ANAマイル・JALマイルが効率よく貯まるクレジットカード

ANAやJALなどのマイルが効率よく貯まるカード

年末年始・ゴールデンウィーク・お盆といった大型連休中は、航空チケット代金が通常時の2倍とかに高騰することもしばしばで、この期間のチケット購入の経済的負担はかなりのものです。

 

しかし、ANAマイルで入手できる特典航空券だと高騰率を1.4倍〜1.5倍程度に抑えられますし、JALマイルの特典航空券だと高騰しないので、旅行や遊び等で連休中に航空機に乗る人は、日頃からマイルを貯めておくとかなりお得なフライトができます!

 

あるいは各航空会社の優待サービス (チケット代や機内販売の割引) もあるので、マイルに興味のない航空機利用者にもメリット満載です。

 

ANAカードの共通サービス

ANAマイルが貯まるサービスのことを『ANAマイレージクラブ』と言い、

  1. カード利用で貯めたポイントをマイルと交換するタイプ
  2. カード利用で直接マイルが付与されるタイプ

の2種類の貯め方があります。

 

当ページで紹介するANAカードはどれも前者のタイプで、通常1,000円につき1ポイントが貯まり、1ポイントを5マイルと交換できます。

 

あるいは、年会費を数千円多く支払うことで2倍の付与率となる『10マイルコース』に変更を行なえます。(1,000円毎に10マイル)

 

1マイルの価値は約2円なので、10マイルコースだと利用額の2%相当のマイルが貯まることになります。(10マイル×2円÷1,000円=2%)

 

 

また、各種ボーナスマイル (入会時/ 毎年、年会費の支払月/ フライトボーナス) も用意されています。

 

具体的なマイル数はカードにより異なりますが、年会費をほぼ相殺できるマイル数が付与されます。

 

さらにマイル以外のサービスも充実しています。

 

例えば、ANAカード会員専用の割安運賃/ フライト当日の予約・変更/ ANA国内線・国際線の機内販売10%割引などがその代表例です。

 

以下は各ANAカードの独自特典となります。

 

ANA VISA/ Master一般カード

年会費は初年度は無料、翌年以降は2,000円+税 (ただしWEB明細利用で1,500円+税に、マイ・ペイすリボ登録で1,025円+税に減額) となります。

 

1,000円毎にワールドプレゼンのポイントが1ポイント貯まり、6,000円+税の追加年会費の負担で10マイルコースに変更できます。

 

また、当カードは以下の条件を満たす場合に、ボーナスポイント (P) が貰えます。

  1. 前年度50万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 50P付与、以降今年度+10万円ごとに10P
  2. 前年度100万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 75P付与、以降今年度+10万円ごとに15P
  3. 前年度300万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 150P付与、以降今年度+10万円ごとに30P

(ボーナスポイントの移行レートは、1P=一律3マイルです)

 

それと各種ボーナスマイルは、入会時に1,000マイル/ 毎年、年会費の支払月に1,000マイル/ 区間マイル・積算率の10%相当 (フライトボーナス) となります。

   

ANA VISA Suicaカード

年会費は初年度は無料、翌年以降は2,000円+税 (ただしWEB明細利用で1,500円+税に、マイ・ペイすリボ登録で751円+税に減額) となります。

 

当カードはすぐ上のANA VISA/ Master一般カードに電子マネーsuicaの機能が付いただけなので、ポイントサービスや各種ボーナスマイルの内容は上とまったく同じです。

 

また、当カードはマイル移行以外に、1ポイントでSuica5円分に換えることが可能ですが、Suicaだと還元率は0.5%にすぎないのでほぼ無意味です。

 

しかし上のカードの最安年会費よりも当カードの最安年会費の方が274円+税だけ安いので、上に興味があるなら当カードに申込む方が少しだけコスパが良くなります!

 

   

ANA VISA/ Masterワイドゴールドカード

年会費は初年度から14,000円+税 (ただしWEB明細利用+マイ・ペイすリボ登録で9,500円+税に減額) となる、ANA VISA/ Master一般カードのゴールド版です。

 

1,000円毎にワールドプレゼンのポイントが1ポイント貯まり、それを10マイルに移行できます。

 

最初から10マイルコースとなっているので、追加年会費は発生しません!

 

また、以下の条件を満たす場合にボーナスポイント (P) が一般カードの2倍貰えます。

  1. 前年度50万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 50P付与、以降今年度+10万円ごとに20P
  2. 前年度100万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 75P付与、以降今年度+10万円ごとに30P
  3. 前年度300万円以上かつ今年度50万円到達 ⇒ 150P付与、以降今年度+10万円ごとに60P

(ボーナスポイントの移行レートは、1P=一律3マイルです)

 

それと各種ボーナスマイルも一般カードより豪華となり、入会時に2,000マイル/ 毎年、年会費の支払月に2,000マイル/ 区間マイル・積算率の25%相当 (フライトボーナス) となります。

 

さらに空港ラウンジサービスや海外旅行保険の家族特約などが自動付帯します。

 

   

 

JALカードの共通サービス

JALマイルが貯まるサービスのことを『JALマイレージバンク』と言い、

  1. カード利用で貯めたポイントをマイルと交換するタイプ
  2. カード利用で直接マイルが付与されるタイプ

の2種類の貯め方があります。

 

当ページで紹介するANAカードはどれも後者のタイプで、通常200円で1マイルが貯まります。

 

あるいは、年会費を数千円多く支払うことで加入できる『JALカードショッピングマイル・プレミアム』に入ると、100円で1マイルが貯まります。(ゴールドカード以上だと最初から100円で1マイルです)

 

つまり加入すると利用額の2%相当のマイルが貯まることになります。(1マイル×2円÷100円=2%)

 

また、各種ボーナスマイル (入会+搭乗/ 毎年初回の搭乗/ フライトボーナス) も用意されています。

 

 

さらにマイル以外のサービスも充実しています。

 

例えば、JALカード会員限定の割引航空券/ フライト当日の予約・変更/ JAL・JTA機内販売商品10%割引/ ツアープレミアム (先得割引・スーパー先得・乗継割引28でも区間マイルの100%を獲得) などがその代表例です。

 

以下は各JALカードの独自特典となります。

 

JAL普通カード (JCB)

年会費は初年度は無料、翌年以降は2,000円+税となる、最も標準的なJCBブランドのカードです。

 

200円毎に1マイルが貯まるのが基本ですが、ショッピングマイル・プレミアム (3,000円+税) に加入すると100円で1マイルとなります。

 

それと各種ボーナスマイルは、入会+搭乗で1,000マイル/ 毎年初回の搭乗で1,000マイル/ 区間マイル・積算率の10%相当 (フライトボーナス) となります。

 

単にJALマイルの収集が目的なら、比較的年会費の安い当カードがおすすめとなります。

 

   

JAL普通カード (アメリカン・エキスプレス)

年会費は初年度から6,000円+税となる、最も標準的なアメックス・ブランドのカードです。

 

200円毎に1マイルが貯まるのが基本ですが、ショッピングマイル・プレミアム (3,000円+税) に加入すると100円で1マイルとなります。

 

各種ボーナスマイルは、入会+搭乗で1,000マイル/ 毎年初回の搭乗で1,000マイル/ 区間マイル・積算率の10%相当 (フライトボーナス) です。

 

当カードは1つ上のJCBカードよりも年会費が高い反面、マイル以外のサービスが豪華で、

  • アメリカン・エキスプレス・セレクト (8千以上の宿泊・飲食施設が10〜70%OFF)
  • 空港ラウンジサービス (同伴者1名も無料)
  • 海外・国内旅行保険に家族特約

などが付帯します。

 

なので当カードはマイル以外の内容も重視する人向きとなります。

 

   

JAL CLUB-Aゴールドカード (アメリカン・エキスプレス)

年会費は初年度から19,000円+税となる、アメックス・ブランドのゴールドカードです。

 

最初からショッピングマイル・プレミアムに加入済なので、100円で1マイルが貯まります。

 

各種ボーナスマイルは、入会+搭乗で5,000マイル/ 毎年初回の搭乗で2,000マイル/ 区間マイル・積算率の25%相当 (フライトボーナス) です。

 

当ゴールドカードは1つ上のカードよりもさらにサービスが豪華となっています。

 

前述のアメリカン・エキスプレス・セレクト/ 空港ラウンジサービス/ 海外・国内旅行保険に家族特約に、以下のサービスが加わります。

  • 手荷物空港宅配サービス (海外旅行の出発・帰国時に、スーツケース1個を無料配送)
  • JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用
  • アドオンマイル (JALグループの航空券/ 機内販売などで、100円で2マイルが加算)

また、各種保険の補償額も上がります。(最高5,000万円)

 

   

JALプラチナ (アメリカン・エキスプレス)

年会費は初年度から31,000円+税となる、アメックス・ブランドのプラチナカードです。

 

通常100円で1マイルが貯まり、JALグループの航空券/ 機内販売だと100円で4マイルが貯まります。

 

またプラチナカードなので、サービスが大奮発しています。

 

前述のアメリカン・エキスプレス・セレクト/ 空港ラウンジサービス/ 海外・国内旅行保険に家族特約/ 手荷物空港宅配サービス/ JALビジネスクラス・チェックインカウンター/ アドオンマイルに、以下のサービスが加わります。

  • プライオリティ・パスのプレステージ会員 (世界600ヵ所以上の空港ラウンジを無料で使い放題)
  • プラチナ・コンシェルジュサービス (航空券やホテルの予約・各種チケットの手配など、旅行関連の手間を専任スタッフに常時お任せできるサービス)

また、各種保険の補償額も上がります。(最高1億円)

 

各種ボーナスマイルはゴールドカードと同じです。

 

   

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑