おすすめクレジットカードと月間のカード利用額との関係

このエントリーをはてなブックマークに追加 

メインカードと月間カード利用額の関係の根拠

当サイトがメインカードとしておすすめするカードは、

 

  • REX CARD
  •  

  • 漢方スタイルクラブカード
  •  

  • REX CARD Lite

 

の3枚という話をしました。

 

(詳しくは、メインカードとサブカードを決める!を見てください)

 

 

そして、カードを短期的(1年以内)に使う場合と、長期的(数年かそれ以上)に使う場合の月間カード利用額別のベストカードは以下のようでした!

 

 

短期的に1番得できるカードと月間カード利用額の関係

 

月間カード利用額に関係なく、漢方スタイルクラブカードが1番得!

 

 

長期的に1番得できるカードと月間カード利用額の関係

月間カード
利用額
0〜27,000円 27,001円
〜41,666円
41,667円
〜83,333円
83,334円〜
1番得な
カード
REX CARD
Lite
漢方スタイル
クラブカード
REX CARD 漢方スタイル
クラブカード

 

この結果は、各カードのポイントプログラムから、年会費、入会特典、ボーナス特典までを考慮した現実的な数字です。

 

では、どのように考えれば上記のような数字が出てくるのか?について詳しく説明します!

 

短期的に1番得できるカードの根拠

まずは3枚のカードそれぞれの基本データ(初年度)を見てください。

 

カード名 REX CARD 漢方スタイル
クラブカード
REX CARD Lite

ポイント付与率
(Pは"ポイント"の略)
2,000円ごとに35P 2,000円ごとに7P 2,000円ごとに25P
キャッシュバックに
必要なポイント数
3,500P ⇒ 3,500円
(35Pで35円の還元)
500P ⇒ 2,500円
(7Pで35円の還元)
2,500P ⇒ 2,500円
(25Pで25円の還元)
カード利用2,000円当たりの
キャッシュバック額
35円 35円 25円
初年度年会費 無料 無料 無料
入会ボーナス
(カード入会後、3ヶ月以内の合計利用額が対象)
5万円以上
〜7万円未満
1,000円 2,000円 1,000円
7万円以上
〜10万円未満
2,000円 3,000円 2,000円
10万円以上 3,000円 5,000円 3,000円

 

1年以内とかの短期スパンでカードを変える場合、メインカードの決め手となる要素は、

 

  • カード利用2,000円当たりのキャッシュバック額
  •  

  • 初年度年会費
  •  

  • 3ヶ月以内の利用額で決まる入会ボーナス

 

の3つです。

 

 

このうち、初年度年会費は各カードとも無料なので、
残り2つの要素を比較すれば、どれが1番得なカードかが分かります!

 

 

カード利用2,000円当たりのキャッシュバック額が最も大きいカードは、
REX CARDと漢方スタイルクラブカードの2枚です。

 

一方、入会ボーナスのキャッシュバック額が最も大きいカードは、
漢方スタイルクラブカードです。

 

 

これらを総合すると、1年未満や半年程度の短い間にカードをコロコロ変える人が持つべきカードは、
月間利用額に関係なく漢方スタイルクラブカードだと結論付けれます!

 

【⇒ 漢方スタイルクラブカードの新規募集終了】

 

 

長期的に1番得できるカードの根拠

3枚のカードそれぞれの基本データ(2年目以降)を見てください。

 

カード名 REX CARD 漢方スタイルクラブカード REX CARD Lite

ポイント付与率
(Pは"ポイント"の略)
2,000円ごとに35P 2,000円ごとに7P 2,000円ごとに25P
キャッシュバックに
必要なポイント数
3,500P ⇒ 3,500円
(35Pで35円の還元)
500P ⇒ 2,500円
(7Pで35円の還元)
2,500P ⇒ 2,500円
(25Pで25円の還元)
カード利用2,000円当たりの
キャッシュバック額
35円 35円 25円
年会費 2,700円 1,620円 無料
ボーナス特典 前年に50万円以上のカード利用で年会費が無料 前年のカード利用が、
58万円以上で250P
100万円以上で500P
のボーナスを付与
なし

 

短期のときは比較的簡単に結論が出ましたが、
長期の場合は多少複雑な計算をしないと結論が出ません、、

 

 

ある月間カード利用額で長期的に最も得なカードを選ぶには、
上記の年会費とボーナスポイントを攻略しなくてはなりません。

 

そして攻略するためには、上の表の赤字の数字(50万円以上、58万円以上、100万円以上)を
月換算に変換する必要があります。

 

 

そして実際に月換算し、上の表の「年会費」と「ボーナス特典」を、
「年会費」と「ボーナスポイント」に分けたものが下の表です。

 

カード名 REX CARD 漢方スタイル
クラブカード
REX CARD Lite
年会費 月間カード利用額が、
・0〜41,666円 ⇒ 2,700円
・41,667円以上 ⇒ 無料
1,620円 無料
ボーナスポイント なし 月間カード利用額が、
・0〜48,333円 ⇒ なし
・48,334〜83,333円 ⇒ 250P
・83,334円以上 ⇒ 500P
なし

 

この表は、月間カード利用額が具体的にいくらなら、
年会費やボーナスポイントが具体的にいくら発生するのかをまとめたものです。

 

 

ここから少し数学っぽくなりますが、
月間カード利用額をX(円)、各カードの2年目以降の還元率をYとし、
XとYの関係を求めてみます!

 

(読むのがめんどうな気がする人は、結果↓を見てください)

 

 

・まずは、0≦X≦41,666のときのREX CARDの還元率からです。

 

還元率って、「1年間の実質の還元額」÷「1年間のカード利用額」で計算できます。

 

1年間のカード利用額は単純に、12X・・@です。

 

 

一方、1年間の還元額は、2,000円当たり35円が返ってくるという話だったから、
(12X×35)/2,000となります。

 

ここに、年会費の2,700円を含めると1年間の実質の還元額は、
(12X×35)/2,000−2,700・・Aとなります。

 

そして、A÷@をすると、還元率(Y)=0.0175−225/Xとなります!

 

 

・次は、X≧41,667のときのREX CARDの還元率です。

 

これは超単純で、(年会費2,700円が不用になるので、)1年間の実質の還元額は、
(12X×35)/2,000・・Bとなり、B÷@で還元率(Y)=0.0175となります。

 

 

計算方法が分かってきたと思うので、漢方スタイルクラブカードとREX CARD Lite
の還元率の出し方は、箇条書きスタイルにしていきます。

 

 

・0≦X≦48,333のときの漢方スタイルクラブカードの還元率

 

1年間の実質の還元額は、(12X×35)/2,000−1,620・・C

 

C÷@で還元率(Y)=0.0175−135/X

 

 

・48,334≦X≦83,333のときの漢方スタイルクラブカードの還元率

 

250ポイント(1,250円相当)がボーナスとして付与されるので、

 

1年間の実質の還元額は、(12X×35)/2,000−1,620+1,250・・D

 

D÷@で還元率(Y)=0.0175−30.8/X

 

 

・X≧83,334のときの漢方スタイルクラブカードの還元率

 

500ポイント(2,500円相当)がボーナスとして付与されるので、

 

1年間の実質の還元額は、(12X×35)/2,000−1,620+2,500・・E

 

E÷@で還元率(Y)=0.0175+73.3/X

 

 

・REX CARD Liteの還元率

 

年会費やボーナスポイントがなく、2,000円当たり25円が戻ってくるという単純な仕組みなので、
利用額に関係なく、(25÷2,000で、)還元率(Y)=0.0125

 

 

そして上記6つの還元率まとめたのが、下の表です!

 

1ヶ月のカード利用額と各カードの2年目以降の還元率の関係

月間カード
利用額 (X) (円)
0〜41,666 41,667〜48,333 48,334〜83,333 83,334〜
REX CARD
の還元率
0.0175-225/X 0.0175 0.0175 0.0175
漢方スタイル
クラブカード
の還元率
0.0175-135/X 0.0175-135/X 0.0175-30.8/X 0.0175+73.3/X
REX CARD
Liteの還元率
0.0125 0.0125 0.0125 0.0125

 

 

・月間カード利用額が0〜41,666円のときに最も得できるカードは、、

 

3枚のカードの還元率は、

 

REX CARD=0.0175-225/X・・@

 

漢方スタイル=0.0175-135/X・・A

 

REX CARD Lite=0.0125・・B

 

です。

 

 

ここで、A>@は明らかなので、AとBの大小を比較します。

 

A=Bのとき、X=2,7000ですし、
Aは右上がりの式 (Xが大きくなると、還元率も大きくなるという意味) です。

 

これらを踏まえると、月間カード利用額が0〜27,000円のときはREX CARD Liteが、
27,001円〜41,666円のときは漢方スタイルクラブカードが還元率が最も高く、
1番使うメリットがあると言えます!

 

 

・月間カード利用額が41,667円〜48,333円のときに最も得できるカードは、、

 

REX CARD=0.0175・・@

 

漢方スタイル=0.0175-135/X・・A

 

REX CARD Lite=0.0125・・B

 

 

これは明らかに、@がA、Bよりも大きいので、
月間カード利用額が41,667円〜48,333円のときはREX CARDが還元率が最も高く、
1番使うメリットがあると言えます!

 

 

・月間カード利用額が48,334円〜83,333円のときに最も得できるカードは、、

 

REX CARD=0.0175・・@

 

漢方スタイル=0.0175-30.8/X・・A

 

REX CARD Lite=0.0125・・B

 

 

これも明らかに、@がA、Bよりも大きいので、
月間カード利用額が48,334円〜83,333円のときもREX CARDが1番得なカードだと分かります!

 

 

・月間カード利用額が83,334円〜のときに最も得できるカードは、、

 

REX CARD=0.0175・・@

 

漢方スタイル=0.0175+73.3/X・・A

 

REX CARD Lite=0.0125・・B

 

 

これは明らかに、Aが@、Bよりも大きいので、
月間カード利用額が83,334円以上のときは漢方スタイルクラブカードが還元率が最も高く、
1番使うメリットがあると分かります!

 

 

そして、これらの結果をまとめると、ページ冒頭で紹介した結果となります。

 

長期的に1番得できるカードと月間カード利用額の関係

月間カード
利用額
0〜27,000円 27,001円
〜41,666円
41,667円
〜83,333円
83,334円〜
1番得な
カード
REX CARD
Lite
漢方スタイル
クラブカード
REX CARD 漢方スタイル
クラブカード

 

 

長々と説明しましたが、上記のような結果になる根拠が分かったのではないでしょうか?

 

根拠が分かったところで、自分の利用額に合ったカードを持ち、
少しでもエコな生活を送ってほしいです。

 

【⇒ REX CARDの新規募集終了】

 

【⇒ 漢方スタイルクラブカードの新規募集終了】

 

【⇒ REX CARD Liteの新規募集終了】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑