MileagePlus jcbの年会費・マイレージ・付帯サービスなどを解説

MileagePlus JCB一般カードの詳細

ユナイテッド航空のマイルが貯まるJCBブランド

カード利用100円毎にユナイテッド航空(UA)のマイルが1マイル貯まる!
UAマイルの有効期間は実質無期限なので、必要マイル数の大きい欧米への特典航空券を目指す人向き!
最高3,000万円の海外旅行保険が自動付帯!

 

【⇒ MileagePlus JCBカードの公式サイトへ】

 

カードの概要

ユナイテッド航空(UA)のマイルが貯まるJCBブランドのカードです。

 

UAは日本ではマイナーな部類に入る航空会社ですが、UAマイルの有効期間は実質無期限なので、ANAやJALのマイルのように失効のリスクが伴いません!

 

数年かけてじっくりマイルを貯め、欧米への特典航空券の獲得を目指す人にはピッタリのカードと言えます。

 

 

しかし、同じUAマイルを貯まるなら、MileagePlusセゾンカードの方がマイルが貯まりやすいというのが現状です!

 

もしJCBというブランドにこだわりがあればJCBカードを、そうでないならMileagePlusセゾンカードを利用するのが望ましいです。

 

【⇒ MileagePlus JCBカードの公式サイトへ】


【MileagePlus JCBカードの詳細解説へ↓】

 

 

カード基本情報

カード発行会社 JCB
初年度年会費 5,000円+税
翌年以降年会費 5,000円+税
提携ブランド JCB
利用限度額 100万円
チャージ時にポイントが
付与される電子マネー
-
支払い方法 1回/ 2回/ ボーナス1回/ 分割払い/ リボ払い
リボ払い手数料 実質年率13.20〜15.00%
キャッシング金利 実質年率15.00〜18.00%
支払日 15日締め/ 翌月10日払い
申込資格

18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人、
または高校生を除く18歳以上の学生

ETCカード 無料発行

 

ユナイテッド航空のマイージ移行プログラム

マイレージプログラム ユナイテッド航空マイレージプラス
所属航空連合 スターアライアンス
マイレージ移行レート 100円毎に1マイル
移行手数料 (年間) 無料
マイル交換必要ポイント 1ポイント単位
年間移行上限 なし
入会特典 2,000マイル
ボーナスマイル -
マイル有効期限

18ヶ月 (最後のマイル増減の日から18ヶ月以内に1マイル以上の増減で実質無期限)

マイル標準還元率 1.50% (1マイルの価値を1.5円と仮定)
その他サービス

マイレージ・プラス・モール

 

楽天⇒432円(税込)毎に1マイル
楽天トラベル⇒432円(税込)毎に1マイル
その他参加ネットショップ多数

後払い型電子マネー QUICPay(クイックペイ)

 

付帯サービス

国内旅行保険-
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療最高100万円
疾病治療最高100万円
賠償責任最高2,000万円
救援者費用最高100万円
携行品損害最高20万円 (免責3千円)
ショッピング保険年間補償額最高100万円
自己負担額1万円
補償期間90日間
ネットセーフティ

『JCBでe安心』

 

ネットショッピング利用の覚えがない請求を取り消すサービス

ロードサービス-
その他

『紛失・盗難保険』

 

紛失・盗難の被害をJCBへ届け出た日から60日前にさかのぼり、 それ以降の不正利用額の支払いを免除

 

 

カードの詳細解説

現金や商品としての還元ではなく、ただひたすらユナイテッド航空(UA)のマイルが貯まっていくカードです。

 

(ANA/JALのマイルは貯まりません)

 

 

年会費5,000円+税がかかるので、月の利用額が少ないと還元率はマイナス(年会費の払い損)になってしまいますが、月5万円程度利用する人なら、初年度は1.1%、翌年以降は0.6%のリターンが得られます!

 

また、月の利用額全体の還元率の平均は、初年度が1.3%、翌年以降が1.0%とそれなりの数字を記録します。

 

(還元率の詳細はこちらを参考にして下さい)

 

 

しかし冒頭でも書いた通り、どうせUAのマイルを貯めるなら、より還元率の優れたMileagePlusセゾンカードの方が明らかに効率的です!

 

セゾンカードだと初年度平均が1.6%、翌年以降の平均が1.7%となります。

 

 

また、付帯保険の内容を見てもセゾンがJCBの上をいきます。

 

死亡・後遺障害補償は両カードとも同じ補償額(最高3,000万円)なんですが、それ以外の補償サービスは完全にセゾンが勝ってます!

 

特にセゾンの傷害・疾病治療費用の最高300万円というのは、JCBの治療費用(最高100万円)の3倍というもの凄い金額です。

 

日本の健康保険が適用されない海外でケガしたり、病気になって現地の病院に行けば、かなり高額な医療費を請求されるケースもあるので、傷害・疾病治療費の300万円というのは本当に魅力的です!!

 

 

MileagePlusセゾンカードはブランドに VISA、Master、AMEX (アメリカン・エキスプレス)を採用しています。

 

ですので、もしブランドにこだわりがなければMileagePlusセゾンカードを選び、どうしてもJCBブランドが欲しいならMileagePlus JCBカードを持つのがベターだと思います。

 

【⇒ MileagePlus JCBカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑