トリップアドバイザーの評判や旅行予約の様子

トリップアドバイザーでホテル・航空券の比較・最安予約をしよう!

1泊以上の旅行だとホテル予約はほぼ必須ですし、海外だと航空券予約も必要になりますが、この両方を確保するのって意外に面倒くさいです。

 

なぜなら予約サイトは多数あり、まったく同じ宿泊プランでも、サイトによって宿泊価格が違ってくるので、「どのサイトが最も安く泊まれるのか?」ということが一目瞭然でないからです!

 

 

また、航空券予約の場合、JAL/ ANAなどの大手よりもピーチ/ バニラエアなど格安航空 (LCC) の方が安いことは周知の事実ですが、格安航空同士だと最安は分かりにくいです。

 

また、たとえ同じ格安航空・同じ路線・同じ出発時刻でも、時期によってはチケット価格が2倍とかに開くので、さらに厄介です!

 

 

しかしトリップアドバイザー (tripadvisor)を利用すると、それら費用 (ホテル・航空券) のリアルタイムの最安値が瞬時に分かるので、予約決定にかかる時間や金銭的ロスを大幅に減らせます!

 

トリップアドバイザーって簡単に言えば、世界最大の旅行比較サイト (無料) のことで、以下の優れた特徴があります!

  1. ホテル・航空券をお得に確保できる (国内・海外の両方)
  2. 世界各地のレストラン、観光名所を一発で検索できる
  3. 2億以上のリアルな口コミ情報、ユーザー投稿による現地の写真あり

 

スポンサーリンク

 

トリップアドバイザーが最安をはじき出してる様子

■ホテル・旅館の予約

 

トリップアドバイザーで希望のホテル・旅館などの宿泊料金を検索すると、各予約サイト (Expedia/ Booking.com/ 一休.com/ JTB/ 楽天トラベル/ じゃらんnet/ agoda.com/ Hotel Website/ Hotels.com/ るるぶトラベル/ 近畿日本ツーリストなど) のその時点での料金一覧で出てくるので、それを見ればリアルな最安値が分かります。

 

と、理屈ばかり言ってても仕方ないので、サイトに移動し実際にホテルの最安値を検索してみます。

 

 

例えばオリエンタルホテル東京ベイに2017年5月4日に宿泊し、翌日5日に出る場合、「ホテル」にチェックを入れ、ホテル名と宿泊日時を入力し、空室検索します。

 

 

 

そして部屋数・大人・子どもを指定します。(例えば1部屋・大人2名・子供1名)

 

 

 

すると上記条件を満たす、各予約サイトでの宿泊料金がズラッと出てきます。

 

 

すると当ホテルの宿泊料金は、「ExpediaとHotels.comが最安 (60,654円)」で「JTBが最も割高 (77,100円)」ということがすぐに分かります。

 

つまり、ある特定予約サイトのポイントを豊富に持ってるとか、自分こだわりのサイトを使いたいとかでない限り、オリエンタルホテル東京ベイに前述の条件で予約するなら、ExpediaまたはHotels.comが最もおすすめで、JTBは避けた方が良いことになります!

 

(Expedia/ Hotels.comとJTBの価格差は、何と10,446円です)

 

 

ちなみに各サイトの提示料金は、それぞれのサイトが提供する1泊料金の平均値となります。

 

 

一言で"オリエンタルホテル東京ベイに宿泊"といっても、食事付きか素泊まりか?何日前の予約か?子供の年齢は?などの条件でも、宿泊料金は変わってくるので、

 

「この予約サイトだと、このホテルは○○円で宿泊できる!」

 

と1通りには表現できません。

 

 

そのため、1泊料金の平均値が低いサイトを最安サイト (今回の場合、Expedia/ Hotels.com) と呼び、その平均値を最安値 (今回の場合、60,654円) と言ってるにすぎません。

 

 

しかしExpedia/ Hotels.comがその宿泊条件 (東京ベイ、5月4日〜5日、1部屋・大人2名・子供1名) に対し最安の平均値ということは、さらに他の条件 (食事の有無/ 予約のタイミング/ 子供の年齢など) が加わった、数十〜数百種類の予約に対しても、この2サイトは他サイトよりも安価である可能性が高いということです!

 

なので実際に宿泊施設を選ぶ際は、なるべく平均値の安いサイト経由で予約しましょう。

 

 

■航空券の予約

 

航空券の料金比較は、「航空券」にチェックを入れ、フライト検索します。

 

(例として、関西国際空港 ⇔ 成田国際空港の往復直行便、2017年5月4日〜5日を用います)

 

 

 

すると条件を満たし、かつ安い順に航空券が検索結果に表示されます。

 

どうやらこの条件での最安は、バニラエアの10,593円のようです。

 

 

 

画像では最安トップ2の航空券しか載せてないので、価格差は分かりにくいですが、トップ7ぐらいまで確認するとその違いがよく分かります。

 

『航空券1枚分の料金 (関空 ⇔ 成田の往復直行便、エコノミー、2017年5月4日〜5日)』

航空会社 関空 ⇒ 成田 (5月4日) 成田 ⇒ 関空 (5月5日) 料金
バニラエア 午後5:30 ⇒ 午後7:05
(1時間35分)
午前9:50 ⇒ 午前11:35
(1時間45分)
10,593円
バニラエア 午後5:30 ⇒ 午後7:05
(1時間35分)
午後7:55 ⇒ 午後9:40
(1時間45分)
11,293円
バニラエア 午前9:45 ⇒ 午前11:20
(1時間35分)
午前9:50 ⇒ 午前11:35
(1時間45分)
11,993円
バニラエア 午前9:45 ⇒ 午前11:20
(1時間35分)
午後7:55 ⇒ 午後9:40
(1時間45分)
12,693円
ピーチアビエーション 午後7:00 ⇒ 午後8:25
(1時間25分)
午後8:55 ⇒ 午後10:25
(1時間30分)
14,283円
ジェットスター 午前7:30 ⇒ 午前8:55
(1時間25分)
午前9:45 ⇒ 午前11:15
(1時間30分)
36,740円
ジェットスター 午前7:30 ⇒ 午前8:55
(1時間25分)
午後8:25 ⇒ 午後9:55
(1時間30分)
36,740円

 

当たり前の話ですが、やはり格安航空が最安上位を占めています。

 

しかし格安航空と言っても今回の条件の場合、ジェットスターがバニラエアよりも3倍、 ピーチビエーションよりも2.5倍ほど高くなっています。

 

なので今回のフライトだとジェットスターに乗る金銭的メリットは皆無!ということが分かります。

 

 

では、バニラエアの最安 (10,593円) に乗るのが良いのか?と言われれば、答えはNoだと思います。

 

なぜならバニラエア最安だと、東京に滞在できる時間が極端に短いからです!

 

成田到着が5月4日午後7:05、出発が翌日午前9:50ということは、東京滞在時間は最大でも14時間45分ということになります。

 

しかも航空機って、搭乗前30分より早く航空券を発券したり、保安検査に通過しなければならいことを考えると、東京での実質的な自由時間は最大14時間ほどになってしまいます。

 

 

一方、上から4つ目のバニラエア (12,693円) だと、成田到着は昼前 (午前11:20) ですし、翌日の出発はそれほど遅くない夜 (午後7:55) なので、東京滞在の時間を多くとれます (30時間以上)。

 

なので時間的・料金的なバランスを考えると、4つ目のバニラエア航空券が最も価値が高いと個人的には思います。

 

 

ちなみにジェットスターは今回の条件では明らかに割高ですが、まったく別の条件だと、"ジェットスターが最安、バニラエアは割高"ということが往々にしてあります。

 

なので航空券予約はホテル予約以上に料金比較をしっかり行い、損な航空会社を確実に避けるようにしましょう!

 

【⇒ トリップアドバイザーの公式サイトへ】

 

 

(格安航空を未体験の人は、以下のページも参考になります)

 

【写真32枚付き】ピーチ・アビエーションに実際に乗った感想!

 

【写真33枚付き】ジェットスターに実際に乗った感想!

 

ただしトリップアドバイザーの情報を信じすぎてはダメ!

トリップアドバイザーは無料で宿泊施設や航空券の料金比較を行えるので、本当に便利です。

 

また、当記事では書いてませんが、レストランや観光情報などのリアルな口コミも閲覧できるので、それら情報が旅行先決定の助けになると思います。

 

 

しかしトリップアドバイザーの収益源を考えると、これら情報はあくまで参考程度に留めておくべきだと思います!

 

なぜならトリップアドバイザーは提携先 (宿泊施設・航空会社・レストラン・観光地など) から掲載料を取ることで成り立ってるビジネスなので、より高額の掲載料をくれる提携先ほど検索結果によくヒットしたり、悪評の口コミを削除したりという対策を施していると考えられるからです。

 

 

一方、僕たち検索側は無料利用させてもらってる立場なので、料金が微妙に最安でなかったり、提携先に不利な口コミが運営側に削除されてたとしても、文句は言えません!

 

しかし掲載情報 (価格・口コミ等) が実情からかけ離れすぎると、「トリップアドバイザーの利用価値は低い!」とネットに書かかれてしまうことは運営側もよく理解してるので、情報の大半は事実だと思って間違いないと思います。

 

ということでトリップアドバイザーは旅行予約の情報源の1つぐらいの認識で、活用するのが良いと思います!

 

【⇒ トリップアドバイザーの公式サイトへ】

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑