マイネ王のフリータンクで、容量をIN(寄付・提供)とOUT(貰う・チャージ)してみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

mineoのマイネ王に登録し、フリータンクに容量をIN(寄付・提供)とOUT(貰う・チャージ)してみた!

mineo(マイネオ)は他の格安SIMとは違い、前月に余った高速データ容量 (以下、容量) をすべて翌月に繰り越せるので、他のSIMよりは容量不足に陥りにくいです。

 

しかし繰り越しは翌々月には持ち越せないので、結局、スマホをよく使う人は容量不足になりがちです。

 

 

なのでそういった人は、マイネ王 (mineo利用者・スタッフのコミュニティサイト) のフリータンクという、毎月最大1GBの容量をIN (無料チャージ) できるサービスを活用しましょう。

 

 

 

フリータンクはマイネ王の登録者のみ利用でき、容量の余ってる全国の登録者が"Free Tank"と呼ばれる場所に自分保有の残容量のいくらか (上限なし) を任意で提供し、逆に容量不足で困ってる登録者は毎月最大1GB (1,000MB) をFree Tankからタダでチャージできる、登録者どうしの助け合いサービスのことです!

 

 

しかし先ほど書いたように、フリータンクはマイネ王登録者のみ利用可なので、容量が不足がちの人は早めに登録しましょう。

 

【⇒ 関連記事:マイネ王への登録の流れ(mineoのeoIDと連携すると1GB貰えます)】

 

 

スポンサーリンク

 

 

2018年2月21日からフリータンクのルールが変更になりました!

フリータンクのルール変更点は以下の2つです。

 

■累計OUT量が累計IN量以上の場合、残容量が1,000MB以下でないとOUT不可

 

マイネ王登録者であり、しかもフリータンクに残容量がある限りは、従来 (2018年2月20日以前) であれば毎月最大1GBをOUT (チャージ) できました。

 

 

しかし2018年2月21日以降は、フリータンクに容量を入れた総量 (累計IN量) よりも、貰った総量 (累計OUT量) の方が多いか、あるいは同じ総量の人がOUTする場合、その人は残容量が1,000MB以下でないとOUTできなくなりました。

 

(累計IN量>累計OUT量の人は、従来通り残容量の条件なしで毎月最大1GBをOUTできます)

 

 

つまりこの変更により、実質今まで貰う一方だった人はフリータンクが使いにくくなり、逆に容量不足を助け合う心を持った人たち (余裕時はINし、不足時はOUTする人たち) が容量不足に陥った際に、彼らがOUTしやすい体制が整ったのです!

 

 

■OUT可能期間の1日短縮

 

フリータンクの従来のOUT期間は"毎月21日〜月末日"でしたが、変更後 (2018年2月21日以降) は"毎月21日〜月末日の1日前"になりました。

 

 

月末日がOUT期間から除外された理由は、OUT容量の反映時期は翌日という性質と、毎月初日は通常の契約容量が付与される時期であるという状況を考えると合点がいきます。

 

 

月末日の除外は一見するとmineo利用者に不便な気がしますが、その月末日の翌日、つまり1日 (月の初日) は通常の契約容量の付与日であるので、たとえ除外しても実質利用者に不便はないからです!

 

 

今回の2つの変更 (特に1つ目) はOUT一辺倒の人や契約プラン以上に容量を使う人にはやや厳しい内容になりました。

 

しかしフリータンクの位置づけはあくまで容量の"助け合い"であり、"1Gの無料OUTサービス"では決してないので、この理念を強調するためにこういった変更が行われたのです。

 

 

実際にフリータンクにIN・OUTしてみた!

文字でグダグダ書いててもしょうがないので、mineo利用者であり、しかもマイネ王登録者である私が実際にフリータンクにINとOUTしてみたので、その様子を時系列的に紹介します。

 

まずマイネ王のページにログインします。

 

 

 

ログイン時 (2018/1/23) の私の残容量は5,161MBであることが分かります。

 

 

ちなみに私の契約プランは3GBで、家ではWiFi利用、外では動画などの高容量コンテンツをあまり見ないので、前月繰越分 (濃緑) だけで十分に容量が足りてることが見て取れます。

 

(今月分の基本データ容量は、2018/1/23時点では一切消費してません)

 

 

続いてIN作業を行うために、「フリータンク」⇒「入れる」に進みます。

 

 

保有容量の有効期限は翌月末までですが、INした分に関してはフリータンクに無期限に貯蔵されますし、容量無制限に何回でもINできます。

 

(INはそれを行う人の善意の気持ちなので、当然それに有効期限は存在しないのです)

 

 

今回、私は2,001MBをINしました。

 

 

 

実際にINすると、「フリータンクにパケットが入りました。」と表示されます。

 

 

 

また、INは即時反映するので、やった後の残容量はINした分だけ減っています。

 

(元々5,161MBで2,001MBをINしたので、差し引き3,160MBです)

 

 

 

続いて今後はOUT作業です。

 

OUTするには「引き出す」に進みます。

 

 

 

OUTは500MBにしました。

 

 

前述したように、OUTできる期間は毎月21日〜月末日ですし、1ヶ月のOUT回数は最大2回、合計OUT容量は1,000MB (1GB) 以内となります。

 

 

以上でIN・OUTは終了で、これらの履歴は、「マイページ」⇒「(マイネ王内のニックネーム)さんのメニュー」⇒「パケットの履歴」から確認できます。

 

(私の今回のIN・OUTの履歴がしっかり残されています)

 

 

 

OUT履歴自体はOUT作業終了後すぐに記録が残りますが、実際にOUT容量が加算されるのは翌日になります。

 

私は2018/1/23の13:26にOUTしましたが、1/23中には残容量の円グラフに反映されず、2018/1/24の22:08に円グラフを確認すると反映されてました。

 

 

 

OUT容量は円グラフの「当月ギフト・チャージ容量」に該当し、薄青色部に相当します。

 

今回は500MBをOUTしたわけですが、円グラフの残容量 (4,536MB) の長さから考えると、薄青色 (当月ギフト・チャージ容量) は残容量の約3分の1、つまり1,500MB程に相当することが分かり、「1,500MBからOUT容量500MBを引いた1,000MBはどこから来たんだ?」という疑問が浮かぶと思います。

 

 

実はこの1,000MBはマイネ王の登録 (mineoのeoID連携) 特典で、円グラフ上では「当月ギフト」、つまりOUT容量と同じく薄青色で表示されるので、特典とOUT容量を合算し、偶然にも今回は薄青色部が1,500MBになったというわけです!

 

ということで容量不足の人は1日余裕を持って容量をOUTし、逆に持て余してる人は全国のマイネ王仲間のために、残容量を極力INするようにしましょう!

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑