クレジットカード会員/ カード発行会社/ 加盟店それぞれのメリットと義務

クレジットカードの仕組み

このページでは、クレジットカードに対する僕たちカード会員 (利用者)/ カード会社/ 加盟店 (カード決済可の店舗) の相関関係と、各立場がクレジットカードから得るメリット/ 負う義務について話をしています!

 

カード会員のメリットや義務を何となく知ってる人は多いでしょうが、カード会社側や加盟店側のことについては結構知らなかったりすると思います。

 

 

特にカード会社がカード利用者に無料でステキなサービスを提供できる理由や、カード会社が利益を得てる方法などを謎に感じてる人も多いはずなので、その辺り疑問についても答えていきたいと思います。

 

ということで、まずは下の図を見てください!

 

(出典 クレジットカード勧誘スタッフの裏話)

 

これが各立場の主要な相関関係とメリット・義務になります。

 

各内容についてそれぞれ順番に説明していきますが、その前に各立場の意味合いについて少し確認 (定義に近い) しておきます。

 


カード会員

 

クレジットカードの決済サービスを利用する人のことを指します。

 

要はカードで買い物したり、何かの利用料金 (光熱費とか) をカードで支払う人のことです

 


カード会社

 

クレジットカードを発行する権限を有する会社や組織のことです。

 

発行権限の有し方は、国際ブランドから権限を与えられてるケースと国際ブランドが単独で権限を握っているケースの2通りがあります。

 

例えば前者ケースだと楽天カード (株) が、後者ケースだとJCBの名が挙げられます。

 

 

楽天カード (株) はVISAやMasterCardといった国際ブランドからカード発行権限を受けることで、楽天カード (株) のサービスが搭載しつつ、それら国際ブランドのサービスも付いてるクレジットカード (楽天VISAカード、楽天MasterCardカードなど) を発行できるのです。

 

一方、JCBは、JCBという独自の自社ブランドを持っているので、他ブランドからカード発行権限を得る必要はなく、JCB関連のサービスで100%埋め尽くされたクレジットカード (JCB CARD EXTAGEなど) をJCB自身が発行できるのです。

 

 

ただしJCBはVISAやMasterCardと同様に、自社ブランド (JCB) 付帯のカード発行権限の貸与も行っています。

 

先ほどの楽天カード (株) はJCBブランドの貸与先の1つとなっています。

 

なので楽天カード (株) は自社とJCBのサービスが搭載してるカード (楽天JCBカード) を発行することも可能となります。

 

自分が使ってるカードの発行元の名称 (会社名) は、カード券面の裏側にその所在地・電話番号と共に記載されています。

 

 

ちなみにVISAやMasterCardはカード発行業務を行わないので、これら国際ブランドがカード会社となることはありません。

 

カード会社と国際ブランドの役割の違いについては、カード会社と国際ブランドの関係で詳しく解説しています。

 


加盟店 (カード決済可の店舗)

 

国際ブランド運営の決済ネットワークサービスの利用を認められた店舗 (実店舗・ネットショップ) のことを指します。

 

要はクレジットカード決済に対応している店舗のことです。

 

スポンサーリンク

 

各立場のメリットと義務

カード会員のメリットと義務

 

カード決済することで、現金の持ち合わせがなくても商品を購入できますし、ネットショッピングやケータイ代などの料金をカードで支払うことで、わざわざ銀行やコンビニなどに振り込みに行く手間が省けます。

 

さらにはカード利用でポイントが貯まりますし、カードの種類によっては一部店舗での割引を受けれたり、旅行時の病気・怪我の治療費を負担してもらえる保険が付くなどのメリットがあります。

 

(メリットについては、クレジットカードを持つメリットでより詳しく書いています)

 

 

逆に会員の義務は、カード会社指定の日にカード利用料を支払うことです。

 

とは言っても、大半の会員が利用料を口座振替にて自動で引き落す (支払う) ので、最初に1回だけ口座振替をしておけば、後は会員が取るべき行動はほぼありません!

 

ただし口座残高が少ないと利用料を支払いきれないケースが出てくるので、定期的な残高チェックは必要となります。

 

 

口座振替と残高チェック以外だと、カード有効期限が切れた際の更新手続きがあります。

 

しかし更新手続きはカード会社側がやってくれるケースが多いので、特に解約の意志がない限りは、会員は新規カードの発行・郵送をただ待つだけとなります。

 


カード会社のメリットと義務

 

カード会社の主なメリットは、加盟店から加盟店手数料を、会員から分割払い/ リボ払い/ キャッシング利用/ カードローン利用の手数料を徴収できることです。

 

加盟店手数料は加盟先の国際ブランドにより異なりますが、加盟ブランドがVISA/ MasterCardだと約3%、JCB/ AMEX/ Diners Clubのだと約4%の手数料が加盟店に発生し、その発生分をカード会社に払うことになります。

 

 

それと、リボ払いやキャッシングの手数料などもカード会社にとっては莫大な収入源です。

 

リボ払いの手数料は年率約15%、キャッシング手数料にいたっては年率約18%もあるので、カード会社としては何とかこれらの方法で会員にクレジットカードを利用してほしいのです。

 

そのためカード会社は頻繁に、「リボ払いでもれなく○○ポイント贈呈!」とか、「今ならキャッシングで○○名様にギフトカードが当たる!」といったキャンペーンを実施し、カード利用者を誘導することに躍起になっています。

 

そしてそれらの撒きエサで見事に誘導された会員は、数ヶ月〜数年のスパンで高額の手数料を支払うハメになってしまうのです!

 

カード会社は数千円程度のキャンペーン特典をたった1回、会員に渡すだけで以降はカード会社が毎月手数料を徴収する独壇場となるので、トータルで見たらカード会社はかなり儲けているはずです。

 

 

逆にカード会社の義務というか役割は、加盟店契約を結びたい店舗に契約の可否を下したり、カード利用料を加盟店に渡したり (一部はカード会社の取り分)、カスタマーサポートを設けて会員からの質問や苦情に対処することです。

 

また、他社カードと差別化できるような魅力的なサービスを提供できるよう日々研鑽していくことです。

 

そういった企業努力でカード会員に更なる利益を与え続けることが、結局カード会社の利益に跳ね返ってくるのです!

 


加盟店のメリットと義務

 

加盟店の場合、会員のカード決済により売り上げの何割かは即刻現金で入ってこないわ、カード会社に手数料を払わないといけないわで、一見すると加盟店にとってはメリットがなさそうな気がします。

 

ですが実際はかなりの恩恵を受けています。

 

売上機会の損失の回避

 

本来なら現金不足のために購入を見送ってた人でも、カード決済によりお金を使ってもらえたことを指します。

 

また、一括払いだけに対応するのではなく、分割/ リボ/ ボーナス一括など複数パターンに対応できる体制を用意しておくことで購入率はさらに上がります!

 

加盟店はとにかくカード会社に手数料を払ってでも売上機会の損失リスクを下げたいのです。

 

 

現金管理コストの削減

 

現金を管理するのは想像以上に気を使うもので、特に多額の現金を動かすときなんかはコストがばかになりません!

 

なぜならそのお金を警備するガードマンを雇う必要が出てくるからです。

 

また、店内に多額の現金を置いとくことで、客や店員がそのお金を盗む可能性が高まります。

 

 

しかし、カード決済率が上がればガードマンは不要ですし、レジに入ってる金額も少なくなるので仮に盗まれたとしても被害は小さく収まります!

 

 

利便性の高い店であることのアピール

 

2014年度から消費税が8%に上がったこともあり、近年はカード会員が急増しています。

 

そしてこのような背景を考えると、カード決済に対応している店舗、特に使える国際ブランドの種類が多い店はそれだけで会員にアピールできます!

 

カード対応って結構普通なことだと思いがちですが、小規模な店舗やカード会社があまり顧客にしたくない業界 (例えばエステ) だと、国際ブランドの種類を問わず加盟店になれない可能性が高いので、カード決済が可能であることは一種のステータスなのです。

 

 

逆に加盟店の主な義務 (役割) は、なるべく多くの国際ブランドと契約を結び、自分の店舗で使える国際ブランド数を増やしていくことや、手数料を引いたカード利用料をカード会社に請求することです。

 

ブランド数が多いとそれだけ会員へのアピール材料になりますし、カード利用料の請求は加盟店の社長からしたら毎月の一大イベントなので、たとえ戦争が勃発しようと絶対に請求作業を行うはずです!(笑)

 

というわけで、加盟店にとっての義務は加盟店自体が進んで取り組みたいことが多いのです。

 

まとめ

各立場のメリット・義務をまとめると次のようになります。

 

メリット 義務
カード会員 買い物料金の後払い、ポイント収集 カード利用料の支払い
カード会社 加盟店・会員からの手数料徴収 加盟店契約の締結可否の判断、カード利用料の立替え、カスタマーサポート
加盟店 売上機会の損失の回避 売上の何割かは後日の受け取り、カード会社への手数料の支払い

 

各立場の中で最もメリットが大きいのがカード会員で、メリットが小さめなのが加盟店です!

 

カード会員はポイントが貯まる分、実質の買い物代金が少し安くなるので、他2つの立場よりも金銭的に明らかに得しています。

 

 

一方、加盟店は売り上げの一部をカード会社に支払う必要があるので、手元に残るお金は現金決済の場合よりも少なくなります。

 

このようにクレジットカードは本当に僕たち庶民の味方なので、もし1枚もカードを持ってない人は試しに何か1枚作り、実際に使ってみることをおすすめします!

 

当サイトが一押しするカードは、日常利用で1番得するクレジットカードで紹介しています。

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑