nttグループカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

NTTグループカード

出光SSでカード払いすると、月に給油1万円でリッター2円引き、2万円で4円引き、3万円で6円引き・・と、値引き金額が増大!(リッター最大40円引き)
旅行予約のキャンセル料が発生時、そのキャンセル料を年間最高5万円まで補償
年会費は実質的に永久無料

 

【⇒ NTTグループカードの公式サイトへ】

 

カードの概要

NTTファイナンスが発行し、日常ショッピングやNTT通信費、出光SSでの給油代の一部が還元されるカードです。

 

カード名から連想すると、NTT通信費は大幅還元されそうな気がしますが、実質的には0.50〜0.75%程度しか還元 (請求額の減額) を受けられない残念な面があります。

 

ですが当カードは出光SSで給油代を支払った場合に、ポテンシャルを発揮する側面もあります!

 

例えば月に1万5千円給油するケースだと、ガソリン (レギュラー・ハイオク) がリッター3円引きとなりまし、2万円の給油だとリッター4円引きとなります。

 

つまり当カードは、日常ショッピングやNTT通信費の支払いで使うメリットはない反面、出光SSでの給油時に限定して使う場合には非常に役立つのです!

 

年会費と国際ブランド

本会員の年会費はWeb明細を利用すると無料、紙明細を希望する場合は1,200円+税となります。

 

ネット入会すると自動的にWeb明細となるので、事実上無料です。

 

また、家族会員の年会費は無料で、ETCカードの年会費は500円+税となります。

 

ブランドはVISAとMasterCardです。

 

基本ポイントプログラム

NTTグループカードには、

  1. 貯まったポイントをキャッシュバックやギフト券等と交換できる「ポイント・プレゼントコース」
  2. NTT通信費の一部割引を受けられる「おまとめキャッシュバックコース」

という2つのコースが用意されており、このどちらかを選択利用することが、カードのポイントプログラムとなります。

 

両コースとも中身がかなり違うので、内容をそれぞれ確認していきます。

 

 

■ポイント・プレゼントコース

  1. 月間のショッピング利用1,000円につき10ポイント (出光SSでの利用分はポイント対象外)
  2. 月間のNTT通信費200円につき2ポイント

のレートで、ポイントが付与されます。

 

(NTT通信費とは、NTT東日本/ NTT西日本/ NTTドコモ/ NTTコミュニケーションズ/ NTTファイナンおまとめ請求/ tabalまるごと決済のことを指し、tabalまるごと決済のみ、200円につき4ポイントとなります)

 

1,000円で10ポイントも、200円で2ポイントも付与率自体は同じですが、例えば6,600円の場合、前者は60ポイント貯まるのに対し、後者は66ポイントなので、NTT通信費の方が若干ポイントは貯まりやすくなっています。

 

 

また、毎年2月〜翌1月までの期間中に貯まった獲得ポイントが累計5,000ポイントに到達ごとに、500ポイントのボーナスが付与されます。

 

"5,000ポイント到達ごと"なので、10,000ポイントや15,000ポイント到達時などでも、500ポイントのボーナスは付きます。

 

 

そして貯まったポイント (有効期限2年) は、例えば以下のアイテムと交換を行えます。

  • 10,000ポイント ⇒ キャッシュバック6,000円
  • 11,000ポイント ⇒ VJAギフトカード6,000円分
  • 5,000ポイント ⇒ ドコモポイント3,000ポイント

交換比率 (ポイント対アイテム) は多くのケースで10対6なので、還元率はおおよそ0.6%となります。

 

仮に5,000ポイント (利用50万円) に到達し、500ポイントのボーナスを得ても、還元率は0.66%にすぎません。

 

クレジットカードの還元率は、1%前後で「普通〜高い」、0.8%以下で「低い」と判断できると個人的には思ってるので、0.6%程度にしかならない「ポイント・プレゼントコース」は、ズバリ利用価値が低いと言わざる負えません。

 

 

■おまとめキャッシュバックコース

 

NTT通信費 (NTT、ドコモ、OCNなど) の支払いを含む月間カード利用総額と、NTT通信費の月々の支払い額に応じ、月間のキャッシュバック金額が決まるコースです。

 

もう少し具体的には、月間カード利用総額からキャッシュバック率が決まり、『キャッシュバック率』と『NTT通信費の月々の支払い額 ※』を掛け合わせた金額が、NTT請求料金から減額されます。

 

(※ 減額対象となるNTT通信費の上限は、月間1万5千円までで、超過分はキャッシュバック対象外となります)

 

キャッシュバック対象となるNTT通信費は、以下の通りです。

  • フレッツ: NTT東日本/ NTT西日本
  • プロバイダ: OCN/ @nifty/ BIGLOBE/ WAKWAK
  • 映像サービス: ひかりTV
  • ケータイ: ドコモ
  • 固定電話: NTT東日本 NTT西日本

 

また、月間カード利用総額とキャッシュバック率の関係は、次のようになります。

月間カード利用総額 キャッシュバック率
0〜2万円未満 0%
2〜4万円未満 1.5%
4〜6万円未満 3%
6〜8万円未満 4.5%
8〜10万円未満 6%
10〜20万円未満 8%
20〜30万円未満 18%
30〜40万円未満 28%
40〜50万円未満 38%
50〜60万円未満 50%
60万円以上 60%

 

月々の支払いが例えば、

NTT通信費が1万3千円 (NTTの固定電話4千円、ドコモのケータイ8千円、プロバイダー料金1千円)
ショッピング等が8万7千円 (公共料金2万円、定期1万円、ショッッピング4万円、レジャー1万7千円)

 

とすると、月間カード利用総額 (NTT通信費+ショッピング等) は10万円だからキャッシュバック率は8%となり、NTT請求料金 (月々の支払い額) は1,040円 (1万3千円×8%) の減額を受けられます。

 

また、このときの還元率は、10万円の利用に対し1040円の減額なので、1.04%ということになります。

 

 

ちなみに還元率は最大で1.5%ですが、1.5%となるのは以下の2パターンだけとなります。

NTT通信費が1万5千円かつ、月間カード利用総額が50万円 (1万5千円×50%÷50万円)
NTT通信費が1万5千円かつ、月間カード利用総額が60万円 (1万5千円×60%÷60万円)

 

しかし月に50万円とか60万円もカード利用する人はほぼいないので、1.5%の恩恵を受けるのはまず無理だと考えるのが自然で、多くの人は月に4〜6万円 (キャッシュバック率3%) か、6〜8万円 (キャッシュバック率4.5%) のゾーンに該当すると思います。

 

また、NTT通信費は月1万円前後 (ケータイ6千円、プロバイダ4千円、固定電話は置いてない家庭も多い) ぐらいなんじゃないか?と個人的には思います。

 

なので現実的な還元率は、0.50〜0.75% (1万円×3%÷4〜6万円) とか0.56〜0.75% (1万円×4.5%÷6〜8万円) ぐらいだと思われます。

 

つまり「おまとめキャッシュバックコース」も利用価値は低いという評価になってしまいます。

 

出光キャッシュバックシステム

出光サービスステーション (SS) で給油代金等をカードで支払うことにより、給油代金に応じた値引き (レギュラー/ ハイオク: リッター2円〜最大40円引き、軽油: リッター1円〜最大20円引き) を受けられます。

 

が、値引きの仕組みがかなり複雑なので、まずは値引きの概要についてまとめます (以下の1〜3です)。

  1. 出光SSでの月間カード利用額に応じ、ポイント獲得
  2. 獲得ポイント数と給油の種類 (レギュラー・ハイオク・軽油) により、値引き額が確定
  3. ポイント獲得、値引額の確定、値引き実行の時期

 

「出光SSでの月間カード利用額に応じ、ポイント獲得」

 

出光SSでのカード利用額が、

  • 1,000円以上10,000円未満の場合は一律1.0ポイント
  • 10,000円以上の場合、1,000円につき0.1ポイント

を獲得 (最大20ポイント) できます。(このポイントは、前述したポイント・プレゼントコースのポイントとは無関係です)

 

例えば出光SSで月に6千円カードで給油した場合の獲得ポイントは1.0ポイントですし、1万5千円だと1.5ポイントとなります。

 

 

「獲得ポイント数と給油の種類により、値引き額が確定」

 

月間のポイント数が決まったら、以下のレートで給油の値引きを受けられます。

レギュラー・ハイオク:月間の獲得ポイント数 × 2円 = リッター当たりの値引き額
軽油:月間の獲得ポイント数 × 1円 = リッター当たりの値引き額

 

(この値引き額が適用される月間の上限量は、レギュラー/ ハイオク/ 軽油ともに100Lです)

 

 

例えば1.5ポイントの人がレギュラーを給油すると、リッター当たり3円 (1.5ポイント×2円) 安くなり、軽油の給油だとリッター当たり1.5円 (1.5ポイント×1円) 安くなります。

 

よく車で遠方に出かける人だと、月の給油代金が1万5千円とかは普通にありえるので、ガソリンがリッター3円引きとかの恩恵は重宝するはずです。

 

 

ちなみにリッター当たりの最大の値引き (レギュラー・ハイオクが40円、軽油が20円) を受けるには、出光SSで月間に20万円以上のカード利用が必要となります。

 

 

「ポイント獲得、値引額の確定、値引き実行の時期」

 

ポイント獲得期間は、毎月16日〜翌月15日となります。

 

また、上記期間内で獲得したポイント数に応じた、リッター当たりの値引額が適用される期間は、翌々月16日〜翌々々月15日となります。

 

そして翌々々々月15日ごろに、カード請求額から翌々月16日〜翌々々月15日までの値引金額が割引かれます。

 

ややこしいので具体例を出してポイント獲得〜値引きまでの流れを確認します。

  1. 5月16日〜6月15日までに獲得したポイントは、
  2. 7月16日〜8月15日までのリッター値引を決定し、
  3. 9月15日ごろに、7月16日〜8月15日までの値引金額がカード請求額から割引かれます。

 

付帯保険

年間最高100万円、90日間補償のショッピング保険が付帯します。

 

当保険の適用条件は、ネットショップか実店舗かで異なります。

 

ネットショップの場合は『クレジット払い』が、実店舗の場合は『リボ払い、または3回以上の分割払い』が適用条件になります。

 

MyLink会員ネット安心サービス

カード会員 (MyLink会員) 特典として、以下の2つのサービスを受けられま。

 

■ネット予約キャンセル補償サービス

 

カード会員が旅行などをインターネット予約し、当カードで旅行などの料金を支払った場合で、かつ以下の指定事由により旅行などをキャンセルし、キャンセル料金が発生した場合、そのキャンセル料金が年間最高5万円補償されます。

 

(指定事由)

  1. 会員、会員の配偶者または会員の1親等以内の親族の死亡、傷害または疾病による入院
  2. 会員、会員の配偶者または子供の傷害による通院

 

■倍増TOWN安心サービス

 

カード会員のID・パスワードが自身の過失なく盗用され、かつ専用ポイントモール「倍増TOWN」でのショッピング時にカード番号を第三者に不正利用された場合、その損害額が年間最高30万円補償 (利用明細書による通知後60日以内が条件) されます。

 

総合評価

NTTグループカードは基本的には、日常利用する機会は少ないというのが管理人の意見です。

 

「ポイント・プレゼントコース」または「おまとめキャッシュバックコース」のどちらを選んでも、結局0.6%前後の還元率に収まることに変わりありません。

 

 

もし当カードが役立つとすれば、それは毎月の車の走行距離が多く、かつ給油を出光SSで行ってる人だけになってきます。

 

出光SSで毎月1千円以上の給油を維持すれば、リッター当たり最低2円は安くなりますし、給油代が月2万円、3万円と増えていけば、リッター割引も4円、6円と大きくなります。

 

給油割引を受けられる月間上限量は100Lと決まってますが、その変わりカード年会費は実質無料なので、出光SSの利用者なら活用する価値はかなり高いと言えます。

 

【⇒ NTTグループカードの公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社NTTファイナンス
初年度年会費無料 (紙明細利用者は1,200円+税)
翌年以降年会費無料 (紙明細利用者は1,200円+税)
提携ブランドVISA/ Master
利用限度額10万円〜100万円
チャージ時にポイント付与Edy、Suica、ICOCA
ETC
カード
初年度年会費500円+税
翌年以降年会費500円+税
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日月末締め/ 翌月25日払い
申込資格満18歳以上 (高校生除く) で、本人または配偶者に安定した継続収入のある人、または学生(未成年は親権者の同意が必要)
リボ手数料実質年率13.2%
キャッシング金利実質年率18.0%
家族
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
申込資格本会員と生計を同一にする配偶者・親子 (18歳以上/ 高校生を除く)
家族
ETC
カード
初年度年会費500円+税
翌年以降年会費500円+税
発行手数料無料

 

ポイントプログラム

プログラム名
  • ポイント・プレゼントコース
  • おまとめキャッシュバックコース
ポイント付与レート

「ポイント・プレゼントコース」
月間のショッピング利用1,000円 ⇒ 10ポイント
月間のNTT通信費200円 ⇒ 2ポイント

 

「おまとめキャッシュバックコース」
NTT通信費の最大60%がキャッシュバック

ポイントの使い道

「ポイント・プレゼントコース」
キャッシュバック、VJAギフト券、ドコモポイントなど多数

 

「おまとめキャッシュバックコース」
ポイント制ではありません

ポイント有効期限

「ポイント・プレゼントコース」は2年、「おまとめキャッシュバックコース」にポイントはありません

標準還元率

「ポイント・プレゼントコース」は0.6%程度、「おまとめキャッシュバックコース」は実質的に0.5〜0.75%程度

入会特典期間限定特典あり
ボーナス特典-
マイル交換4,000ポイント ⇒ 800 ANAマイル
その他サービス

「出光キャッシュバックシステム」

 

出光SSでのカード利用で

  • レギュラー/ ハイオク: リッター2円〜最大40円引き
  • 軽油: リッター1円〜最大20円引き

「MyLink会員ネット安心サービス」

  • ネット予約キャンセル補償サービス (カード払いした、指定事由による旅行のキャンセル料金を年間最高5万円補償)
  • 倍増TOWN安心サービス (倍増TOWNでカード情報を不正利用され、損害が発生した場合、年間最高30万円補償)

 

付帯サービス

国内旅行保険-
海外旅行保険-
ショッピング保険年間補償額最高100万円 (リボ払い、3回以上の分割払いが対象)
自己負担額1万円
補償期間90日間
ネットセーフティオンラインショッピング安心サービス (年間最高100万円/ 自己負担額1万円/ 補償期間90日)
ロードサービス-
その他 紛失・盗難保険

 

【⇒ NTTグループカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑