 通信費/ ショッピング/ 娯楽費など) ならすべて1%の実利となり得るからです!

 

 

例えば確実にカード払いできる毎月の固定費 (水道光熱費、通信費) の合計が2万円とすると、この固定費だけでも年間24万円もカードを使う機会があることになるので、もしカード払いしていれば年間2,400円の実利 (節約) となります。

 

しかもこの仮定はあくまで固定費だけの話であり、もし変動費 (ショッピング、娯楽費など) も加えると、年間5千円〜1万円ぐらいは節約できることになります。

 

 

一方、格安セールは1回当たりの実利 (割引) は大きい (数千円〜1万円前後とか) ですが、単発で行われる場合が多いので、回数を稼ぐことは難しいです。

 

つまりカードを積極利用してる人は、銀行口座を持ってるだけの人よりも100倍以上の、店舗の格安セール級のお得さを受けてることになるのです!

 

スポンサーリンク

 

クレジットカードが銀行預金よりも圧倒的にお得な実例!

理屈だけ書いててもあまり説得力がないので、ここでサイト管理人がカード利用で銀行金利よりも圧倒的に得してる状況を1つ紹介します。

 

管理人は実利 (還元率) 1%の楽天カードをここ8年ぐらい使っていて、右の画像はその楽天カードで貯めたポイントの総保有数 (残ポイント数) となります。

 

 

しかし楽天トラベルや楽天市場などで過去にポイントを大量消費したので、記事執筆時点 (2016年10月現在) での総保有数は5,821ポイントと少ないですが、もし使ってなければ8年で合計6万ポイントぐらいは貯まっていました。

 

8年で6万ポイントなので、1年換算だと7,500ポイント (7,500相当) となります。

 

 

一方、下の画像は、ゆうちょ銀行におよそ120万円を半年間 (2015/10/1〜2016/4/1)、普通預金で預けていた際に得た金利となります。

 

 

利子 (金利) は140円ですが、28円 (20%) の税金が徴収されてるので、実質的な金利は112円となります。

 

半年で112円なので、1年換算だと224円となります。

 

 

つまり管理人の場合、カードの1%で得た利益 (7,500円) は銀行金利 (224円) の33倍ということになります。

 

今回の例だと、先ほどから豪語してる 『カードの1%は普通預金の100倍』 とまではいきませんが、数十倍は余裕でカードの1%の方が得だということが分かります!

 

まとめ

クレジットカードの実利って1%前後なので、もしカードを作ることに興味があっても、1%という響きから、何となく作ることを敬遠してしまいがちです。

 

しかし、カード1%は銀行預金の数十倍〜100倍以上のメリットがある!

 

という事実を意識すると、(実利はもちろん) 精神的にも申込をしやすくなると思います。

 

 

ちなみにカードって種類がたくさんあるので、どれに申込むのが得策なのか結構迷いがちです。

 

なのでそのような人は、年会費無料カードのTOP5日常利用で1番得するカードTOP5を参考にカード選びを行ってほしいです!

 

『カード関連の色々』
スポンサーリンク


ページトップに戻る↑