イオンゴールドカードの年会費・ポイントプログラム・付帯サービスなどを解説

イオンゴールドカードを徹底的に知ろう!

ゴールドなのに、本会員・家族会員・ETCカードの年会費がすべて無料
最高3,000万円の旅行保険 (国内・海外)、最高300万円のショッピング保険 (180日補償) が付帯
イオンラウンジ (ドリンク・お菓子の無料提供あり) でくつろげる
一度ゴールド会員になると、以降はクレジットカードの利用状況を問わず、永久にゴールド会員を継続できる。

 

イオンゴールドカードの概要

イオン銀行が発行する、年会費無料のゴールドカードです。

 

イオンカード/ イオンカード (WAON一体型)/ イオンカードセレクトのどれかの年間利用額が100万円に到達したり、あるいはイオン系列の店舗 (イオン/ イオンモール/ ダイエー/ マックスバリュ等) だけで年間60万円以上使うと、イオンからゴールドカードの招待が届きます。

 

ゴールドカード会員になると、元々のイオンカードの特典にゴールド限定特典が加わります!

 

  1. イオンラウンジに入室できる!
  2. 羽田空港エアポートラウンジに入室できる!
  3. 国内・海外旅行保険の付帯
  4. ショッピング保険のグレードアップ

 

また、イオンのゴールドカードは他社ゴールドカードとは違い、年会費は永久に無料です!

 

しかも一度ゴールドカードを入手すると、後はゴールドカードの利用状況に関係なく、カード更新時に常にゴールド会員として更新ができます。

 

極端な話、ゴールドカードを1円も使わなくてもゴールド会員でいられます!

 

まさに恐るべしカードです!!

 

イオンのゴールドカードをゲットするには?

イオンゴールドカードは誰でも保有が可能な申込制ではなく、一定の条件をクリアしたイオンカード会員限定でイオンから招待が届く、招待制 (インビテーション) の形を取っています。

 

まず招待の対象となるイオンカード会員は、以下のどれかのカード利用者だけとなります。

 

そして上記のイオンカード (1枚でOK) の利用状況が、以下のどれか1つ以上の条件を満たせば、晴れてゴールドカード会員への招待が届きます。

 

  • カード利用開始日からの1年間の合計利用額が100万円以上
  • 直近1年間の合計利用額が100万円以上
  • カード利用開始日からのイオン系列での1年間の合計利用額が60万円以上
  • 直近1年間のイオン系列での合計利用額が60万円以上

 

イオン系列だけで年60万円はかなりハードルが高いですが、イオン系列やそれ以外の用途で年100万円だと、日常的にカード払いを徹底していれば何とかクリアできそうです。

 

ゴールドカード限定特典

■イオンラウンジに入室できる!

 

イオンラウンジとは、それなりに規模の大きいイオンの店舗に備わってる無料の休憩所のことです。

 

ゴールドカード1枚で最大4人 (会員本人+同伴者3人まで) までラウンジに入室することができます。

 

入室時間は1組当たり30分までで、ラウンジ内ではドリンク (イオンのプライベートブランド「トップバリュ」の試供品) やお菓子が提供されています。

 

 

管理人はイオンモール京都桂川のラウンジに入ったことがあるので、その時の様子を紹介しておきます。

 

京都桂川のイオンラウンジはモール内にひそりと位置しているので、モール内の従業員に場所を聞いてやっとラウンジに辿り着けました。

 

平日にもかかわらず、かなりの人が並んでいました。

 

 

管理人はラウンジ入室に必要なカードを何一つ持っていなので、受付スタッフにお願いし、ラウンジ内を見学させてもらいました。

 

ラウンジはかなり広く、高級感溢れる設計になっていて、読書する人や連れの人との会話を楽しむ人など、様々なスタイルでくつろいでいました。

 

(本来であれば入室時にスタッフがお菓子を持ってきてくれるのですが、見学のみの管理人には当然、そのようなサービスはありません、、悲)

 

 

また、お菓子以外にセルフサービスでコーヒーやジュースなどの飲み物を自由におかわりできます。

 

無料で何杯も飲めるサービスは経済面・精神面の両方で良いですし、特に夏場の暑い時期に重宝しそうだと思いました。

 

ちなみに管理人がラウンジを訪れた時は、ドリンクが相当減っていました。

 

おそらく何杯でも無料をいいことに、誰かが飲みまくったのだと思います。笑

 

 

ところでラウンジ入室が可能となるのは、別にゴールドカードの保有者だけでなく、以下のどれか1組を持ってる人でも許可が下ります。

 

カードの種類 カード発行の条件
株主さまご優待カード (オーナーズカード) イオン株式会社の株式を100株以上保有 (1株は約1,500円)
イオンラウンジ会員証 イオン系列の店舗の直営売場でイオンカードを年間40万円以上利用
イオン北海道株主優待カード イオン北海道 (株) の株式を500株以上保有 (1株は約500円)
イオン九州お客さま株主カード イオン九州 (株) の株式を100株以上保有 (1株は約1,700円)

※株式は時期により値段が変動します。

 

ラウンジ利用を目指すなら、イオン株式会社の株式を100株保有 (費用:約15万円) するのが最も安上がりとなります。

 

 

■羽田空港エアポートラウンジに入室できる!

 

羽田空港のラウンジで以下のサービスを利用できます。

 

(ラウンジの入室には、ゴールドカードと当日の搭乗券、または航空券の提示が必要)

 

  • フリードリンク
  • TVの視聴、新聞・雑誌の閲覧
  • 喫煙室
  • インターネット端末利用(有料)
  • マッサージチェア(有料)
  • コピー・FAX・無線LAN(有料)

 

自分の乗る航空機の待ち時間にドリンク片手にくつろげるのは、かなり気分が良いと思います。

 

 

■国内・海外旅行保険の付帯

 

ゴールドカードの旅行保険は以下の内容となります。

 

国内旅行保険

【付帯条件】:利用付帯

 

死亡・後遺障害 最高3,000万円
入院費用 5,000円/日 (最高180日)
通院費用 3,000円/日 (最高90日)

海外旅行保険

【付帯条件】:自動付帯(30日間)

 

死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費用 最高200万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円
救援者費用 最高100万円
携行品損害 最高30万円 (自己負担3千円)

 

通常のイオンカードに旅行保険が付いてないことを考えると、ゴールドカードはもの凄い奮発ぶりだということが分かります。

 

 

■ショッピング保険のグレードアップ

 

通常のイオンカード 年間最高50万円を補償 (購入日から180日間)
ゴールドカード 年間最高300万円を補償 (購入日から180日間)

※ ショッピング保険は、カードで購入した5,000円以上の商品に紛失・盗難・破損などのトラブルが生じた場合に適用されます。

 

ゴールドカードの補償額は通常カードの何と6倍になっています!凄

 

これならカード購入品に万一トラブルが起きても安心ですね♪

 

 

イオンゴールドカードを徹底活用しよう!

イオンゴールドカードの特典のうち、旅行保険/ ショッピング保険/ 羽田空港のラウンジサービスの活用機会はそれほど多くないと思います。

 

しかしゴールドカード保有者は普段からイオンモールに相当通ってると思うので、毎回イオンラウンジでお菓子やドリンクを食べながら小休止すれば、年間数万円のサービスを無料で受けてることになります!

 

 

1回の入室が例えば500円の価値があるとし、月に2回イオンラウンジを利用するとします。

 

すると1人での入室だと500円×月に2回×12ヶ月で、年間1万2千円相当の価値となります。

 

これと同じように考えると、2人入室だと年間2万4千円、3人入室だと年間3万6千円、4人入室だと年間4万8千円になります。

 

う〜ん、普通に凄い破壊力です!!

 

(入室はゴールドカード1枚で会員本人+同伴者が最大3人なので、5人以上の入室はありません)

 

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑