JR東日本の共通ポイント「JREポイント」を詳細解説

JREポイント(Suicaやアトレ等と統合)の加盟店や使い方を徹底解説!

JR東日本が2016年2月23日から、共通ポイントとして国内No.1の規模となるJREポイント (ジェーアールイー・ポイント) のサービスを開始しました。

 

(まずはJREポイントの概要から話します)

 

JREポイント開始の主な理由は、JR東日本系の以下のポイント (多種類) をJREポイント (1種類) に統合し、ポイントの利便性を劇的に上げるというものです。

 

  1. JR東日本の各駅ビルで使われてる十数種類のポイント
  2. 電子マネーSuica利用で貯まるSuicaポイント
  3. JR東日本発行のクレジットカード (ビューカード) で貯まるビューサンクスポイント
  4. えきねっと (切符のネット予約) で貯まるえきねっとポイント

 

上記1〜4のうち、1については2016年2月23日からJREポイントが導入され、2〜4については、数年をかけて段階的にJREポイントに置き換わる流れになります。

 

スポンサーリンク

 

また、JREポイントはポイント加盟店 (JR東日本の約8,500店舗の駅ビル) にて獲得・利用が可能になります。

 

また、当記事の執筆時点 (2017年1月) ではまだ未稼働ですが、JREポイントでSuicaチャージや切符のネット購入 (えきねっと) をできたり、逆にSuica利用や切符購入でJREポイントを得ることが可能になります。

 

あるいはJR東日本のクレジットカードでJREポイントを貯め、そのポイントを加盟店やSuicaチャージ、切符購入に使うことも将来的には可能になります。

 

 

また、JREポイントは加盟店での買い物や飲食100円 (税抜) につき1ポイントが貯まり、1ポイント単位で加盟店での支払いや、鉄道関連商品などの交換に使えます。

 

加盟店は8,500店舗もありますし、数ポイントしか持ってなくても使えるので、ポイントの使い勝手は抜群に高いと言えます!

 

(2017年1月時点でSuica・クレジットカード・えきねっとは、JREポイントはまだ非稼働)

 

 

つまり早い話、JREポイントはより充実した、一元化されたポイント制度として、JR東日本のサービスを1つ以上使うすべての人のために誕生したのです!

 

以上がJREポイントの概要になります。

 

次からは当ポイントの詳細について、項目別に詳しく解説していきます。

 

JREポイントを貯めるには、専用のポイントカードが必要!

JREポイントを貯めるには、各駅ビルの受付カウンターで貰えるJREポイントカードに申込む必要があります。

 

申込は超簡単で、カウンタースタッフに申込用紙 (住所/ 氏名/ 生年月日/ 電話番号など記入) を提出すると、その場ですぐにポイントカードを発行 (無料) してもらえます。

 

一般的にポイントカードはネット登録が必要ですが、JREポイントカードの場合は別にしなくても発行直後から使えます。

 

 

ただし各駅ビル発行のポイントカード (以下) を持ってる人は、そのカードをJREポイントカードに切替える手続きが必要になります。

 

なぜなら旧カードにはそれぞれ切り替え期限が設定されていて、この期限を過ぎると旧カードは使えなくなるからです。

 

切り替えが必要なカード 切り替え期限
グランデュオ立川カード
グランデュオ蒲田カード
テルミナポイントカード
2017年2月末
ラスカメンバーズカード 2017年8月末
ペリエメンバーズカード (クレジットカード機能付きの場合は切り替え手続き不要) 2017年9月末
クラブmカード 2017年10月24日
MIDORI CLUBポイントカード
シァルポイントカード
2017年5月31日
パセオメンバーズクラブポイントカード 2017年6月30日

 

しかし上記ポイントカード (旧カード) をJREポイントカードに切替えると、旧カードのポイント残高はJREポイントに自動的に移行されるので、ポイント失効という悲しい事態は起きません。嬉

 

また、旧カードの切り替え手続きは以下の店舗で行えます。

 

  • グランデュオ立川カード ⇒ グランドュオ立川
  • グランデュオ蒲田カード ⇒ グランデュオ蒲田
  • テルミナポイントカード ⇒ 錦糸町テルミナ
  • ラスカメンバーズカード ⇒ ラスカ
  • ペリエメンバーズカード ⇒ ペリエ
  • クラブmカード ⇒ 高崎モントレー
  • MIDORI CLUBポイントカード ⇒ MIDORI
  • シァルポイントカード ⇒ シァル鶴見
  • パセオメンバーズクラブポイントカード ⇒ 宇都宮パセオ

 

一方、アトレカード/ アトレビューSuicaカード/ ボックスヒルズカードの3枚は上記9枚と同様にJR東日本の駅ビルが発行してますが、これら3枚に関しては切り替え手続きは不要で、JREポイントカードとして今後も使っていけます。

 

もちろんこれら3枚のポイント残高も自動的にJREポイントに移行されます。

 

(アトレカード/ ボックスヒルズカードを切り替えたい人は、アトレ(atre)/ ボックスヒル(BOXHILL)で手続きを行えます。一方、アトレビューSuicaカードはクレジットカードですが、ビューカードのサイトで手続きするとJREポイントカード機能内蔵のクレジットカードを別途発行してもらえます)

 

スポンサーリンク

 

ちなみに以下は切り替え後のカードデザインです。

 

どのカードにもJREポイントのロゴが入ってることが分かります。(ただしアトレビューSuicaカードのデザインはポイントカード機能非内蔵のもの)

 

 

ポイント加盟店はどこか?

JREポイント加盟店はJR東日本の駅ビルのショップになります。

 

具体的な加盟店は以下の通りです。(2017年1月時点)

 

駅ビル名 地域
アトレ(atre) 恵比寿、目黒、品川、大井町、大森、川崎、四谷、吉祥寺、上野、浦和、松戸、秋葉原、亀戸、新浦安、大船
アトレヴィ(atrevie) 大塚、巣鴨、田端、五反田、信濃町、東中野、三鷹
ボックスヒル(BOXHILL) 取手
グランドュオ(GRANDUO) 立川、蒲田
テルミナ(TERMINA) 錦糸町
シャポー(Shapo) 市川、船橋、小岩、本八幡
ラスカ(LUSCA) 茅ヶ崎、平塚、小田原、熱海
ペリエ(PERIE) 千葉、西千葉、稲毛、津田沼、検見川浜、稲毛海岸、海浜幕張
モントレー(Montres) 高崎
MIDORI 長野、松本
シァル(CIAL) 鶴見
パセオ(PASEO) 宇都宮
nonowa 東小金井

 

上記以外にも、2017年2月からエクセル、VAL古河、エスパル、フェザン、あおもり旬味館なども加盟店に加わります。

 

加盟店は首都圏を中心に長野・松本、東北エリアで今後も増えていく予定なので、これら地域に住んでる人は、JRE公式サイトで加盟店の最新情報を定期的に確認するようにしましょう!

 

ポイントの貯め方

ポイント加盟店 (各駅ビルのショップ) でポイントカードを提示すると、買い物代金や飲食代金100円 (税抜) につき1ポイント (1P) が貯まります。

 

一般的にポイントは"税込金額"に対し付与されますが (例えばTポイント、楽天のポイント)、JREポイントの場合は"税抜金額"が対象なので、やや貯まりにくいです。

 

 

しかしJREポイントはポイントカード提示で付与されるので、加盟店での決済を何かのクレジットカードで行うと、そのカードのポイントも獲得できてしまいます!(ポイントの2重取り)

 

 

例えば加盟店で税込1,080円 (税抜1,000円) の買い物をし、その代金を還元率1%の楽天カードで支払いつつ、ポイントカードを提示すると、まず提示でJREポイントが10P貰え、同時に楽天のポイントも10P獲得できることになります。

 

(この場合の還元率は1.85%なので、なかなか良い感じです!)

 

なのでJREポイントカードをこれから申込む人で、しかもクレジットカードを1枚も持ってない人は、ポイント2重取りのためにこの際クレジットカードを何か作ってみるのがいいと思います。

 

■JREポイントカード利用者におすすめのクレジットカード

ポイントサービスが数年後にJREポイントに統合されるビューカードがおすすめです。

 

しかもビューカードはJR東日本の乗車券・定期券 (Suica定期券を含む) を購入したり、Suicaにチャージしたりすると、ポイントが3倍貯まるという特典が付いてます。

 

さらにモバイルSuicaの登録をビューカードで行うと、通常1,030円の年会費 (税込) が当面無料になります。

 

SuicaやJR東日本の利用機会が多い東日本在住の人は、絶対に持ておくべきです!

 

【⇒ ビューカードの公式サイトへ】

 

■アプリでポイントをもっとゲット!

アプリを利用すると、JREポイントが駅ビル以外でも貯まります。

 

まず近くの駅ビルの所定の場所 (レジカウンター等) に行き、そこでアプリを起動すると、たったそれだけで (まったく買い物しなくても) ポイントが獲得できます。

 

それとアプリ限定クエスト (アプリ内で提示される課題) のクリアでもポイントが貰えます。

 

アプリは無料で使えるので、より多くポイントを稼ぎたい人はぜひアプリをダウンロード (DL) しておきましょう!

 

【⇒ Android利用者のDLページへ】

 

【⇒ iPhone利用者のDLページへ】

 

ポイントの使い方

駅ビルやアプリ利用で貯めたポイントは、1P単位で加盟店での支払いに使えます。

 

あるいは以下の商品との交換にも使えます。

  • 1,500P ⇒ 鉄道博物館入館引換券
  • 1,500P ⇒ メトロポリタンホテルズ共通利用券 (2,000円分)
  • 1,900P ⇒ リラクゼご利用券 (2,000円分)
  • 4,625P ⇒ 東京ステーションホテル利用券 (5,000円分)

 

交換商品の数は少ないですが、多くの人は加盟店でポイント消費すると思うので、特に問題ありません。

 

 

また、ポイント有効期限はポイントが変動(獲得・利用)した日から2年間となります。

 

つまり2年に1回でも駅ビルでポイントカードを提示するか、ポイント決済する限りは、ポイントは永久に有効ということです!嬉

 

まとめ

2017年1月時点だと、JREポイントはJR東日本の各駅ビルのショップでのみ使えます。

 

なのでJR東日本の駅ビルで買い物も飲食もまったくしない人は、今のところ当ポイントから得られるメリットは特にありません。

 

 

しかし数年後にはSuicaポイント/ ビューサンクスポイント (JR東日本発行のビューカードのポイント)/ えきねっとポイントがJREポイントに統合予定なので、当ポイントはそう遠くないうちに東日本地域で市民権を得るでしょうし、加盟店も徐々に多くなってくると思われます。

 

なので東日本在住の人はJREポイントに慣れるという意味で、今のうちのポイントカードなりビューカードなりを作っておくのがいいと思います。

 

【⇒ ビューカードの公式サイトへ】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑