ファミマ・サークルKサンクス・ローソン・セブンイレブンでお得なクレジットカード

コンビニ系カードTOP4

一般的にコンビニは他の小売と比べて値段が高めに設定されてるので、コンビニで買い物するほど余分にお金がかかります。

 

しかし各コンビニ対応のカードを使うと、余分なコストの一部削減を行なえるので非常に便利です!

 

セブンイレブン利用者向きの、"セブンカード・プラス"

セブン・イレブンの買い物代金をカード払いすると、200円毎に3ポイント (nanacoポイント) が貯まります。(一般店だと200円毎に1ポイント)

 

さらに一部の商品 (食品・お菓子・ドリンク・雑貨など) に限ると、各商品設定のボーナスポイントも貯まります!

 

また、当カードとnanacoカードを併用すると、税金支払いでも間接的にポイントを貯めれます。

 

(セブン・イレブンの主な店舗地域は、南東北/ 関東/ 甲信越 (山梨、長野、新潟)/ 関西 (京都、滋賀、奈良)/ 山陽 (中国地方の瀬戸内海側)/ 九州です)

 

ファミマ利用者向きの、"ファミマTカード"

ファミリーマートでの会計時、カードの提示だけで200円で1ポイント (Tポイント) が貯まり、実際の支払いまで行なうと1ポイントが加算されるので、200円で合計2ポイントが貯まります。

 

ファミマだとカード提示だけでポイントが貯まるので、既に別のクレジットカードを使ってる人でも利用価値は絶大です!

 

また、ポイントアップ特典 (火曜・土曜は最大5倍/ ファミマで月1万5千円以上で3倍/ 25歳以下は常時2倍/ 水曜の女性は2倍など) も満載で、これらの特典を上手く組み合わせると最大8倍 (200円で8ポイント)もポイントが貯まります!

 

(ファミマは特に沖縄、鹿児島、東京、福井、大阪、香川、鳥取、宮城で店舗数が多いです)

 

ローソン利用者向きの、"JMBローソンPontaカードVisa"

ローソンでの会計時、カードの提示だけで100円で1ポイント (Pontaポイント) が貯まり、実際の支払いまで行なうと1ポイントが加算されるので、100円で合計2ポイントが貯まります。

 

また、特定商品購入時にカードを提示すると、代金の5〜15%程度のボーナスポイントを受けられます。

 

ボーナスポイントはレジでカードを"見せるだけ"で獲得できるので、支払いは別カードでも大丈夫です!

 

また、上2枚のカードは一般利用する分には200円で1ポイント (還元率0.5%) なんですが、当カードの場合は一般利用でも1%の高さなので、ローソン以外でも積極的に使っていけます!

 

(ローソンは主に鳥取、秋田、富山、島根、徳島、青森でシェアを取ってるコンビニです)

 

サークルK利用者向きの、"楽天カード"

一般利用で還元率1%、楽天サービスだと2%以上を記録することでお馴染のカードです。

 

そして楽天カードをRポイントカード (楽天のポイントカード) と紐付けて使うと、楽天カードで得たポイント (楽天スーパーポイント) をRポイントカード経由でサークルKで使えるようになります!

 

本来、楽天スーパーポイントは楽天サービス内でのみ有効でしたが、Rポイントカードの登場によりリアル店 (サークルK/ ミスド/ 出光SSなど) でも使えるようになったのです。

 

しかもポイントは1ポイント単位で使えて非常に便利ですし、一般利用でも高還元率なので、サークルK利用者はこの2枚を積極活用してほしいです。

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑