ルミネカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

ルミネカード

ルミネ (LUMINE) やニュウマン (NEWoMan) の買い物代金が常時5%オフ、年に数回は10%オフ
ルミネやニュウマンでの年間利用額に応じ、最大5千円のルミネ商品券を贈呈
JR東日本での利用、Suica定期券の購入、Suicaチャージ等でポイント3倍
JR東日本の定期券の機能をカードに内蔵できる

 

【⇒ ルミネカードの公式サイトへ】

 

ルミネカードはビューカードの一種

(株)ビューカードが発行するクレジットカードをまとめてビューカードと呼びます。

 

なので発行元が同会社であるルミネカードは、ビューカードの一種となります。

 

そしてルミネカードは、ビューカード共通の特典とカード独自の特典の2つから成り立っています。

 

ここでルミネカードの特典をより分かりやすく解説するために、

  1. まず最初にカードの基本スペックの話をし、
  2. 次にビューカード共通の特典の話をし、
  3. 続いてカード独自の特典の話をし、
  4. 最後にカードのまとめ

をしていくことにします。

 

ルミネカードの基本スペック

交通系電子マネーSuicaの機能が搭載し、駅ビル型ショッピングセンター「ルミネ」や新宿駅の「ニュウマン」で買い物代金が常時5%オフ (年に数回は10%オフ) となるカードです。

 

選べるブランドはVISA/ MasterCard/ JCBの3種類です。

 

 

発行可能なカードは本会員カードとETCカードで、家族会員カードは発行していません。

 

年会費は本会員カードが初年度は無料、翌年以降は953円+税となります。

 

一方、ETCカードは初年度から477円+税の年会費が発生します。

 

また、カード利用で貯まるポイントは、ビューサンクスポイントです。

 

ビューカード共通の特典

■ビューサンクスポイントを貯める! 

 

通常、カード利用1,000円で2ポイント (ポイント還元率0.5%) が貯まりますが、Suicaチャージ (入金) やJR東日本の乗車券の購入だと1,000円で6ポイント (1.5%) が貯まります。

 

つまりSuicaやJR東日本だと、通常の3倍もポイントが貯まるのです!

 

『ポイント3倍の対象となる商品・サービスの一覧』

  • JR東日本の乗車券/ 特急券/ 回数券/ 特別企画乗車券/ 定期券の購入
  • 携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
  • Suica定期券/ Suicaカードの購入
  • Suicaチャージ/ オートチャージ (自動入金)
  • モバイルSuica(Suicaチャージ/ Suicaオートチャージ/ 特急券/ 定期券/ グリーン券)
  • びゅう国内旅行商品など

 

一方、上記の商品・サービスや、すぐ下↓で解説してるルミネ・ニュウマン以外でカードを使っても、還元率は0.5%にしかなりません。

 

なのでこれら以外の場面でも高還元率を維持するために、還元率が無条件に1.5%のP-one Wizや1.2%のリクルートカードもついでに持っとくとさらに良いです。

 

 

■ビューサンクスポイントを使う! 

 

ビューサンクスポイントの主な交換先は以下のようになります。

 

交換先 交換レート 還元率
Suica/ モバイルSuicaへのチャージ 400P ⇒ 1,000円分 1.5%
ビューサンクスクーポン 1,600P ⇒ 5,000円分 1.9%
びゅう商品券 400P ⇒ 1,000円分 (交換手数料160P) 1.07%
ルミネ商品券 650P ⇒ 2,000円分 (交換手数料160P)
1.250P ⇒ 4,000円分 (交換手数料160P)
1.48%
1.70%
メトロポリタンホテルズ共通利用券 600P ⇒ 2,000円分 2%
東京ステーションホテル利用券 1,850P ⇒ 5,000円分 1.62%
VIEWカード・グリーン車利用券 700P ⇒ JR東日本の新幹線/ 特急列車グリーン車が普通車指定席の値段となる 目的地による

 

カードの利用者はほぼ確実にSuicaやルミネ商品券を使うと思うので、ポイントはSuica/ モバイルSuicaへのチャージか、ルミネ商品券に交換するのが良いと思います!

 

ちなみにSuicaチャージは、既に入ってる残額と合わせて最高20,000円まで行えます。

 

例えばカード搭載のSuica残高が6千円であれば、最高1万4千円のチャージが可能となります。

 

 

■ビューサンクスポイントの有効期限は?

 

有効期限は、ポイント獲得月の24ヶ月後の月末までとなります。

 

例えば2016年5月18日に獲得したポイントは、2018年5月31日まで有効となります。

 

 

■ビューカードはこんなに便利! 

 

ビューカードの一種であるルミネカードは、SuicaやJR東日本で還元率が高い以外にも様々な特典が用意されています。

 

特典 内容
Suicaオートチャージ機能 Suica残額が1,000円以下になると、オートチャージ機能に登録したクレジットカード経由でSuicaが自動的に3,000円チャージされます。(金額は初期設定のもの)
モバイルSuicaの年会費が当面無料 モバイルSuicaとは、Suicaチャージ/ オートチャージ/ JR東日本の定期券・特急券・グリーン券の機能を携帯電話に搭載できるサービスのことです。

 

モバイルSuicaの登録には、通常1,030円の年会費 (税込) がかかりますが、ビューカードで登録を行うと年会費は当面無料になります。

Web明細サービスの利用で、毎月20ポイントが贈呈 Web明細サービスに登録 (無料) すると、カード利用のあった月は毎月20Pのビューサンクスポイントが贈呈されます。

 

登録だけで事実上、年間240P (600円相当) も得できます!

ビューカード会員限定の各種割引 JR東日本ホテルズ・・最大20%割引
JRホテルグループ・・最大10%割引
東急ホテルズ・・最大10%割引
ビッグエコー・・10〜30%割引

 

上記の中で、『Suicaオートチャージ機能』と『モバイルSuicaの年会費が当面無料』の2つは、ビューカード利用者に絶大な威力を発揮すると思います。

 

オートチャージ機能を有効にすると、Suica残高の不足によりSuica (やPASMO) が使える駅の改札で足止めを食うことがなくなるので、電車に乗り遅れそうで1秒を争ってるときなどに、その勝負に勝つ可能性を爆発的に高めてくれます!笑

 

(オートチャージ機能はカード申込時、またはSuica対応駅のATM「ビューアルッテ」にて設定を行なえます)

 

 

また、モバイルSuicaを活用すると、SuicaオートチャージやJR東日本の乗車券 (定期券・特急券・グリーン券) の機能を携帯電話に搭載できるので大変便利なんですが、その代わり毎年1,030円の年会費が発生するのが唯一の難点です。

 

しかし年会費の支払いカードをビューカードに設定すると、年会費は0円となりますし、しかもモバイルSuicaのサービス利用代金は還元率1.5%なので、やはりビューカードはモバイルSuicaでも強烈な存在感を発揮します!

 

 

■付帯保険 

  1. 最高500万円の海外旅行保険 (自動付帯)
  2. 最高1,000万円の国内旅行保険 (利用付帯)

が付帯します。

 

ビューカードの共通特典については、SuicaやJR東日本の利用者は必見のビューカードでより詳細に解説しています。

 

ルミネカードの独自特典

こではルミネカードにだけ付帯してるとか、あるいはすべてのビューカードに共通というわけではない特典について書いています。

 

■JR東日本の定期券の機能をカードに内蔵できる!

 

Suicaカードや磁気カードの形で、JR東日本の定期券を持ってる人は多いでしょうが、多機能券売機 (JR東日本の駅に設置) にて簡単な設定を行うと、ルミネカードに定期券の機能を移行できます。

 

移行後はカード裏面に定期券の情報がプリントされます。

 

また、定期券機能を移行すると、Suica定期券や磁気定期券を財布に入れとく必要がなくなるので、財布の中が少しすっきりします。

 

『(参考) 定期券機能を搭載できる他のビューカード』

 

 

■ルミネ/ ニュウマンでの割引 

 

ルミネまたはニュウマンでカード払いすると、本・DVD・化粧品・食品・レストランなどの代金がいつでも5%割引となります。

 

さらに、年に数回は10%割引となる凄まじさも発揮します!

 

また、割引後にビューサンクスポイント0.5% (1,000円で2P) も獲得できるので、ルミネ/ ニュウマンだと還元率は5.5%、年に数回は10.5%の破壊力となります!

 

割引対象となるルミネ店舗

大宮・北千住・池袋・有楽町・新宿・ルミネエスト新宿・立川・横浜・町田・荻窪・藤沢・川越・ルミネマン渋谷・ルミネザキッチン品川・大船ルミネウィング

 

ちなみにルミネのネット通販のi LUMINE(アイルミネ)でも5%割引 (年に数回10%割引) +0.5%のポイント還元を受けれます。

 

なのでアイルミネの利用者だと、近くにルミネの店舗やニュウマンがなくてもカードを作る価値は十分高いです。

 

 

■ルミネ「スペシャルサンクス」プレゼント

 

ルミネ/ ニュウマでの1年間(1/1〜12/31)の利用額に応じ、ルミネ商品券が贈呈されます。

 

年間利用額 ルミネ商品券
20万円〜50万円未満 1,000円分
50万円〜70万円未満 2,000円分
70万円〜100万円未満 3,000円分
100万円以上 5,000円分

 

ルミネ/ ニュウマンで1年間に70万円とか100万円の到達者は少ないでしょうが、これら店舗のファンの人だと20万円なら自然と到達してしまことも多々あると思います。

 

つまりルミネ商品券1千円の獲得 (20万円で到達) なら、十分に現実的な話だと言えます。

 

まとめ

ルミネカードのメイン特典をまとめると、以下のようになります。

  • ルミネ/ ニュウマンで常時5%オフ、年に数回は10%オフ
  • ルミネ商品券の贈呈 (最大5千円分)
  • SuicaチャージやJR東日本での各種乗車券の購入で還元率1.5%
  • Suicaオートチャージ、定期券機能を内蔵
  • モバイルSuicaの年会費1,030円が無料

この特典群を見ると、ルミネ・ニュウマン・JR東日本の利用者やSuica圏 (東京とその周辺) の住人には、明らかにメリット満載のカードです!

 

【⇒ ルミネカードの公式サイトへ】

 

カード基本情報

カード発行会社株式会社ビューカード
初年度年会費無料
翌年以降年会費953円+税
提携ブランドVISA/ Master/ JCB
利用限度額10〜60万円
チャージ時にポイント付与Suica
ETC
カード
初年度年会費477円+税
翌年以降年会費477円+税
発行手数料無料
支払い方法1回/ ボーナス1回/ ボーナス併用/ リボ払い/ 分割払い
支払日月末締め/ 翌々月4日払い
申込資格満18歳以上で、電話連絡のとれる人 (高校生は不可)
リボ手数料実質年率13.2%
キャッシング金利-
家族
カード
初年度年会費-
翌年以降年会費-
申込資格-
家族
ETC
カード
初年度年会費-
翌年以降年会費-
発行手数料-

 

ポイントプログラム

プログラム名ビューサンクスポイント
ポイント付与レート1,000円毎に2P
ポイントの使い道 Suica、モバイルSuica、ビューサンクスクーポン、各種商品券・利用券
ポイント有効期限ポイント獲得月の24ヶ月後の月末まで
標準還元率

通常: 0.5〜0.7%
JR東日本/ Suica関連: 1.5〜2%
ルミネ/ アイルミネ/ ニュウマン: 5.5〜10.5%

入会特典-
ボーナス特典

『獲得ポイントが3倍』

 

JR東日本の乗車券・定期券・回数券・特急券の購入
Suica定期券、Suicaグリーン券、Suicaカードの購入
Suica・モバイルSuicaのチャージ等

『ルミネ「スペシャルサンクス」プレゼント』

 

ルミネ/ ニュウマでの1年間(1/1〜12/31)の利用額に応じ、ルミネ商品券が贈呈

 

20万円以上 ⇒ 千円分
50万円以上 ⇒ 2千円分
70万円以上 ⇒ 3千円分
100万円以上 ⇒ 5千円分

 

付帯サービス

国内旅行保険付帯条件利用付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
入院費用日額3,000円
手術費用最高3万円
通院費用日額2,000円
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療最高50万円
疾病治療最高50万円
ショッピング保険-
ネットセーフティ-
ロードサービス-
その他

『紛失・盗難保険』

 

紛失・盗難の届出日の前日から起算して、60日前にさかのぼりその日以降に不正使用されたクレジット分を(株)ビューカードが補償

 

不正使用されたSuicaについては、(株)ビューカードがSuica機能停止の処理を完了した時点の金額を補償

ルミネ/ アイルミネ/ ニュウマンで5%オフ、年数回は10%オフ
Suicaオートチャージ機能
カードにSuica定期券を搭載可能
Web明細サービスの利用で毎月20P
モバイルSuicaの年会費が無料

 

【⇒ ルミネカードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑