グッドポイント診断自体の長所や改善点を書いてみた!

グッドポイント診断をやってみた本音の感想!

リクナビネクストが提供するグッドポイント診断は、合計293個の質問に回答することで自分の長所・強みが客観的に分かる無料サービスのことです。

 

(リクナビネクスト会員になることで診断を行えます)

 

【⇒ グッドポイント診断にトライ】

 

 

 

診断内容は三部構成 (93問 ⇒ 126問 ⇒ 74問) で、各部の質問を制限時間内 (14分以内 ⇒ 14分以内 ⇒ 11分以内) に回答するというものです。 (4択から1つを選択)

 

 

 

質問内容は短く、理解しやすい反面、数が多いので考えすぎると時間切れになります。

 

 

 

そして全問に回答し終わると、以下18種類の強みのうち、自分に該当する5種類が表示されます。

 

親密性、冷静沈着、受容力、決断力、悠然、柔軟性、現実思考、自己信頼、バランス、社交性、高揚性、自立、慎重性、俊敏性、継続力、挑戦心、感受性、独創性

 

 

と、ここで1つおすすめなのが、診断結果の精度を見極めるために、診断前に自分のタイプ5つを予想しておき、診断結果とその予想を比較することです。

 

自分のタイプってだいたい予想が付くと思うので、それが実際の結果と大きく違っていれば診断精度は低く、利用価値が低いことになります。

 

 

しかし予想と結果がある程度一致していれば、その予想 (自己イメージ) はやはり正しいのだと判断し、就活・転職活動時のネタとして使えることになります!

 

 

ということで実際に管理人 (私) はこの診断をやってみました。

 

「質問量に対し何か時間短くない?」とやる前は思いましたが、いざやってみると結構時間が余りました。

 

(フルに時間を使うと39分ですが、管理人は22〜3分ほどで終わりました)

 

 

また、管理人は自分のタイプを「独創性、柔軟性、親密性、感受性、自己信頼」と予想し、診断したところ、実際の結果は「独創性、柔軟性、親密性、感受性、悠然」となりました。

 

つまり5つ中、4つも予想が当たるという驚異的な結果になりました!

 

スポンサーリンク

 

ちなみにタイプごとにコメントも用意されてるので、その内容を一部紹介しておきます。

 

・独創性

 

あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。

 

 

・親密性

 

あなたは内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。

 

 

・柔軟性

 

何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。

 

 

・感受性

 

感情が細やかなあなたは、周囲の人の気持ちを思いやりながら行動することができます。また、言葉をかけるタイミングや伝え方のトーンまで、相手に合わせて工夫することができます。

 

 

・悠然

 

あなたは常にゆったりと構え、物事をじっくり考えたり取り組んだりすることができます。特に将来のことを考えるうえで、あなたの長期的な視点から生まれる発言や提案はとても参考になるでしょう。

 

 

この結果とコメントを見た管理人の率直な感想は、

 

「グッドポイント診断って、かなり高い精度で自分のことを言い当ててる!!」

 

です。(さすが質問数が多いだけあります)

 

 

まず独創性は確実に当たっています。

 

なぜなら管理人はサラリーマンであると同時に、サイト運営者でもあるので、他サイトには載ってない記事、つまり独自性の強い記事を書くことを日々意識しているからです!

 

こうした普段からの意識が、管理人を"独創性"にカテゴライズしたのだと思います。

 

 

また、管理人は深く狭くな人間関係が好きなので、"親密性"は思い当たりますし、サイト運営には臨機応変さが必要なので、"順軟性"も大納得です。

 

それから性格的に少し繊細なところがあると自分で感じるので、"感受性"もその通りだと思います。

 

 

一方、"悠然"はサラリーマン専念時代はそうでしたが、副業 (サイト運営) 開始以降は「思い立ったら即行動!」に意識を変えたつもりなので、今となっては非該当だと思ってます。

 

(サラリーマン専念時代の名残が出たのかも?)

 

 

自分のこと (先天的・後天的なもの) を振り返りつつ、上記の結果・コメントを吟味したのですが、全体的にその当たりっぷり「凄い!」の一言です。

 

グッドポイント診断に対する要望

質問に答えさえすれば必ず5つの強みが表示されるわけですが、それら強みは同列に扱われるので、最も長けてる自分の強みは何なのかは分かりません。

 

なのでどうせ5つを出すなら、ランキング形式の方がより有益な診断になると思いませんか?

 

 

例えば診断結果が「独創性、柔軟性、親密性、感受性、悠然」ではなく、「感受性>親密性>柔軟性>独創性>悠然」というランキング順に表示されると、

 

「自分は相手の立場や気持ちを尊重したり (感受性)、特定少数に注力できる環境下 (親密性) で働くのに向いてる!」

 

といったことが、より鮮明に分かってきます。

 

 

そしてもし、そういう感じで自分の長所をより具体化できると、

 

「自分の天職は実は○○なんじゃないか?」

 

など、自分に関する新たな発見をしやすくなると思います。

 

 

とは言えリクナビネクスト会員に登録 (無料) するだけで、客観化された自分のイメージを知れるだけでも儲けものです!

 

なので就活・転職活動中の人や第三者から見た自分のイメージを知りたい人には、グッドポイント診断は絶対に役立つと思います!

 

【⇒ グッドポイント診断にトライ】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑