通販購入商品を最速で受け取るなら、アマゾンプライムが最強!

【体験談】Amazonプライムの当日お急ぎ便を使ったら、注文日に本が届いた!

管理人 (私) は海外ドラマ視聴のためにAmazonプライム会員になっています。

 

しかし「大東亜の嵐」という (何だか渋い) タイトルの書籍を急遽買わねばならなくなったので、プライム会員だと無料利用できるアマゾンの「当日お急ぎ便」にて書籍を注文しました。

 

 

当日お急ぎ便って何かというと、注文したその日のうちにアマゾンでの購入商品が指定住所 (自宅など) に届くサービスのことです。(1配送につき税込514円の配送料が必要)

 

 

つまり当日お急ぎ便は514円の配送料を負担してでも、なるべく早く注文品を受け取りたい人のために存在しているのです。

 

 

しかしプライム会員の場合、この配送料は何回でも無料になるので、この機会 (大東亜の嵐の購入) に管理人は当日お急ぎ便を使ってみたのです。

 

すると驚いたことに、注文からわずか9時間ほどで書籍が自宅に届きました!

 

 

もちろん"お届け日時は注文確定当日"とアマゾンの公式サイトに記載されてるので、9時間ほどで届いても驚く必要はまったくありません。

 

しかし管理人のこれまでの通販経験だと、1週間とか待つことはザラにあったので、9時間で商品を手にできたのは本当に凄いことだったです!

 

 

(と管理人の感想は置いといて、) ここからは注文確定や注文書籍の移動経過、そして自宅に到着までの流れを画像を中心に解説します。

 

スポンサーリンク

 

書籍の注文・移動・自宅到着の流れ

大東亜の嵐の注文日は2017年1月8日で、お届け予定も同じ日付 (1月8日) になっていることが確認できます。

 

また、配送方法はちゃんと当日お急ぎ便になっています。

 

 

(注文時刻は午前9時過ぎだったと思います)

 

 

そして同じ日の昼前になると、発送完了メールがアマゾンから届きました。

 

アマゾンスタッフの手際の良さが目立ちます!

 

 

 

そしてその日の午後7時前に、自宅に無事に書籍が届きました。

 

配送業者はヤマト運輸でしたが、こちらの働きも見事の一言です。

 

 

 

そして以下は注文書籍の動きの時系列になります。

 

まず管理人からの注文 (午前9時過ぎ) を受けた配送センター (大阪府堺市のアマゾン倉庫) が、配送拠点 (大阪市住之江区のヤマト運輸) に書籍を出荷します。

 

 

午前10時55分時点で、書籍は堺市 ⇒ 住之江区に向かっている途中だと分かります。

 

そしてその時刻からわずか8時間弱後 (厳密には7時間52分後) に、書籍が管理宅 (京都府) に届いたことも確認できます。(配達またはポスト投函が完了)

 

 

もちろん注文時刻が夕方・夜間であったり、交通の便が悪い地域だったり、運送車・運送トラックが渋滞に巻き込まれる等の条件が揃うと、たとえ当日お急ぎであっても商品の到着が後日にずれ込むこともあります。

 

しかし極端に田舎でなくて、かつ午前中や夕方前に注文 (当日お急ぎ) をかけておくと、かなりの高確率で注文日に商品を受け取れると思います。

 

 

なので商品到着をなるべく待ちたくない人は、Amazonプライム会員 (年会費:税込3,900円) であるか否かにかかわらず、当日お急ぎ便 (プライム会員:無料、非プライム会員:税込514円) を積極利用するべきだと思います。

 

【⇒ Amazonプライムの公式サイトへ】

 

プライム会員は3,900円の課金前に、30日間の無料体験を行えますし、無料期間中にプライム会員を無料退会することも可能です。

 

なので当日お急ぎ便の配送料を無料にするためだけに一旦プライム会員になり、商品が届き次第、プライム会員を退会することもできます。

スポンサーリンク


ページトップに戻る↑