金利・利息・手数料が発生するクレジットカードは紹介しない!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

利息・手数料が発生する支払いは一切しない

分割・リボ払い、キャッシングなど、
利息・手数料が少しでも発生するカードの使い方は断固しません!

 

理由は単純で、利息・手数料を取られると還元で得してる分が吹き飛ぶどころか、
むしろ金銭的にマイナスを食うからです。

 

 

本来クレジットカードは利用額から多少の還付を受ける目的で使うはずなのに、
カード払いで損しては本末転倒です!

 

もし利息の発生する払い方でより多く還付されるなら、
積極的に利息を払う方法をおすすめするのですが、
残念ながらそのような払い方で金銭的に得できるカードはまずありません。

 

 

カード会社の主要な収入源の1つが分割・リボ払いの利息金なので、
「利息として毎月2,000円納めれば、翌月に3,000円が返ってくる!」
なんて魔法みたいなことは起こらないのです。

 

 

もちろん、分割払い、リボ払いにも多少のメリットがあるのは事実です。

 

通常なら一括購入が難しいものを分割でならゲットできたり、
ボーナス時にたくさん払うといった支払い方法を選べるというメリットはあります。

 

 

ですが、当サイトが最も重要視することはクレジットカードで可能な限りリターンを得ることなので、
利息・手数料が発生する使い方は一切支持しませんし、
利息・手数料の負担が少ない分割機能を備えたカードの紹介も行ないません!

 

 

それと、クレジットカードのキャッシング機能は分割・リボ以上に見向きもしません!

 

(還元率バカは普段温厚な人なんですが、キャッシングに関しては頑固です! 笑)

 

 

キャッシング機能とは簡単に言えば、借金という形でATMからお金を引き出せる機能のことです。

 

(カードを作る際に希望する利用限度額を選択したと思うのですが、
もしキャッシング機能を有効にしてたら、そのカードにはキャッシング枠50万とかが付与されてるはずです)

 

 

還元率バカがキャッシング機能に特に否定的な立場をとる理由は、
キャッシングは直接現金のやり取りをしない借金なので、たとえ頭で
「自分は負債を負ってるんだ!」と思えても、現実レベルでの認識はほぼ難しいからです!

 

 

もし年利利息15%で1年間に30万円のキャッシングを利用した場合、
45,000円もの現金が年間利息の名の下に自分の口座からスルッと引き抜かれてしまうのです。

 

年利利息15%は消費者金融レベルの利息なんですが、
カードによってはこれぐらいの利息を請求されるものもあるので、キャッシング機能は使わないに越したことはないのです。

 

 

しかし中には「自分は計画的にキャッシング機能を利用できる自己統制力の高い奴だ!」
と考える人もいるかもしれません。

 

ですが、借金機能であるキャッシングを使う時点で計画的もクソもないと還元率バカは考えます!

 

 

百歩譲って、新規ビジネスを立ち上げるといった開店資金の名目での利用なら
ありえるかもしれませんが、日常ショッピングレベルでキャッシング機能にお世話になる状況が起こるとすれば、
それは自己統制力が欠如してる可能性が高いと思われます。

 

 

ということで、当サイトでは分割・リボはもちろん、キャッシングはそれ以上に活用しない立場をとります。

 

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑