エクストリームカードの実用的な還元率を計算しています!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

エクストリームカードの還元率を算出する

エクストリーム(究極)の名にふさわしい万能カード

基本ポイントプログラム

月間利用額1.000円ごとにExtreme Cardポイントが10ポイント付与され、ポイントが貯まると以下のレートでキャッシュバック枠かGポイントと交換を行なえます。

  • 2,000ポイント ⇒ キャッシュバック枠2,500円分
  • 2,000ポイント ⇒ Gポイント3,000ポイント (約3,000円)

キャッシュバック枠のことをJデポと呼ぶのですが、Jデポを選ぶとカード請求額の2,500円が割引かれます。

 

逆にGポイントに引き換えると、新たに他社ポイント/ 電子マネー/ 航空マイル/ ギフト券などと交換できます。

 

年会費は初年度が無料、翌年以降は3,000円+税ですが、前年30万円以上の利用で無料となります。

 

ポイント有効期限は2年です。

ボーナス特典

カードが到着してから、3ヶ月以内の利用額が、

  • 5万円以上7万円未満 ⇒ Jデポ2,000円分
  • 7万円以上10万円未満 ⇒ Jデポ3,000円分
  • 10万円以上 ⇒ Jデポ5,000円分

が贈呈されます。

 

それと宇佐美サービスステーションだと、レギュラー・ハイオク・軽油が2円/リットル引きとなります。

 

【⇒ エクストリームカードの詳細へ】

 

【⇒ エクストリームカードの公式サイトへ】

 

 

カード利用額(月額1万円から40万円)と還元率の関係

 

最大還元率/平均還元率など

初年度還元率 翌年以降還元率
最大還元率 3.17% (月2万利用時) 1.50% (月3万以上利用時)
平均還元率 1.94% (月1〜40万の平均) 1.40% (月1〜40万の平均)
2万円利用(月額) 3.17% 0.19%
6万円利用(月額) 2.47% 1.50%
10万円利用(月額) 2.08% 1.50%
20万円利用(月額) 1.79% 1.50%
30万円利用(月額) 1.69% 1.50%
40万円利用(月額) 1.65% 1.50%

 

還元率が上記グラフや表のようになる根拠

上記の結果となる根拠を、

 

・初年度に月6万円カード利用する場合

 

・翌年以降に月6万円カード利用する場合

 

の2種類を例にして説明します。

 

説明のために、まずは還元率の計算の前提条件を確認をし、次に具体的な計算式を見ていきます。

 

(前提条件)

 

入会特典、入会後の利用額に応じて貰えるボーナス、前年30万円以上の利用で次年の年会費が無料になるサービスは還元率の計算に含めます。

 

一方、宇佐美サービスステーションの利用で受けられる割引きは、対象者が限定されるので計算に含めません。

 

ポイントの利用には、キャッシュバックよりリターン率の高いGポイントでの還元を想定します。

 

 

初年度に月6万円カード利用する場合

 

年間獲得ポイントと年間キャッシュバック

通常P (P=ポイント)  月600P×12ヶ月
特別Pまたはキャッシュバック  7,000円 (入会ボーナス2,000円+利用額別ボーナス5,000円)
年間合計  7,200P+7,000円

 

還元率の算出

算出根拠 結果
年間獲得P 7,200P×1年 7,200P
1Pの価値 2,000ポイントで3,000Gポイントと交換
※1Gポイントは最大1円と等価
1 Gポイント=1.5円
還元額 7,200P×1.5円+7,000円 17,800円
年会費 0円×1年 0円
カード利用額 6万円×12ヶ月 72万円
還元率 17,800円÷72万円 2.47%

 

 

翌年以降に月6万円カード利用する場合

 

年間獲得ポイントと年間キャッシュバック

通常P (P=ポイント)  月600P×12ヶ月
特別Pまたはキャッシュバック  なし
年間合計  7,200P

 

還元率の算出

算出根拠 結果
2年間の獲得P 7,200P×2年 14,400P
1Pの価値 2,000ポイントで3,000Gポイントと交換
※1Gポイントは最大1円と等価
1 Gポイント=1.5円
還元額 14,400P×1.5円 21,600円
年会費 0円×2年 (前年の利用額30万円以上で無料) 0円
カード利用額 6万円×24ヶ月 144万円
還元率 21,600円÷144万円 1.50%

 

 

還元率バカ (サイト管理人) はこう考える!

初年度は月間利用額2万〜11万円の間なら還元率は2%超、全体平均でも約1.9%を記録します!

 

2年目以降もほとんどの利用額で1.5%を維持する有能ぶりです。

 

しかし、(2年目以降の)月額が2万5千円を下回ると年会費を取られるので、その場合は還元率が大きく下がってしまいます、、

 

還元方法には、即金効果のあるキャッシュバックと、電子マネー/航空マイレージ/ギフト券などと交換できるGポイントの2つから選択可能となっています。

 

交換対象にはAmazonギフト券/図書カード/Tポイント/nanacoポイント/楽天Edyや、JAL/ANA/デルタ航空/ユナイデット航空のマイルなど多数のものが含まれています!

 

利用価値の高い方法でガッツリ還付を受けられるのが最大の魅力です。

 

【⇒ エクストリームカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑