国際ブランド業務・カード発行業務・加盟店業務やプロパーカード・提携カードの意味について解説しています!

カード会社と国際ブランドの関係

国際ブランドには

VISA (ビザ)/ MasterCard(マスターカード)/ JCB (ジェーシービー)/ AMERICAN EXPRESS (アメリカン・エキスプレス)/ Diners Club (ダイナースクラブ)

の世界5大ブランドと、

中国銀聯カード (ちゅうごくぎんれん)/ Discover Card (ディスカバーカード)

という比較的新しいブランドの計7種類があります。

 

 

クレジットカードを持ってる人なら知ってると思いますが、どこのカード会社のカードにせよ、カード券面の表には必ずVISAなりMasterCardなりの国際ブランドが付いています。

 

しかしカード会社と国際ブランドの間にはどのような関係があるのか?そもそもカード会社と国際ブランドはどう違うのか?という話になると、かなり多くの人が返事に困ると思います。

 

なのでこのページでは、カード会社と国際ブランドのカードに対する役割について解説します。

 

 

ちなみに、国際ブランドって何?と思う人は、カードに刻印されてる7つの国際ブランドを見てください。

 

また、中国銀聯カードとDiscover Cardについては、新興の国際ブランドを見てください。

 

スポンサーリンク

 

カード会社と国際ブランドのカードに対する役割

カードに対する双方の役割は、クレジットカード関連の業務内容とそれらの実行機関の2つを知れば自然に理解できます。

 

ということでまずはカード関連の業務内容についてですが、それは「国際ブランド業務」「カード発行業務」「加盟店業務」の3つに分かれます。

 

国際ブランド業務

世界規模の決済システムを運営し、カード取引をする際の規約を制定する業務のこと

 

簡単に言えば、世界各地のクレジットカードを世界中の店舗 (自社ブランド加盟店の店舗・ネットショップ) で使えるよう、日々調整・管理する業務のことです。

カード発行業務

クレジットカードの申込申請に可否を下す業務のことです。

 

また、カード利用者によるカード決済代金の立替払いや、立替金のカード利用者への請求業務、さらにはカスタマーサポートなども担当します。

加盟店業務

クレジットカードの決済サービスを導入したい店舗と加盟店契約を結んだり、加盟店からの請求金額 (カード利用者の決済分) を支払ったりする業務のことです。

 

カード関連業務のことは分かったと思うので、続いてはそれら業務の実行機関について解説します。

 

5大ブランドのうち、VISAとMasterCardは国際ブランド業務のみを行い、カード発行業務と加盟店業務は契約関係にあるクレジットカード会社に完全に一任します。

 

 

例えばVISAと契約関係にあるクレディセゾンの場合、セゾンカードを海外決済可能にしているのはVISAの働きですが、国内決済についてはクレディセゾン側が担当することになります。

 

近所の本屋やレンタル屋などでVISAブランドのセゾンカードを使えるのは、クレディセゾンがそれらの店舗をVISAブランド加盟店として認めている (契約している) からなのです。

 

それとカード関連の一般業務 (カード発行・解約/ 利用枠の変更) もクレディセゾンが担当することになります。

 

 

カード業務の役割分担はMasterCardもまったく同じで、例えばイオンカードのMasterCardだと、海外決済機能はMasterCardが担当し、国内決済機能や一般業務はイオンカードが担当することになります。

 

 

一方、JCB/ AMEX/ Diners Clubに関してはプロパーカードか提携カードかにより、各業務の実行機関が違ってきます。

 

プロパーカードだと国際ブランド自らがカード発行/ 一般業務の遂行/ 加盟店契約を希望する店舗との契約可否の判断を行いますし、提携カードだと国際ブランドは国際ブランド業務にのみ専念し、他の業務はカード会社にすべて任せる形をとります。

 

スポンサーリンク

 

■プロパーカードの代表例

JCBブランド JCB一般カード/ JCB CARD EXTAGE/ JCB GOLD EXTAGE/ JCBゴールド
AMEXブランド アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード/ アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
Diners Clubブランド ダイナースクラブカード/ ダイナースクラブ ビジネスカード

 

一方、提携カードはプロパーカードよりも種類が豊富にあります。

 

■提携カードの代表例

JCBブランド 楽天JCBカード/ JCB EIT
AMEXブランド セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス/ シネマイレージAMEXカード
Diners Clubブランド ANAダイナースクラブカード/ JALダイナースクラブカード

 

プロパーカードは自社ブランドに特化してるので、当然提携カードよりも自社ブランドの特典が豊富に備わっています。

 

一方、提携カードは提携先 (例えば楽天) の特典に比重が置かれ、付帯ブランド (例えばJCB) の特典はサブ的な位置づけとなります。

 

 

なので各ブランドの特典をメインにするなら、そのブランドのプロパーカードを作るのがいいですし、提携先企業の特典を主目的にするならブランド自体は別にどれでもよく、その提携先が発行してるカードを作れば良いことなります。

 

ちなみにVISAとMasterCardにプロパーカードはなく、それらのブランドが付いてるカードはすべて提携カードに分類されます。

 

国際ブランドよりもカードスペックが大切

カードの申込時にどの国際ブランドを選んだらいいのか結構迷うと思います。

 

しかし日常生活用に使う分には、VISA/ MasterCard/ JCBのどれかを選べば十分です。

 

なぜならこの3ブランドは、日本のほぼすべての店舗に対応しているからです。

 

 

実は国際ブランドってそれほど重要ではなく、むしろにカードスペック (特に還元率の高さ) に気を配るべきなのです!

 

還元率の高いカードについては、日常利用で1番得するクレジットカード!ネットショッピングで1番得するクレジットカードを参考にして下さい。

 

また、利用価値の高い年会費ゼロカードについては、年会費無料カードを選ぶ!を見てください。

 

レジでの一場面で、、

近所の回転寿司での会計時、管理人が楽天VISAカードを差し出すと、「VISAカードですね?」という反応が毎回返ってきます。

 

もちろんブランドがVISAなのだから、VISAカードでも間違いではないですが、普通は楽天カードという表現より正確となります。

 

別にどちらの表現でも寿司代金は同じなのでそれほど気にすることではないですが、クレジットカードサイトの運営者である管理人としては、若干の違和感を毎回感じてしまいます。笑

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑