ETCカードの使い方とETC車載器の取り付け・セットアップ費用

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ETCカードの話

ETCとは、高速道路の料金所などに設置されたアンテナとETC車載器(しゃさいき)
と呼ばれる末端とで通信を行い、自動車の流れを止めずに高速道路料金の支払いを
行なえるシステムのことです。

 

日本語では自動料金収受システムと言います。

 

 

料金の支払い方法は、車に搭載してあるETC車載器にETCカードを差し込むことで行なえます。

 

料金所のETC専用レーンを通過するごとにそのETCカードに課金されていき、
その料金は後日カード会社経由で請求される仕組みになっています。

 

ETCカードはクレジットカードとは別のカードで、クレジットカード申込時か
または後日に申込申請をすれば、ETCカードを発行してもらえます。

 

(多くのカード会社はETCカードの年会費を無料にしています)

 

 

一般的にETC機能付きクレジットカード(ETCパーソナルカードを除く)というのはなく、
クレジットカードとは別にETCカードというものがあるのです。

 

(楽天カードで1枚、楽天ETCカードで1枚のような感じです)

 

 

ETCカードを持つメリットは主に次の3つです。

 

  • ETCカード利用分も通常のショッピングと同様にポイントが貰えること
  •  

  • 高速道路料金が割引になること
  •  

  • 料金所をスムーズに通過できるので時簡の節約になること

 

 

高速道路料金の割引は特にありがたく、時間帯によっては100Kmまでの高速道路料金を
1走行につき30%とか50%割引してもらえます。

 

例えばETC通勤割引の場合、通勤時(朝6時〜9時)と帰宅間(夕方17時〜20時)に、
東/中/西日本高速道路株式会社が管理する高速道路や一部の一般有料道路で
100kmまでは50%の割引が土、日、祝日問わず1年365日適用されます。

 

(ただし、100km超えた分と、東京・大阪近郊の区間はETC通勤割引の対象外)

 

 

逆にデメリットとしてはETCカードを使用するための初期費用として、(ETC車載器が付いてない車は)
ETC車載器本体代/ セットアップ費用/ ETC車載器取り付け費用の3つを負担する必要がある
ことです!

 

 

セットアップ費用とは、ETC車載器を取り付ける車の情報(車種など)を入力するのに必要な費用のことです。

 

車載器は通常、5,000円台〜が相場ですし、セットアップ費用は約3,000円、
取り付け費用は約5,000円かかるので、ETCの恩恵を受けるには初期費用として
少なくとも合計13,000円程度はかかってしまいます。

 

 

「そんなにかかるならETCを持つ意味ないじゃないか?」と感じるところですがご安心を!

 

楽天ならETC車載器をセットアップ費用込みで約6,000円で購入可能です。

 

ついでに楽天カードも作ってしまえば新規ボーナスとして
楽天スーパーポイント2,000ポイント(2,000円に相当)も貰えるので、
車載器本体代+セットアップ費用が実質4,000円程度となり、
取り付け費用を含めても約9,000円で収まります!

 

(車載器の取り付けは、カーディーラーやカー用品店など全国約25,000のお店で対応しています)

 

 

多少の初期費用がかかるとはいえ、高速道路を頻繁に利用してるのに
その料金を現金払いにしてる人はETCカードを数ヶ月も使えば元が取れるので、
ぜひ利用してほしいです!

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑