リクルートカードプラスの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

このエントリーをはてなブックマークに追加 

リクルートカードプラス

利用額の2%分のリクルートポイントが貯まる
宿・ホテル予約の「じゃらんnet」、居酒屋・飲食店予約の「ホットペッパーグルメ 」だと2%が、総合ネット通販の「ポンパレモール」だと3%が加算
ポイントは、ローソンやゲオ等で使えるPontaポイントに移行可能
最高3000万円の国内・海外の旅行保険、最高200万円ショッピング保険が付帯

2016年3月15日をもって、リクルートカードプラスの新規会員募集は終了したので、もし申込なら還元率1.2%のリクルートカードとなります。

【リクルートカードの詳細・評判へ】


年会費と国際ブランド

本会員の年会費は2,000円+税、家族会員は1,000円+税、ETCカードは本会員・家族会員ともに無料です。

ブランドはJCBです。

ポイントプログラム

通常、月間カード利用額の2.0%分のリクルートポイントが付与されます。

JCB加盟の一般店 (国内のほぼすべての店) だと2.0%ですが、リクルート運営のサービスだと1.0%〜3.0%のボーナスが貰えるので、合計3.0%〜5.0%分を獲得できます!

例えば、リクルート系サービス (2014年12月現在で20程度) の中で特に有名な
  • 宿・ホテルの予約サイト「じゃらんnet」
  • 居酒屋・飲食店の予約サイト「ホットペッパーグルメ」
  • 美容院、リラク・ビューティーサロン予約サイト「ホットペッパービューティー」
  • 格安クーポンの共同購入サービス「ポンパレ」
だと2.0%が加算されるので、合わせて4.0%のポイントが還元されます。

また、
  • 日本屈指の高還元率をほこる通販サイト「ポンパレモール」
  • 電子書籍ストア「ポンパレeブックストア」
に至っては3.0%の加算なので、何と合計5.0%になります!

リクルートの中でも、
こんなとき、、 解決策
旅行の足や宿を探してる じゃらんnet
打ち上げ等の場を探してる
外食を楽しみたい
ホットペッパーグルメ
オシャレに髪を切りたい
ネイル・まつ毛を付けたい
ホットペッパー
ビューティー

の人は特に多いので、どれか1つ以上を多用する人には絶対お得なカードです!

ちなみにポイント有効期限は、最後にポイントを獲得してから1年間です。

つまり、1年に1回以上のカード利用があれば無期限です。

ポイントの使い道

リクルートポイントという名前の通り、リクルート系サービスの利用料金の割引に使えます。

1ポイント=1円として、1ポイント単位または100ポイント単位での利用となります。
1ポイント単位 100ポイント単位
ポンパレモール
ポンパレeブックストア
じゃらんnet
ホットペッパーグルメ
ホットペッパービューティー

じゃらんnetやホットペッパーグルメなど、リクルートのサービス利用者には良いのですが、そうでない人には少々使いにくいです、、

ポイント還元率が超高いので、カードを持ちたい人で、じゃらんnetやホットペッパーグルメなどを使わない人には、ポンパレモールでポイントを活用する手もあります。


ポンパレモールは総合通販サイトなんですが、サービス開始が2013年3月とかなり最近のことなので、楽天市場やAmazonなどの大手と比較し、品揃えでかなり劣ります。

とは言え、ポイント付与数では勝ってるので、将来的に大手に匹敵する通販サイトになるとは思いますが。

現時点でポンパレモールでも事足りる人は、リクルートポイントはとにかく便利です!

Pontaポイントとの統合

リクルートポイントは貯まりやすい反面、リクルート内でしか使いようがないという不便さが以前はありました。

しかし2015年春以降、リクルートポイントは1ポイント単位でPontaポイントと交換を行なえるようになったので、現在では相当使いやすくなっています!

(Pontaポイントとの交換はPonta Webから行なえます)


Pontaポイントを使える店舗は日々拡大中ですが、2016年4月時点だと例えば以下の店舗で利用が可能となっています。
ローソン/ ゲオ/ ケンタッキーフライドチキン/ 昭和シェル石油/ H.I.S/ 大戸屋/ AOKI/ ピザハット

なのでこれらの店舗を定期的に利用する人は、ぜひリクルートポイント経由でPontaポイントを入手してほしいです!

付帯保険

国内・海外で有効な最高3,000万円の旅行保険が自動付帯します。

国内の適用条件も自動付帯なのは超メリットです!

また、国内・海外で有効な補償上限200万円のショッピング保険も付帯します。

2枚のリクルートカードの境目

  • 年会費2,000円+税で、還元率2.0%のリクルートカードプラス
  • 年会費ゼロで、還元率1.2%のリクルートカード
のどちらを選ぶべきかを迷う人はかなりいます。

年会費も考慮しつつ、ポイント的にどちらがお得か?と言うと、年間利用額27万円 (月22,500円) を超えるかどうかで決まります!

なぜなら、年会費 (税込) 差2,160円÷還元率差0.8%で、年間27万円 (月22,500円) となるからです。

つまり月22,500円以上だとリクルートカードプラスが、それ以下だとリクルートカードの方がお得となります。

2016年3月15日をもって、リクルートカードプラスの新規会員募集は終了したので、もし申込なら還元率1.2%のリクルートカードとなります。

総合評価

還元率が高く、付帯保険に優れた文句なしのカードです。

常時2%の時点で普通に凄いのに、リクルート系サイトだと1%〜3%の上乗せぶりです!

2015年上旬まではリクルートポイントなので、使う機会は限られますが、春になると利便性抜群のPontaポイントが貯まるので、利用シーンも豊富となります!

年会費ありとはいえ、受けれるメリットの大きさを考えると、業界トップ5に入ると言えます。

【リクルートカードの詳細・評判へ】



カード基本情報
カード発行会社株式会社リクルートホールディングス
初年度年会費2,000円+税
翌年以降年会費2,000円+税
提携ブランドJCB
利用限度額10万円〜100万円
チャージ時にポイント付与nanaco/ Suica
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日15日締め/ 翌月10日払い
申込資格原則18歳以上で、本人または配偶者に安定継続収入のある人、
または18歳以上の学生(ただし高校生は除く)
リボ手数料実質年率15.0%
キャッシング金利実質年率15.0〜18.0%
家族
カード
初年度年会費1,000円+税
翌年以降年会費1,000円+税
申込資格本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供 (高校生を除く18歳以上)、
ただし本会員が学生の場合は家族会員カードの発行は不可
家族
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料

ポイントプログラム
プログラム名リクルートポイント
ポイント付与レート月間カード利用額の2.0%
ポイントの使い道 『リクルート系サービス内での割引』

1ポイント=1円として、1ポイント単位または100ポイント単位で利用可能

・じゃらん ⇒ 100ポイント単位
・ホットペッパーグルメ ⇒ 100ポイント単位
・ホットペッパービューティー ⇒ 100ポイント単位
・ポンパレ ⇒ 100ポイント単位
・ポンパレモール ⇒ 1ポイント単位
・ポンパレ eブックストア ⇒ 1ポイント単位
・じゃらんゴルフ ⇒ 100ポイント単位
・MARQREL (マルクレル) ⇒ 100ポイント単位
・ERUCA (エルーカ) ⇒ 1ポイント単位
・レアジョブ英会話 リクルート校 ⇒ 1ポイント単位
・Oisix(おいしっくす)×リクルートポイント ⇒ 100ポイント単位
・SHOPlier (ショプリエ) ⇒ 商品による
・AirWALLET ⇒ 1ポイント単位
・やっちゃばマルシェ ⇒ 1ポイント単位
・リクルート かんたん支払い ⇒ 1ポイント単位
『Pontaへの移行』

100ポイント以上、100ポイント単位で等価で相互交換が可能
『ショプリエ』

ファッションアプリ「ショプリエ」でのアイテムとの交換
ポイント有効期限最後のポイント獲得月から1年 (実質無期限)
還元率 一般店: 2.0%
リクルート系サイト: 4.0〜5.0%
入会特典-
ボーナス特典 『ポイントの上乗せ』

・じゃらんnet ⇒ +2%
・ホットペッパーグルメ ⇒ +2%
・ホットペッパービューティー ⇒ +2%
・ポンパレ ⇒ +2%
・ポンパレモール ⇒ +3%
・ポンパレ eブックストア ⇒ +3%
・じゃらんゴルフ ⇒ +1%
・MARQREL (マルクレル) ⇒ +2%
・ERUCA (エルーカ) ⇒ +3%
・レアジョブ英会話 リクルート校 ⇒ +2%
・Oisix(おいしっくす)×リクルートポイント ⇒ +1%
・SHOPlier (ショプリエ) ⇒ +来店ポイント
・AirWALLET ⇒ +2%
・やっちゃばマルシェ ⇒ +1%
・リクルート かんたん支払い ⇒ +支払いポイント
マイル交換-
その他サービス-

付帯サービス
国内旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高3,000万円
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療最高100万円
疾病治療最高100万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
携行品損害最高20万円 (免責3,000円)
ショッピング保険年間補償額最高200万円
自己負担額3,000円
補償期間90日間
ネットセーフティ 『JCBでe安心 (JCB限定)』

カード利用の覚えのない請求の取り消し
ロードサービス-
その他 『紛失・盗難保険』

万一のカードの不正使用時、届け出日から60日前にさかのぼり、それ以降の不正使用分を補償

【リクルートカードの詳細・評判へ】


スポンサーリンク


ページトップに戻る↑