ana jcbカードの年会費・マイレージ・付帯サービスなどを解説

ANA JCB一般カード

カード利用1,000円で、5マイルまたは10マイルが手に入る。
ANAカードマイルプラス加盟店だとさらにANAマイルが貯まる。
JCB STAR MEMBERSでさらにANAマイルが貯まる。
各種ボーナスマイル (入会時、年会費支払い時、搭乗時) あり。

 

【⇒ ANA JCB一般カードの公式サイトへ】

 

カードの概要

ANAとJCBがコラボしてるカードの中で内容が最もシンプルなカードです。

 

カード利用で貯まるOki Doki ポイント経由で、ANAマイルを集められます。

 

基本は1,000円で5マイルですが、5,000円+税の手数料を支払うと1,000円で10マイルの交換率となります。

 

また、ANAカードマイルプラス加盟店 (コンビニ、大手百貨店など) だとポイントとマイルの両方が貯まるので超お得です!

 

 

さらにANA利用時の特典も満載で、ANAカード会員専用のビジネスきっぷ (割安運賃/ 当日の予約・変更可能) やANA国内・国際線の機内販売10%割引、ANA国内・海外ツアー5%割引などが使えます。

 

効率的にANAマイルが貯まり、ANA関連の基本サービスもほぼ網羅しているのに、年会費は2,000円+税の安さです!

 

しかも毎年1,000マイル (約2千円相当) が贈呈されるので、このマイルを考慮すると年会費は実質なくなります。

 

以上を踏まえると、単純にANAマイルを集めたり、基本的なANAサービスを受けたい人におすすめのカードと言えます。

 

年会費

本会員の年会費は初年度が無料、翌年以降は2,000円+税です。

 

家族会員の年会費は初年度が無料、翌年以降は1,000円+税です。

 

ETCカードの年会費は永久に無料です。

 

ただし学生の人は申込めないので、もし必要ならANA JCBカード (学生用) を作るしかありません。

 

ブランドはもちろんJCBです。

 

JCBブランドは国内の店ではほぼ使えますが、海外だと使えないケースが多少あるので、海外に出かける際はVISAかMasterCard付きのカードも1枚携帯するとより良いです。

 

基本ポイントプログラム

カード利用1,000円ごとにOki Doki ポイントが1ポイント貯まり、このポイントをマイルに移行する形でANAマイルが獲得できます。

 

移行レートは、

  • 5マイルコース:1,000円 ⇒ 1ポイント ⇒ 5マイル
  • 10マイルコース:1,000円 ⇒ 1ポイント ⇒ 10マイル

の2種類があります。

 

1マイルの価値は約2円なので各コースの還元率は、

  • 5マイルコースは1.0% (5マイル×2円÷1,000円)
  • 10マイルコースは2.0% (10マイル×2円÷1,000円)

となります。

 

5マイルコースは初期設定コースで、10マイルコースは5,000円+税の移行手数料を負担することで選べます。

 

そして結論から入ると、カード利用額が年間54万円 (月4万5千円) 以下の人は5マイルコース、それ以上の人は10マイルコースを選ぶのが獲得マイル数的には理想となります。

 

 

ここで年間54万円の考え方も一応書いておきます。

 

5マイルコースと比べ、10マイルコースは5,400円 (消費税8%計算) の負担が増える代わりに、1ポイント (1,000円) で得られるマイル数が5マイル (10円) 多くなります。

 

そしてこの余分な負担がちょうど相殺できる金額は、5,400円÷10円×1,000円で54万円と出てきます。

 

 

それと当カードには「JCB STAR MEMBERS」というボーナス特典が付いてるので、カードの利用状況によっては獲得ポイント数が上がります!

年間利用額 ポイントアップ率
前年50万円以上 (スターβ) 当年の獲得ポイント10%UP
前年100万円以上 (スターα) 当年の獲得ポイント20%UP

 

ただしボーナス分のマイル移行レートは、1ポイント=一律3マイルとなります。

 

例えばスターβで10マイルコースの人が前年に60万円使ったとすると、当年の獲得ポイントは660ポイントで、そのうち60ポイントがボーナス分です。

 

そしてポイントをマイル移行すると、600ポイント×10マイル+60ポイント×3マイルで合計6,180マイルとなります。

 

ボーナスマイル

当カードのボーナスは以下の3つです。

対象 ボーナス
入会ボーナス 1,000マイル
毎年継続ボーナス 1,000マイル
フライトボーナス 通常フライトマイルに10%が上乗せ

 

入会ボーナスはカードを作ると貰えます。

 

毎年継続ボーナスは年会費を支払った月の末日に貰えます。

 

フライトボーナスと通常フライトマイルを合わせると、「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×110%」のマイルが貯まります。

 

ANAカードマイルプラス加盟店

ANAカードマイルプラス加盟店でカードを使うと、OkiDokiポイントとANAマイルの2つが同時に貯まります!

 

マイル付与率は100円毎に1マイル、または200円毎に1マイルです。

 

10マイルコースだと利用1,000円に対し、20マイル (還元率4%) または15マイル (還元率3%) が貯まるので、本当に凄いです!

 

家族でマイルが合算できる!ANAカードファミリーマイル

ANAカードファミリーマイルとは、家族の人がそれぞれ貯めたマイルを家族間で共有 (合算) できるサービスのことです。 (登録料は無料です)

 

ファミリーマイルで交換可能な特典は以下のものです。

  • ANA国内線特典航空券
  • ANA国際線特典航空券
  • ANA国際線アップグレード特典
  • 提携航空会社特典航空券
  • ANA SKY コイン

上記以外の特典には使えませんが、大半の人はこの5つのどれかに換えると思うので、実質的に交換に不便はありません。

 

航空機の利用回数が少ないとなかなかマイルは貯まりませんが、家族の力を合わせるとすぐ集まるので、もしANAカード (券面に「ANACARD」の記載があるカード) を使ってる家族の人がいれば、ぜひ当サービスを活用してほしいです。

 

ポイントをANAマイル以外と交換する

Oki Doki ポイントはキャッシュバック/ 各種ギフト券/ 各種プリペイドカード/ 他社ポイントなどにも交換を行なえます。

 

しかしこれらは還元率は0.5%程度にしかならないので、まったく意味のない交換になってしまいます。

 

ANA QUICPay+nanaco

「ANAスキップサービス」「QUICPay」「nanaco」の機能が1つになった、航空機の翼をモチーフにした電子マネーのことです。

 

ANA JCBカード所有者限定のサービスなので、上記3サービスのうち1つ以上を使う人におすすめです。

 

ANAスキップサービス ANA国内線で事前に予約・購入・座席指定を済ませた人が空港で搭乗手続きをせず、保安検査場または搭乗口でタッチするだけで搭乗できるサービス
QUICPay 後払い型 (ポストペイ) 電子マネーのことで、Oki Doki ポイント (1,000円で1ポイント) が貯まります。

 

コンビニ/ ガソリンスタンド/ スーパーマーケット/ 総合百貨店など、幅広い店舗で使えます。

nanaco 前払い型 (プリペイド) 電子マネーのことで、nanacoポイント (200円で1ポイント) が貯まります。

 

全国のセブン&アイグループ各店 (セブン・イレブン/ イトーヨーカドー/ ヨークマーク/ デニーズ等) を中心に使えます。

 

その他の電子マネー

ANA QUICPay+nanacoだと3つの電子マネーをひとまとめにできますが、以下の電子マネーに関しては個別に持つことが出来ます。

  • 楽天Edy (一体型)
  • QUICPay (分離型/ おサイフケータイ)
  • PiTaPa (分離型)

 

どの電子マネーも年会費、発行手数料は無料です。

 

ただしPiTaPaに関しては年に一度も利用がない場合は、維持管理料として1人当たり1,000円+税が取られます。

 

その他の重要サービス

  • ビジネスきっぷ (ANAカード会員専用の割安運賃/ 全路線対応の、当日の予約・変更サービス)
  • ANA国内線/ 国際線の機内販売10%割引
  • 空港内店舗『ANA FESTA』10%割引
  • ANA国内ツアー (ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー (ANAハローツアー、ANAワンダーアース) 商品5%割引
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊5%割引 (ベストフレキシブル料金が対象)
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で7%割引
  • 楽天Edyの支払いで、200円につき1〜2マイルが付与
  • オンラインモール『ANAマイレージモール』経由のボーナスマイル

    (楽天市場: 200円毎に1マイル、Yahoo!ショッピング: 300円毎に1マイル)

 

付帯保険

  • 最高1,000万円の国内航空傷害保険 (自動付帯)
  • 最高1,000万円の海外旅行保険 (自動付帯)
  • 最高100万円のショッピング保険 (海外・90日間有効)

が付帯します。

 

国内航空傷害保険は、出発空港に入ってから到着空港を出るまでの間が補償期間となります。

 

一方、よく耳にする国内旅行保険は、航空機以外の公共機関搭乗時や宿泊施設の滞在時も補償範囲となるので、国内航空傷害保険は"国内旅行保険の縮小版"というイメージです。

 

なので国内を頻繁に旅する人は、国内旅行保険が付帯するカードを別途保有するのがいいと思います。

 

総合評価

ANAマイルの収集に専念しやすいカードです。

 

通常は1ポイントで5マイルですが、5,000円+税の追加負担で2倍貯まるので、たくさんカードを使う人は2倍にしておくのが得策です!

 

また、ANAが取り扱ってる航空券を割安で購入できる「ビジネスきっぷ」やANA国内・海外ツアー5%割引などはかなり役立つので、この特典目当てにカードに申込むのもありです。

 

一方、ANAカードなので年会費は発生しますが、入会特典や毎年貰えるボーナスマイルでその負担は相殺できるので、年会費の払い損になることもありません。

 

【⇒ ANA JCB一般カードの公式サイトへ】

 

 

カード基本情報

カード発行会社ANAとJCBが提携発行
初年度年会費無料
翌年以降年会費2,000円+税
提携ブランドJCB
利用限度額個別に設定
チャージ時にポイント付与-
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料
支払い方法1回/ 2回/ ボーナス1回/ リボ払い/ 分割払い
支払日15日締め/ 翌月10日払い
申込資格18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある人(学生は不可)
リボ手数料実質年率13.20〜15.00%
キャッシング金利実質年率15.00〜18.00%
家族
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費1,000円+税
申込資格本会員と生計を同一にする配偶者・親・子ども (高校生を除く18歳以上)
家族
ETC
カード
初年度年会費無料
翌年以降年会費無料
発行手数料無料

 

ポイントプログラム

プログラム名Oki Doki ポイント
ポイント付与レート1,000円毎に1ポイント
ポイントの使い道

基本的にANAマイルと交換

 

「5マイルコース」
1ポイント⇒5マイル(1,000円=1ポイント=5マイル)

 

「10マイルコース」(手数料5,000円+税が必要)
1ポイント⇒10マイル(1,000円=1ポイント=10マイル)

ポイント有効期限Oki Doki ポイント:2年
ANAマイル:3年
標準還元率 5マイルコース:1.0%
10マイルコース:2.0%
入会特典1,000マイル
ボーナス特典 毎年継続ボーナス:1,000マイル
フライトボーナス:通常フライトマイルに+10%

「JCB STAR MEMBERS」

 

前年50万円以上の利用 ⇒ 当年の獲得ポイント+10%
前間100万円以上の利用 ⇒ 当年の獲得ポイント+20%

 

(ただし加算分は、1ポイント=一律3マイル)

「ANAカードマイルプラス加盟店」

 

Oki Doki ポイントとANAマイル (100円毎に1マイル、または200円毎に1マイル) の2つが同時に貯まります。

その他サービス

ANAカードファミリーマイル
ANA QUICPay+nanaco
ビジネスきっぷ
ANA国内・国際線の機内販売10%割引など

 

付帯サービス

国内旅行保険-
国内航空傷害保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
海外旅行保険付帯条件自動付帯
死亡・後遺障害最高1,000万円
救援者費用最高100万円
ショッピング保険年間補償額最高100万円 (海外利用分が対象)
自己負担額10,000円
補償期間90日間
ネットセーフティ JCBでe安心
ロードサービス-
その他

『紛失・盗難保険』

 

万一カードが不正使用された時、届出日から60日前にさかのぼり、それ以降の損害額をJCBが負担

 

【⇒ ANA JCB一般カードの公式サイトへ】

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑