三井住友トラストVISAカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

三井住友トラストVISAカード

三井住友信託銀行がメインの株主なので、経営基盤が安定している。
海外旅行保険とショッピング保険が備わっている。
パルテノン神殿が描かれたカードデザインがカッコいい
クレジットカードに電子マネー (iD、WAON) を紐付けできる。

 

【⇒ 三井住友トラストVISAカードの公式サイトへ】

 

カードの概要

三井住友信託銀行が主要株主である三井住友トラスト・カード株式会社が発行するカードです。

 

三井住友VISAカードと兄弟関係にありますが、残念ながら知名度は低いです。

 

しかも、三井住友VISAカードなら受けられる年会費割引きがトラストカードにはありません、、

 

かと言ってポイント還元率・付帯サービスとも三井住友VISAカードと同水準なので、もしトラストカードを選ぶなら三井住友VISAクラシックカードAの方がおすすめとなります!

 

 

ポイント還元率が低く、付帯サービスの利用条件が厳しいトラストカード唯一のメリットは、超大手である三井住友信託銀行がバックに構えてることぐらいでしょうか?

 

いずれにせよトラストカードはあまりおすすめできません。

 

なのでもしトラストカードに特別なこだわりも持ってない場合は、管理人厳選の10枚のカードをぜひ参考にしてほしいです。

 

年会費と国際ブランド

本会員カードの年会費は初年度は無料、翌年度以降は1,250円+税です。

 

家族カードの年会費は初年度は無料、翌年度以降は400円+税です。

 

ETCカードの年会費は初年度は無料、翌年以降は500円+税ですが、年1回以上のETCカードの利用で翌年は無料となります。

 

また、ブランドはVISAとMasterCardです。

 

VISAカードだと裏面に自分の写真が入るので、カードの紛失・盗難時の不正使用の防止に役立ちます。

 

MasterCardだと写真は入らないので、特に理由がなければVISAカードの方を選びましょう。

 

基本ポイントプログラム

1,000円ごとにワールドプレゼンが1ポイント付与されます。

 

ワールドプレゼンって何かの景品みたいですが、カード利用で貰えるポイントのことです。

 

ワールドプレゼンを貯めると、以下のものと交換できます。

 

交換レート 交換単位 還元率
1P ⇒ 楽天スーパーポイント 5P 200P以上、100P単位 0.50%
1P ⇒ Tポイント 4.5P 200P以上、100P単位 0.45%
1P ⇒ Pontaポイント 4.5P 200P以上、100P単位 0.45%
1P ⇒ nanaco 3P 200P以上、100P単位 0.30%
1P ⇒ Suica 3P 200P以上、100P単位 0.30%
1P ⇒ iDバリュー5円の割引 200P以上、100P単位 0.50%
1P ⇒ カード請求額3円の割引 200P以上、1P単位 0.30%

(VJAギフトカード)

 

1,100P ⇒ 5,000円分
2,100P ⇒ 10,000円分
3,100P ⇒ 15,000円分
4,100P ⇒ 20,000円分



0.45%
0.48%
0.48%
0.49%

 

還元率的には、楽天スーパーポイントやiDバリューの割引、VJAギフトカードと交換するのが望ましいです!

 

ポイント有効期限は2年です。

 

ステージボーナス

前年度 (前年2月〜今年1月) のカード利用額と、今年度 (今年2月〜来年1月) のカード利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

 

ステージ 条件 ボーナスポイント
V1 前年度50万円以上100万円未満 今年度50万円到達で50ポイント、
以降10万円ごとに10ポイント
V2 前年度100万円以上300万円未満 今年度50万円到達で75ポイント、
以降10万円ごとに15ポイント
V3 前年度300万円以上 今年度50万円到達で150ポイント、
以降10万円ごとに30ポイント

 

 

ボーナスポイントを加味すると、交換アイテムの還元率は最大30%アップします。

 

楽天スーパーポイント、iDバリューで還元率0.65%、VJAギフトカードで0.59%〜0.64%となります。

 

付帯サービス

  • 海外旅行保険 (最高2,000万円の傷害死亡・後遺障害費用など)
  • ショッピング保険 (最高100万円/年、90日間有効)

が一応用意されてます。

 

しかし旅行保険は旅行に関わる費用をトラストカードで支払わないと補償を受けられなので、少々使いにくいです。

 

また、ショッピング保険も補償対象もかなり制限される (海外購入商品/ リボ払い/ 3回以上の分割払い) ので、やはり使いにくいです。

 

年会費が有料であることを考えるとかなり寂しい保険内容です、、

 

その他特記事項

■VpassID安心サービス

 

VpassID、パスワードが第三者に不正利用され損害を受けた場合、届け出日から120日前にさかのぼり、それ以降の損害を100万円を限度に補償してもらえます。

 

■紐付けできる電子マネー

 

以下の電子マネーをクレジットカードに紐付けできます。

  • iD (ドコモおサイフケータイ型、年会費・発行手数料は無料)
  • WAON (専用カード、年会費は無料、発行手数料は300円+税で、イオンだと毎月20日・30日は5%OFF、毎月5日・15日・25日はWAONポイントが2倍)

ワールドプレゼント1ポイントで5 WAONポイントに交換できます。

 

総合評価

還元率・付帯サービスともに満足のいくレベルになく、持つ意味を感じないカードです。

 

年会費が発生する割りに還元率0.5%〜0.6%程度というのはかなり低いですし、旅行保険やショッピング保険も使いにくいです、、

 

もしトラストカードを所有するなら、年会費割引きがある三井住友VISAクラシックカードAの方が圧倒的に良いです!

 

【⇒ 三井住友トラストVISAカードの公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社三井住友トラスト・カード株式会社
初年度年会費無料
翌年以降年会費1,250円+税
提携ブランドVISA/ Master
利用限度額10万円 〜 80万円
チャージ時にポイント付与-
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費500円+税 (年1回以上のETCカードの利用で無料)
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日15日締め/ 翌月10日払い
申込資格満18歳以上(高校生を除く)で安定した収入のある人
リボ手数料実質年率15.0%
キャッシング金利実質年率15.0〜18.0%
家族
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費400円+税
申込資格 本会員と生計を共にする配偶者、満18歳以上の子ども (高校生を除く)、両親

 

(ただし、本会員が学生の場合は配偶者のみ)

家族
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費500円+税 (年1回以上のETCカードの利用で無料)
発行手数料無料

 

ポイントプログラム

プログラム名ワールドプレゼント
ポイント付与レート1,000円毎に1ポイント
ポイントの使い道 楽天スーパーポイント
Tポイント
Pontaポイント
nanaco
Suica
iDバリューの割引
カード請求額の割引
VJAギフトカード
ポイント有効期限2年
標準還元率 0.50%〜0.65% (iDバリュー交換時)、
0.45%〜0.64% (VJAギフトカード交換時)
入会特典-
ボーナス特典

『ステージボーナス』

 

ステージV1・・今年度50万円で50P、以降10万円ごとに10P
ステージV2・・今年度50万円で75P、以降10万円ごとに15P
ステージV3・・今年度50万円で150P、以降10万円ごとに30P

マイル交換 100ポイント⇒ 300 ANAマイル
その他サービス

『電子マネーカードの紐付け』

 

iD (おサイフケータイ型)
WAON (専用カード)

『ポイントUPモール』

 

三井住友カード運営のポイントUPモールの利用で、ポイントが2〜20倍付与
楽天/ Yahoo!ショッピング/ Amazon/ ベルメゾンなど多数が加盟

 

付帯サービス

国内旅行保険-
海外旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療最高50万円
疾病治療最高50万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
携行品損害最高15万円 (免責3千円)
ショッピング保険年間補償額最高100万円 (海外またはリボ払い、3回以上の分割払いが対象)
自己負担額3,000円
補償期間90日間
ネットセーフティ

『VpassID安心サービス』

 

VpassID、パスワードが第三者に不正利用された場合の安全網

 

届け出日から120日前にさかのぼり、それ以降の損害を最大100万円補償

ロードサービス -
その他

『紛失・盗難保険』

 

紛失・盗難の届出日から60日前までさかのぼり、それ以降の不正使用分を補償

 

【⇒ 三井住友トラストVISAカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑